« 普通の韓国を探して5971 同業者が集まる韓国 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1137 沼垂寺町にあった「あざみ」、少し移転して営業中 »

2016年5月 9日 (月)

普通の韓国を探して5972 清涼里駅前広場

634

 何度もここで書いていますが、韓国の政府、自治体、行動が速いのは良い所だと思います。ダメならやめればいい、そんな失敗を恐れない点は日本も見習うべきでしょう。

 写真は清涼里駅前広場の一角にできていた小さな図書館。本屋が多いのも韓国の特徴かな。ハルモニが休んでいるのも一緒に撮影、ちょっと気に入ってる1枚です。

|

« 普通の韓国を探して5971 同業者が集まる韓国 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1137 沼垂寺町にあった「あざみ」、少し移転して営業中 »

コメント

はじめまして。
私も最近明洞に飽きて普通の韓国に触れたくなりました。
先日初めて「タンゴケ」で降りてみたら、なんとも人情味あふれたじいちゃんばあちゃんと触れ合うことができました。「これだよな~」っていう感じでした。
次回またこの地を訪れたいと思っていますが、一つ先輩にお尋ねします。

タンゴケの大きな公園のある方は比較的普通なのですが、駅の反対側は何か不安要素のある家並みでした。卍のしるしがそこら中に貼ってありましたが、これって何か意味のある事ですか?次回はこちら側に行ってみたいのですが・・・。(^^;)

投稿: ajuma | 2016年5月 9日 (月) 09時57分

初めまして コメントありがとうございます

 タンコゲ駅の南側、古い小さな家々が密集してる場所、古い記事であったと思います。で、お寺マークは多分占い師の店というか、占いの場所だと思います。
 河霜さんがいたら教えてくれそうですが、韓国、仏教、キリスト教の他にもいろんな信仰があり、占いや祈祷、御守、そんなのにかなりお金をかける人もいると聞いています。

 古い町と一口に言っても安国駅の裏のあたりとか、どこか人工的なものを感じてしまったり。中心部では鍾路3街の北側に、自然の古い町が残っています。

 「たかとう 韓国 タンコゲ」とかで検索してみてください。きっと出てきます。

 お時間のある時に古い記事もご覧になってみてください。よろしくお願いいたします。

投稿: おとう | 2016年5月 9日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63602963

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5972 清涼里駅前広場:

« 普通の韓国を探して5971 同業者が集まる韓国 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1137 沼垂寺町にあった「あざみ」、少し移転して営業中 »