« 普通の韓国を探して5976 江景の町 錦江のほとりへ | トップページ | 普通の韓国を探して5978 日本語だと「ゴロ」、韓国だと「땅볼」 »

2016年5月14日 (土)

普通の韓国を探して5977 通路が広くなった(?)中央市場

336

 90年代の屋根ができる前から通ってる新堂の中央市場です。知り合いのアジュマのコプチャンチプを訪問しにやってきました。


337

 何だか雰囲気が違います。3月の写真ですが、冬とは確かに変わっています。

 すでにアップしたマンドゥを食べた屋台のアジュマに尋ねました。すると、規則厳守ということで、路上にはみ出した露店、商店の商品、みな取締りを受けて引っ込んだのだそうです。青い線が見えているでしょう。あそこまでが店の範囲なんだそうです。

 バイクもしばしば通る道、バイク同士、歩行者とのすれ違いに苦労するくらいに狭かったのが、スッキリ広くなっています。

 ソウル旧市街でも中心部、ソウル駅、そっちの露天商、歩道商売の規制が厳しくなっているのは感じていましたが、徐々にそんな規制が広がっているのかもしれません。

 露店、屋台、韓国の風物詩でもあったのですが、徐々に減って行くのはしょうがないのかもしれません。次は京東市場かな?


339

 オマケ、鶏の内臓、副産物と海産物の店です。面白い取り合わせですが昔から砂肝と貝のむき身とかが同じ店で売られていました。市場は面白いです。

|

« 普通の韓国を探して5976 江景の町 錦江のほとりへ | トップページ | 普通の韓国を探して5978 日本語だと「ゴロ」、韓国だと「땅볼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63625299

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5977 通路が広くなった(?)中央市場:

« 普通の韓国を探して5976 江景の町 錦江のほとりへ | トップページ | 普通の韓国を探して5978 日本語だと「ゴロ」、韓国だと「땅볼」 »