« 普通の韓国を探して5902 日本も似たようなものかも | トップページ | 普通の韓国を探して5904 日本とちょっと違うなぁ »

2016年8月 5日 (金)

普通の韓国を探して5903 自然産長魚3マリ10000W

300

 清涼里在来市場の露店の食堂と言うか飲み屋です。

 前に中央市場での話を書きましたが、最近安い鰻の店が増えているソウルです。ここもか?と思っての1枚ですが、どうも小ぶりとは言え鰻3匹で10000Wは安すぎでしょう。

 ちなみに中央市場でも昔からのウナギの店だと1尾で2万近く、活けうなぎの量り売りの店でも46000Wで、2キロだったか。

 韓国の友人の話ではどこで何を餌に育てられたのか?怖くて食わないという意見もありました。でも、安い鰻の店が増えてることだけは確かなソウルです。

|

« 普通の韓国を探して5902 日本も似たようなものかも | トップページ | 普通の韓国を探して5904 日本とちょっと違うなぁ »

コメント

ウナギの生態はまだわからない部分が多いようです。貪欲で人間の水死体を食していたとか、話を耳にします。釜山名物のヌタウナギは怖くてとても食べられませんが、日本で食べるような鰻3匹で10000Wと言うのは確かに安いですね。

投稿: 慈雨 | 2016年8月 6日 (土) 03時15分

 コメントありがとうございます

 新潟県、3・11地震後は停止中かもしれませんが、ヌタウナギの重要な輸出県でした。バイ貝とか、ずわいがにもかな?そんな海産物の籠漁の外道でたくさん採れるようで寺泊海のアメ横だか、魚屋が集まる場所でも「アナゴ」と称して売られています。どっちかと言えばヤツメウナギに近い生物。ちょっとプリプリした肉とニシンにも似た渋みが特徴。最近は高くなったかもしれません。

 3匹万Wの鰻屋、本当に増えています。アナゴもパダジャンオとか言うけど、アナゴとは書いていないんですよね。どうも安すぎでおっかない、私もそう思います。

投稿: おとう | 2016年8月 6日 (土) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64015981

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5903 自然産長魚3マリ10000W:

« 普通の韓国を探して5902 日本も似たようなものかも | トップページ | 普通の韓国を探して5904 日本とちょっと違うなぁ »