« 普通の韓国を探して6006 日本で豚の腸はどこへ行ってるか? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1163 徳島駅前アーケードの不思議な空間 »

2016年11月21日 (月)

普通の韓国を探して6007 麻浦屋ビルのテナントが変わってた

137

 鍾路3街駅、1号線、3号線、5号線の接続駅ですが、知ってる方はご存知のように、鍾路の真下の1号線、それと直行する3号線の駅、さらに北側の楽園商街の東西の通り、国楽用品、楽器の店が多いあの通りの下に5号線の駅があります。

 カタカナの「コ」の字のようになってるため、乗り換えには結構歩かされたりもします。この時泊まったのは5号線の駅の北、益善洞の宿でしたので5号線の駅が最寄。数か月ぶりに麻浦のマポオクへ朝食を摂りに行ってみました。

 一番漢江に近い出口から出て右へ。すぐにマポオクの建物が見えてきます。でも、1階の店が変わっていました。


1381

 厨房の真下の手前角は빽다방、「白さんの茶房」かと思ったけど、双ㅂです。通り側の看板はPAIKのコーヒーショップ。「白」でいいような気もしますが、ともかくカピショッpになっていました。


1391

 その向こう、麻浦屋入り口の脇は「駅前うどん」という、たぶん新しいチェーンの店。日本語の「うどん」は完全に定着。中国語の「饂飩」だからいいんだというちょっと強引な言い方で日帝残滓ではないと認めているのかな?

 しかし、看板の店名の下の0410は何なんでしょう?1582=日語빨리でしたっけ?フリーダイヤルの番号のごろ合わせがありますが、「0410」、果たして韓国語になるのでしょうか? 

|

« 普通の韓国を探して6006 日本で豚の腸はどこへ行ってるか? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1163 徳島駅前アーケードの不思議な空間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64522443

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6007 麻浦屋ビルのテナントが変わってた:

« 普通の韓国を探して6006 日本で豚の腸はどこへ行ってるか? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1163 徳島駅前アーケードの不思議な空間 »