« 普通の韓国を探して5951 ソウル広場の地下街で | トップページ | 普通の韓国を探して5952 どことなく片付いてない韓国 »

2016年9月26日 (月)

とうちゃんの自転車日記1128 四条河原町の料亭で12期会

018

 鴨川べりの大きな料亭。木造3階建ての3階の広間です。


020

 これは再掲。大雨で増水した鴨川。


026

 芸妓さんの踊り。三味線を弾きながら歌もできる地方(じかた)さん。先斗町では今はこの方だけしかいないそうです。


030

 舞台の上は舞妓さん。いろんなゲームがあるのですね。

 厚い化粧とか、あんまりだなぁと個人的には思っていましたが、舞妓さん、芸妓さんのプロの仕事。たいへん勉強になりました。気配りというか、、、すごいものです。

|

« 普通の韓国を探して5951 ソウル広場の地下街で | トップページ | 普通の韓国を探して5952 どことなく片付いてない韓国 »

コメント

木造3階建てというのは現在では基本的に新築は認められていないみたいです。残っているのは湯屋建築とか、妓楼とか、そういえば東京のどこかに木造3階建ての元下宿屋さんの話を聞いた事がありますが・・・ともかく大変貴重なものです。鴨川の河川敷はもと処刑場で、小西行長、石田三成、安国寺恵瓊、豊臣秀次とその一族など多くの政治犯が処刑された場所でもあります。大阪の千日前などもそうですが寺、刑場の近くには遊郭など盛り場があるのは全国同じようです。

投稿: 慈雨 | 2016年9月28日 (水) 19時44分

コメントありがとうございます

 川原、いろんなことが行われていた場所なんでしょうね。水の見える風景はいいなぁって思うんですけどね。

投稿: おとう | 2016年9月30日 (金) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64257866

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1128 四条河原町の料亭で12期会:

« 普通の韓国を探して5951 ソウル広場の地下街で | トップページ | 普通の韓国を探して5952 どことなく片付いてない韓国 »