« 普通の韓国を探して5945 牛耳新設軽電鉄の工事 | トップページ | 2016年9月17日 いい天気の土曜日です »

2016年9月17日 (土)

普通の韓国を探して5946 日本でも韓国でも行われてる良い習慣

558

 どこかの空港ですが、大事なものは写っていないのでご勘弁ください。

 日本で、空港の地上職員が離陸準備が整って動き出す飛行機に手を振る習慣があることは何度も書いていますが、韓国でもやってくれます。「無事に行って、無事に帰ってこいよ」ということを祈願しての良い習慣。ありがたく感じます。


559

 亡くなった父は陸軍でしたが、戦争の時は九州あたりをあちこち移動したという話。特攻隊を帽子を振って見送った話を聞いています。

 今思うに、戦争の時の話。もっと聞いておけばよかったなとちょっと後悔してます。年寄りが昔の話をするのは、たとえ同じことが出てきても聞いてあげましょう。

|

« 普通の韓国を探して5945 牛耳新設軽電鉄の工事 | トップページ | 2016年9月17日 いい天気の土曜日です »

コメント

特攻隊員に手を振ったお父様。
客に無事を祈り手を振る空港関係者との対比が見事で、
何だか胸にぐっときました。

戦争を知る人が少なくなる今、しっかりその時の事を聴いておきたいです。

そして2度と死出の旅に出る人を見送ることの無い様にしなければと。

投稿: nagune | 2016年9月23日 (金) 23時54分

コメントありがとうございます

 終戦直前は陸軍、海軍、ごっちゃになっていたそうです。小月、板付、鹿屋。特攻隊の話は鹿屋飛行場なんだったか?亡くなる前に旅行させてあげたかったと後悔しています。
 また、2機くらいしか造られなかった「震電」という後ろにプロペラが付いた秘密の試作機の話。他にも実戦には使われなかった珍しい飛行機の話など、聞いておけばよかったと思っています。

 世界の他の国では、これ、やっているのでしょうかねぇ?

投稿: おとう | 2016年9月24日 (土) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64214561

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5946 日本でも韓国でも行われてる良い習慣:

« 普通の韓国を探して5945 牛耳新設軽電鉄の工事 | トップページ | 2016年9月17日 いい天気の土曜日です »