« とうちゃんの自転車日記1150 古いアーケード街と神社 水戸 | トップページ | 普通の韓国を探して5946 이준식? どんな人なのかな? »

2016年6月14日 (火)

普通の韓国を探して5945 かまど、韓国語で何だったっけ?

055_2

 場所は忠武路。新盛(星?)商街脇の食堂の入り口に設置されていますが、カマド。しっかりした作り付けのものです。

 釜は取り換えられるのかな?いろんなかまどの穴のサイズに合わせたものがうっているのでしょう。ある意味、プロの飲食店では消耗品でしょうから。

 燃料は何でしょう?何を茹でるのか?それともご飯を炊くのか?ともかく、今のソウルのど真ん中でもこういうのが残ってるのは面白いです。かまど炊きご飯が売りの食堂なのかもしれません。

 さて、でも、かまど、韓国語で何ていうのでしょう?釜は「カマ」という言葉が残っています。固有語と組み合わせて重複させた「かまソッ」という言葉もあります。

 そして釜の蓋は、何故かこれは知ってるのですが、「ソットゥコン」だったはず。「ソッ」が釜で、「トゥコン」がふた? 「ソットゥコンサムギョプサル」といって、この釜の蓋を模した鉄板で焼く焼肉があります。

 でも、カマド、、、知ってるような、知らないような、、、何だったっけなぁ。

 アップして写真を見ました。焚口にはガスバーナー。燃料はガスですね。「土俗飲食」だの書いてあるので、かまど炊きご飯が自慢の食堂のようです。

|

« とうちゃんの自転車日記1150 古いアーケード街と神社 水戸 | トップページ | 普通の韓国を探して5946 이준식? どんな人なのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63775524

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5945 かまど、韓国語で何だったっけ?:

« とうちゃんの自転車日記1150 古いアーケード街と神社 水戸 | トップページ | 普通の韓国を探して5946 이준식? どんな人なのかな? »