« 2016年12月11日 雪模様、風が強い朝です | トップページ | 普通の韓国を探して6022 昌慶宮へ行ってみた »

2016年12月11日 (日)

普通の韓国を探して6021 韓国にも名画座的ミニシアター

318

 国立ソウル科学館の並び、明倫洞、成均館大入口のそばにこんなのがありました。「Sダイアリー」というのは前にソフトを持っていたことがある金ソナ(ソンア)の主演映画です。その他の看板もどうも昔の映画の物のよう。となるとここ、日本で言う名画座みたいな小さなスクリーンの映画館のようです。


319

 「スサンハンフンシンソ」?スサンハダは確か「怪しい」という意味。フンシンソは何だろうと思ったら、、、すぐに思いつきました、「興信所」です。割合新しいと思われる漢字語ですのでこれも日帝時代の名残でしょう。

 「エクストリームシアターⅢ」というのが映画館の名前のよう。たくさんのスクリーンを持つ映画館ばかりになった韓国、あ、日本も。こんな映画館が残ってるのを見つけて、ちょっと嬉しかった私です。

 追加です。ちょっと検索してみましたが「怪しい興信所」1・2・3というのは大学路で上演されてる演劇のよう。しかし、Sダイアリーは確かに映画です。ちょっと映画館なのか、小劇場なのか?わからなくなってしまいました。すみません。

|

« 2016年12月11日 雪模様、風が強い朝です | トップページ | 普通の韓国を探して6022 昌慶宮へ行ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64610250

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6021 韓国にも名画座的ミニシアター:

« 2016年12月11日 雪模様、風が強い朝です | トップページ | 普通の韓国を探して6022 昌慶宮へ行ってみた »