« 普通の韓国を探して5951 東大門市場の西の端の裏通り | トップページ | 普通の韓国を探して5952 鍾路シンジン市場 »

2016年6月21日 (火)

とうちゃんの自転車日記1116 焼肉屋の不思議、「どうして上ミノばかりなの?」

111

 へんなタイトルですが、焼肉屋のメニュー、「上ミノ」は大抵あるのに、ただの「ミノ」、普通の「ミノ」が無いんですよね。

 面白いのが韓国の焼肉店でも、ミノ、「ヤン」と言いますが、大抵は「特ヤン」なんです。日本の影響なの?っても思います。

 写真は先日の長野遠足の時の早い夕食。ちょっといい焼肉店ですが、ただの「ミノ」がありました。珍しいですね、と言うと笑いながら答えてくれた店員さんの話では、厚さの違いだとのことでした。

 咬めるかな?と思いきや、普通に噛めて、美味しかったです。もっと「並ミノ」を出す店があればいいのになって思いました。


109

 同じ店の上カルビ。1切れ300円とかになりますが、流石に美味しかったです。


110

 こちらは並「ハラミ」。これはまぁ、普通でした。

 年をとると昔のように6皿も7皿も食べることはできませんが、牛肉を直火で焼く、やはり家ではできないので、焼肉屋、大好きです。

|

« 普通の韓国を探して5951 東大門市場の西の端の裏通り | トップページ | 普通の韓国を探して5952 鍾路シンジン市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63808915

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1116 焼肉屋の不思議、「どうして上ミノばかりなの?」:

« 普通の韓国を探して5951 東大門市場の西の端の裏通り | トップページ | 普通の韓国を探して5952 鍾路シンジン市場 »