« 普通の韓国を探して6010 北倉洞は北米倉町だった? | トップページ | 普通の韓国を探して6012 何て言うんでしょ、こういうの »

2016年11月27日 (日)

普通の韓国を探して6011 また古い地図の話題

008_2

 鍾路1街、鍾閣交差点付近です。ソウル市電が交差していますね。昔の路線図、今度見てみましょう。

 今の三星証券ビル、通称鍾路タワーの場所には昔コメントでダニエル黄さんが教えてくれた「和信百貨店」の記載が。

 乙支路の南、明洞、忠武路のほうは日本人の街、清渓川の北、鍾路一帯は朝鮮人の街だったと聞いています。


007

 こちらはその東。パゴダ公園は日帝が名づけたもの。今はタプコル公園です。

 楽園商街の道はまだちゃんとはできていません。左下、「優美館」は、映画「将軍の息子1」にも出てきた映画館。今の国一館ナイトのあるビルのあたりでしょうか?

 「~年会」は切れてしまっていますが、基督教青年会。YMCAはかなり昔からあったはず。学生馬賊でしたっけ?やはり映画にも出てきました。

 昔のソウル、見たかったなぁ。

|

« 普通の韓国を探して6010 北倉洞は北米倉町だった? | トップページ | 普通の韓国を探して6012 何て言うんでしょ、こういうの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64548954

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6011 また古い地図の話題:

« 普通の韓国を探して6010 北倉洞は北米倉町だった? | トップページ | 普通の韓国を探して6012 何て言うんでしょ、こういうの »