« とうちゃんの自転車日記1123 「旅慣れた人ほどカバンが小さい」 | トップページ | 普通の韓国を探して5983 清涼里・現代コアの地下へ行ってみた »

2016年7月29日 (金)

とうちゃんの自転車日記1124 小さなことでも嬉しい

002

 昨日は結局、車で長岡へ行き、簡単な掃除を兼ねた墓参りに行ってきました。

 家内のお父さんの墓では花をさす容器にアマガエルがいました。携帯のカメラで撮りましたが、そんなのもちょっとした嬉しいことです。

 その後、早めのお昼を食べて、帰りは加茂で鬼の金棒というかりんとう饅頭を買ってお昼過ぎに帰宅しました。

 で、写真ですが加茂からの帰り、田上町で踏切にさしかかると警報音。さて、何が来るかな?と思ってたら黒っぽい塗装の初めて見る電車。急いでデジカメを起動して撮ったのがこれです。


003

 先頭車がこれ。シックな塗装。さて、特別列車用に改造された電車だろうなと思って写真を拡大してみたらE654-101という一編成みな同じ番号。検索してみるとこれ、お召列車というかお召電車でした。

 お墓で出会ったアマガエルもラッキー、こんな初めて見た電車もラッキー。ツイテいる私でした。

|

« とうちゃんの自転車日記1123 「旅慣れた人ほどカバンが小さい」 | トップページ | 普通の韓国を探して5983 清涼里・現代コアの地下へ行ってみた »

コメント

たかとうさん、こんにちは。

珍しい電車を目撃できて、ラッキーでしたね。
E655系電車通称「なごみ(和)」ですね。
通常は5両編成で、お召運用では、3号車と4号車の間に特別車両(車番号なし)を組み込み6両編成になります。
ネット検索したところ、7月27日前後の数日間、新潟長岡間でお召運転に伴う試運転が行われたという記事と写真を見つけました。近々お召列車の運転があるのかもしれません。

投稿: コスモス | 2016年7月29日 (金) 10時35分

 コメントありがとうございます

 いなほ、しらゆきの電車に似ていますが、写真を見ると運転台の高さのルーフがそのまま高い様子、天井が高いのでしょうかねぇ。
 お墓参りするといいことがあるというのは本当かもしれません。そう思っていましょうか。

投稿: おとう | 2016年7月29日 (金) 10時47分

お墓詣りってなんか心落ち着きますよね。普段見られないものを見るってやっぱりお墓詣りなんかありますね。
 私はだいたい五月が多いんですが、丘の上の林のお墓の周りでシャーシャーと波がウネルように啼く春蝉っていうのをそこで初めて知りました。5月に蝉なんてと思って普段街中にいるとそういうのびっくりです。父の時とで2度目でした。ちょっと感動しましたよ。私もラッキーって思いました。

投稿: kagari | 2016年7月30日 (土) 10時17分

 コメントありがとうございます

 まぁ、お墓をきれいにしてお参りするのは悪いことではないので、「きっといいことがある」って期待しても罰は当たらないことと思います。

 せっかくのお盆休み、どう使うか?あれこれ考えています。

投稿: おとう | 2016年7月30日 (土) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63981391

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1124 小さなことでも嬉しい:

« とうちゃんの自転車日記1123 「旅慣れた人ほどカバンが小さい」 | トップページ | 普通の韓国を探して5983 清涼里・現代コアの地下へ行ってみた »