« 普通の韓国を探して5980 冷メミルと板メミル | トップページ | 普通の韓国を探して5982 三成洞の無機的風景 »

2016年7月26日 (火)

普通の韓国を探して5981 養蚕は大陸から伝わった技術

334

 個人旅行で行くときは大抵、ソウル駅での事前チェックイン・出国サービスを利用するようになりました。きっと通るソウル駅西部駅、定点観察をやってみようとも思っているのですが、なかなか、規格化されたアングルの写真を撮れません。

 西部駅入り口から青坡洞、萬里洞の山の町のほうを望む写真、小花小児科病院などが写っていますが、今回のテーマは右端の木です。


335

 これ、なんと桑の木です。実がならないタイプのようですが、葉っぱは間違いなく桑。ソウル駅にも桑の木が残っているのでした。

 新潟県でも、長野県でも、昔は養蚕が盛んでした。田舎を歩くと、桑畑はさすがに無くなりましたがぽつんと、大きくなった桑の木が残っていたりします。昔、その地方で養蚕をやっていた名残です。

 ソウル駅にも桑の木、ということはソウル城外にあたるこのあたり、朝鮮時代は養蚕をやっていて、田んぼには適さない山の町、桑畑が多かったのかもしれません。

 何十回と通って、見ている場所ですが、今回初めて気づきました。ソウル駅付近でも養蚕が行われていたのでしょう。

|

« 普通の韓国を探して5980 冷メミルと板メミル | トップページ | 普通の韓国を探して5982 三成洞の無機的風景 »

コメント

このソウル駅西部入り口にほど近いところに農業博物館がありますが,養蚕業や蚕の成長についての展示があります。やはり,ソウル市内あたりでも昔からされていたのかなあと思います。

投稿: さいとう | 2016年7月31日 (日) 11時18分

 よくご存知ですね。まず自然には生えない桑の木、この辺の山は桑畑だったんだと思います。農業博物館というのも知りませんでした。ありがとうございます。

投稿: おとう | 2016年7月31日 (日) 12時36分

度々失礼いたします。とうちゃんさんでしたら絶対「はまる」博物館です。展示方法も,かなり勉強になります。正直,日本の博物館や資料館の提示方法の参考にしてくらいと思うほどです。もちろん無料です。農業博物館のとなりには「こめ博物館」もあり,子ども向けですが,日本のように多くのお米ブランドのビニール米袋が展示されているほか半島8道それぞれの米料理サンプルがあって楽しいです。場所は,地下鉄西大門駅すぐ,農協中央会館そば,文化日報の近くです。私はいつも光化門あたりから散歩ついでに歩いて行きますが…。ちなみに,そのすぐ斜めの「警察博物館(たしか5階建てくらい)」もマニアックで面白いですよ。とうちゃんさんはじめ,みなさんぜひ訪問されると良いかと思います!

投稿: さいとう | 2016年7月31日 (日) 23時17分

いろいろご紹介、ありがとうございます。
 最近はソウルをうろうろするだけで得意なつもりの地方歩きもあんまりしていません。でも、ソウルの博物館めぐり、なかなか面白そうですね。西大門というと、あ、市庁駅のが近いかもしれませんが、独島体験館ができたばかりの時に行ったくらい。でもあの辺、線路と古いアパートだの、なかなか面白そうな街だとも思います。

 この春から患者さんの予約を完全独立制、全く重ねなくしたので、空き時間がなくなり、なかなか連休が取れません。もっとも、多くの人がお盆休みとかを利用して旅行する、料金が高いけどどっちかと言えばそっちが普通なのかも。安いツアーに間に合えば、と前向きに考えましょう。

投稿: おとう | 2016年8月 1日 (月) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63967970

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5981 養蚕は大陸から伝わった技術:

« 普通の韓国を探して5980 冷メミルと板メミル | トップページ | 普通の韓国を探して5982 三成洞の無機的風景 »