« 普通の韓国を探して5950 野球観戦のおとも | トップページ | 2016年9月24日 いい天気の土曜日です »

2016年9月24日 (土)

とうちゃんの自転車日記1127 久々の京都の町

009

 昨年の秋に岡山方面へ出かけた時に夜行の高速バスで京都まで乗りました。あの時は朝食を摂ってすぐに新幹線で岡山へ向かいました。

 京都の町を歩くのはずいぶん前になりますが、尼崎の脱線事故の直後に李準圭先生とその友達の先生を大阪、京都と案内した時以来です。

 写真は京都国立博物館。年のせいか、博物館、美術館、展望台、そんなのにお金を使うのが好きになってきた私です。


011

 折りたたみ傘を持って行きましたが、一度開くと邪魔になるため、小雨の中を小走りで移動。「うぞうすい」ってうなぎの雑炊?どんな料理なんでしょう?検索すればすぐにわかる時代ですが、まだ調べていません。


012

 嬉しかったのは銭湯が残っていること。特にファンではありませんが、何となく、そんな町が好きになります。


013

 京阪の駅の方へ急ぎます。


014

 そのしばらく後になりますが、大雨になってしまいました。時間当たり30mmとか。そんなのはアメダスで調べる私です。写真に写る雨、相当の降りだとわかります。

 新京極のあたり。しかし連休の京都。人がたくさんです。


017

 傘をさしていても濡れるほどの大雨の中、会場の料亭に早めに行きました。傘の処理、濡れた上着、ズボンの世話。最初から老舗のサービスを感じました。写真は3階の平野からの鴨川。びっくりの大増水です。

|

« 普通の韓国を探して5950 野球観戦のおとも | トップページ | 2016年9月24日 いい天気の土曜日です »

コメント

一枚目の写真は博物館内のカフェ(女給さんのいる昔のカフェではなく)から撮った写真ですね。建物は明治期の疑似洋風、東京駅や旧ソウル駅と同じ時代の建物です。カフェの床が鏡面みたいで美しいです。六枚目の写真、元々鴨川は現在の場所ではなく、治水対策として作られた川です。ソウルを流れる漢江と同じ風水思想によるものですが、規模では劣るもののその歴史は相当なものです。

投稿: 慈雨 | 2016年9月28日 (水) 21時33分

ほう、知りませんでした。

 徳川家康が江戸を守るために関東平野の治水にかなり力を入れたというのを最近知って、面白く感じていたのでなおさらに。
 ただ、昨年の鬼怒川の洪水でしたでしょうか、常に江戸と反対の堤防が切れるようにしてるとか、ちょっと問題に感じます。信濃川でも、堤防の高さが微妙に違い、昔からの町を守るように?、できていますので。

 話はそれますが、利根川の支流、かなり大きな川が並行していたり。じっくり見てみたいなぁって思っています。

投稿: おとう | 2016年9月30日 (金) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64247825

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1127 久々の京都の町:

« 普通の韓国を探して5950 野球観戦のおとも | トップページ | 2016年9月24日 いい天気の土曜日です »