« 2016年7月17日 - 2016年7月23日 | トップページ | 2016年7月31日 - 2016年8月6日 »

2016年7月30日 (土)

とうちゃんの自転車日記1115 大阪風景

130

 大阪駅の北の方。阪急梅田の北の方と言った方がいいかな?最近のデジカメ、ストロボ無しでの夜景がとても簡単に撮れます。


131

 ガード下。都会ならではの雰囲気でしょう。


134

 角打ちというのかな。「かどうち」かと思っていたら「かくうち」なんですね。やはりこういう酒屋で飲めるのも大都会でのことかも。

 新潟へ帰る高速バスの待ち時間の散策でした。ああ、どっか行きたいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 今週末もずっと仕事です

092_2

 日曜日、休む日もあります。スタッフとの相談で決めるのですが、どっちかと言えばスタッフの希望を優先。このため、7月後半は変則になり、今週もずっと月曜まで仕事です。

 どこか遠出できそうな連休はお盆休みまでありません。さて、どっか行きたいなぁと思ってもお盆前後はどこも混むはず。でも、なかなか休みが取れなくなった院長、どうしようか考え中です。

 チャンスの神様は後ろ頭が禿げてて、来たときに掴まないと逃げられてしまうと言います。うまくお金と時間を使って楽しみたいものです。

 写真は第3セクターになった旧信越本線、戸倉駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5984 まだまだ韓国はゴルフ熱

363

 行きのKE764便、前日の新聞になりますが、韓国紙をもらえます。ハングルに目を慣らすため、2部くらいもらって、目を通しながらの飛行です。

 経済欄のアパートの値段、株価。週末だとレジャー関係の特集があったり、日本の新聞よりもずっと厚く、読み応えがある韓国の新聞です。

 写真はゴルフ場の新規オープンに伴う会員募集広告。何と我が新潟県のゴルフ場? 日本ではゴルフはこの10年以上、ちょっと下火かと思うのですが、韓国ではまだまだゴルフ熱が高いのかもしれません。 でも、新潟県のどこのゴルフ場なんでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

普通の韓国を探して5983 清涼里・現代コアの地下へ行ってみた

314

 これは前にちょっと使った写真。清涼里駅前に近い現代コアというビルの地下への入り口です。コーラテックという、最初は未成年者向けのディスコが最近では高齢者向けのディスコになった施設があるのは昔から知っていました。

 途中、営業を止めたり、また再開したり。で、最近また営業中のよう。入場料1000Wというので入ってみました。一度きりの人生、犯罪以外は何でも経験です。


315

 地下1階はこんなブッペ式の食堂。かなりの広さです。ちょっとびっくり。


317

 さらに驚いたのはこの地下2階のコルラテック。こんな広いとは思ってもみませんでした。踊れない世代ですので、端の椅子でお喋りしたり。一回りして出ようかと思ったら、カメラを持ってるのに気づいた一人のアジュマが猛烈な剣幕で怒りだしました。撮影禁止だとのことで、カメラを改められ、数枚、大きく写ったものを削除させられ、叩き出されると言う感じで追い出されました。

 まぁ、大人の社交場、写っては困る人がいるのでしょう。私の間違いでした。でも、また行ってみるかも。夜はもっともっと混むとか。韓国のコーラテック、禁酒禁煙の健康な中高年向けのディスコというかダンスの場所のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1124 小さなことでも嬉しい

002

 昨日は結局、車で長岡へ行き、簡単な掃除を兼ねた墓参りに行ってきました。

 家内のお父さんの墓では花をさす容器にアマガエルがいました。携帯のカメラで撮りましたが、そんなのもちょっとした嬉しいことです。

 その後、早めのお昼を食べて、帰りは加茂で鬼の金棒というかりんとう饅頭を買ってお昼過ぎに帰宅しました。

 で、写真ですが加茂からの帰り、田上町で踏切にさしかかると警報音。さて、何が来るかな?と思ってたら黒っぽい塗装の初めて見る電車。急いでデジカメを起動して撮ったのがこれです。


003

 先頭車がこれ。シックな塗装。さて、特別列車用に改造された電車だろうなと思って写真を拡大してみたらE654-101という一編成みな同じ番号。検索してみるとこれ、お召列車というかお召電車でした。

 お墓で出会ったアマガエルもラッキー、こんな初めて見た電車もラッキー。ツイテいる私でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

とうちゃんの自転車日記1123 「旅慣れた人ほどカバンが小さい」

3681

 おはようございます

 大雨です。梅雨の期間はこんな強い雨は降らなかったのに、、、例年の感覚だと、この後の晴れが本当の新潟地方の梅雨明けなのかもしれません。

 休みですが、トリマー下の石膏トラップの掃除に出てきました。それも終わって、雨の中、一度帰宅。午後は家内が用事なので午前中、車で、支払だの買い物だの、雑務をしましょう。

 明日の天気はどうかな?ウォーキングに行けるかな?とも思いますが、天気の事は心配しても意味がありません。明日考えましょう。

 写真は最近の私のカバン。機内持ち込みサイズですが液体が入ることが多いので預けます。土産は自分で食べたいものくらい。もう買い物だの、あまり欲しい物はないし、あ、カバン持ちの秘書が欲しいですが実現は難しそうですな。

 それでは、休日を有効に、できるだけ楽しく過ごしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

2016年7月26日 明日は休みです

018

 オープンデイでしたが、先々週の出張、先週の連休のしわ寄せか、忙しい日が続きました。ちょっと疲れがたまり気味かな。 明日もちょっと雑務であちこち駆け回らないといけませんが、木曜日はどこか遠足に行きたいなぁって考えています。

 もう夏休みですので、交通機関も混雑するかもしれません。近場の電車ウォークになるかな?ともかく、観光名所でない、でも知らない町を歩いて新鮮な刺激を脳に与えましょう。

 写真は長野駅前の高速バス降車場。仕事から離れてたくさん歩く。私の一番簡単なリフレッシュ法かもしれません。さぁ、あと1人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5982 三成洞の無機的風景

191

 ソウル駅は桑畑だったという話題の後は江南の街です。コエックスの地上部分、全てが新しい町です。

 ここにもでっかいモニュメント。その陰になってしまったビルは高級ホテル、パークハイアアットだったかな?1泊のお金で安い時期の往復航空券代くらいだったり。だったら飛行機代に使いますよね。


192

 「僕の彼女を紹介します」もここらへん、アセムタワーで撮影されたシーンがあるんでしたっけ?江南の中心は2号線江南駅あたりだと思いますが、ここ三成も大事な場所になっています。


1931

 やたら広い道。ソウルって全体的に道が広いですが、島山大路と、このへんの清潭洞から三成への道、特に広いイメージがあります。一度で渡れない道幅なので横断歩道の途中に島式の人が待つ場所があったりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5981 養蚕は大陸から伝わった技術

334

 個人旅行で行くときは大抵、ソウル駅での事前チェックイン・出国サービスを利用するようになりました。きっと通るソウル駅西部駅、定点観察をやってみようとも思っているのですが、なかなか、規格化されたアングルの写真を撮れません。

 西部駅入り口から青坡洞、萬里洞の山の町のほうを望む写真、小花小児科病院などが写っていますが、今回のテーマは右端の木です。


335

 これ、なんと桑の木です。実がならないタイプのようですが、葉っぱは間違いなく桑。ソウル駅にも桑の木が残っているのでした。

 新潟県でも、長野県でも、昔は養蚕が盛んでした。田舎を歩くと、桑畑はさすがに無くなりましたがぽつんと、大きくなった桑の木が残っていたりします。昔、その地方で養蚕をやっていた名残です。

 ソウル駅にも桑の木、ということはソウル城外にあたるこのあたり、朝鮮時代は養蚕をやっていて、田んぼには適さない山の町、桑畑が多かったのかもしれません。

 何十回と通って、見ている場所ですが、今回初めて気づきました。ソウル駅付近でも養蚕が行われていたのでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

普通の韓国を探して5980 冷メミルと板メミル

124

 「冷」という漢字は냉って読むことが多いです。「冷房」は「ネンgバンg」、で、写真のポスター広告、中央には「ネンメミル・ネンウドン」ってありますが、けっこう韓国でも夏の人気メニューのようで、先回の韓国語学院の資料にも出てきました。

 「メミル(ここではモミル、意味は一緒)」は「蕎麦」、「ネンメミル」は前に記事にしましたが、「冷やしかけ蕎麦」と言う感じで、細かい氷ものっているのが普通だとのこと。「ネンウドン」はそのうどん版、「冷やしかけウドン」なのでしょう。

 で、タイトルですが、左奥にある看板は日本で言う「盛り蕎麦」、こちらは韓国では「パンメミル」、たぶん「板蕎麦」です。山形の方でもそんな呼び名があったかな?

 蕎麦にうるさい人には勧めませんが、暑い夏の訪問の際には韓国式の蕎麦を楽しむのも楽しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5979 最近聞かなくなった「エポキシ樹脂」

154

 清渓川6街あたり、広義の東大門市場での1枚ですが、窓一面にいろんなプレートと言うかプラスティックのマークが展示されています。

 右の方、店名はなんとかエポキシ。プラスティックでこういうのを作ってるってこと、よく伝わります。

 日本でも見たことないこんな風景でも嬉しく感じます。でも、「エポキシ」という合成樹脂の名前、昔はあちこちで見られたのに、最近とんと見かけなくなったと思いませんか? 

 丈夫で新しい、優秀な、なんてイメージがあったと思いますが、いつの間にか一線から退いたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5978 「麺武士」というラーメン店

086

 2号線三成駅につながる大きな地下街であるコエックス。度々改装工事をしていましたがほぼ落ち着いたようです。

 その中にこんな大きめのラーメン店。名前は漢字で「麺武士」です。どこかで「麺武者」だかいう看板を見たような気もしますが、日本式のラーメン店、周期的にブームがあるようです。


871

 80年代にも結構できたと聞いていますが、おかずがたくさん出るのが当たり前の韓国、ラーメン一杯では寂しいとかの理由で普及しなかったとか。

 ここでも、セットメニューがあるみたいですが、前にここで紹介した往十里のラーメン店とか、けっこうラーメンだけのお昼ご飯を食べに来たお客さんで賑わっていました。

 食生活も変わるし、嗜好も変わります。日本式ラーメン、今度は根付くことができるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

普通の韓国を探して5977 ポジャンマチャなど屋台のトイレ

025

 90年代後半、ソウルに行く度に顔を出していた黄鶴洞、中央市場北口付近の馬場路に出ていたコプチャンポジャンマチャ、ずいぶん数が減ってしまいました。

 私の韓国語、あの辺のポジャンマチャで学んだと言っても過言ではないかもしれません。仕事を終えた市場の八百屋アジョシ、まだ仕事中だけど遊びに来る果実露店アジュマ。お客さんも一緒に、ノートにメモしつつ話して韓国語会話を学びました。

 そんなポジャンマチャですが、露店ですのでトイレがありません。中央市場地下の化粧室も利用できますが、近くのビルの2階にあるトイレに鍵を借りて行く。もしくは鍵フリーのといれもありました。

 有名な福岡市の屋台も、公園のそば、川の遊歩道のそば、そんな場所に出ます。やはり酒飲む屋台、トイレは必須ですので。

 そんなわけで、博多の屋台も、ソウルのポジャンマチャの常連もそんな周囲のトイレ事情に詳しくならざるを得ません。

 写真は廣蔵市場の海産物の店の脇の階段。多分この辺の店のトイレはこの階段の上なんじゃないかと思います。

 昔のガイドブックに書いてあった通り、部外者がトイレを汚さぬよう、店ごとにトイレのカギを置いてあり、お客さんはそれを借りて、トイレの場所を尋ねて利用する。 今の韓国でもそういうケース、いくらでもあります。この辺、外国人旅行者がポジャンマチャとかを利用しにくいネックかもしれません。

 金、土、日、と激務。ちょっと疲れましたが、仕事を終えて駅前に出て焼肉食べてきました。これから帰宅。明日も夜間診療ですが予約がぎっしり。のんびりの火曜まで、焼肉パワーでがんばりましょう。週一くらいは美味しい肉をたっぷり食べたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5976 カッコいいんだけど、、、

437

 市庁前、ソウル広場に面するプレジデントホテルに泊まりました。改装が済み、昔の古臭い感じは皆無です。

 いつも通り、早く着いたのでいい部屋にしてくれると嬉しいのですが、と言ってみると応じてくれたのが05がつく部屋。浴室の洗面台、カッコいいのが2つもあります。 でも、下がそのまんま。ちょっとちぐはぐな感じもします。


2271

 使うのは1つで充分。朝、髭を剃ったのですが、、、


228

 見えるかな?洗面器の底がほとんど平面なんです。流れが悪く、短く剃られたひげが残ってしまうのでした。 

 前にも韓国の水道関係の器具器材、すごくカッコいいんだけど実用的にはちょっと使いにくい、そんな話をしたことがあります。まぁ、ケンチャナヨの範囲なんですが、デザインと機能の両立が望ましい、そんなふうに感じた日本人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事969 やっぱりソウルへ行ったら麻浦屋

501

 2日目の朝食、わざわざ麻浦まで移動します。それだけの価値がある店です。


003

 メニューはソルロンタンとスユクのみ。ソルロンタンの「特」、17000Wを注文。ちょっと待ちますが、それが美味しさの秘密でもある、、、らしいです。

 このままだと色気も何も感じない、そっけない様子です。


005

 ネギをたっぷり入れて、塩をちょこっと入れて、、、


006

 「特」に少しだけ入ってるチャドルコギ、かな?21000Wのチャドルタンはチャドルコギだけです。

 くさい、という意見もあるくらい、牛の丸ごとの味のスープ。食べてみないとわかってもらえないと思います。私は、大好きです。他のどこかで食べられる味ではありませんもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月17日 - 2016年7月23日 | トップページ | 2016年7月31日 - 2016年8月6日 »