« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »

2016年2月20日 (土)

普通の韓国を探して5889 江南風景2014秋

182

 ちょっと古い写真、江南の、何洞だろう?江南駅の交差点の地図から見ると左上の一角です。右上のノニョン洞同様、飲食店が多い繁華街です。朝までやってるビヤホールですね。


183

 表通りには皆無ですが、裏通りには屋台がけっこうあります。やっぱ韓国、屋台天国。でも、今頃はどうなってるか?いろいろ規制が厳しい江南ですので、わかりません。


184

 夕方ですが、暗くなるとネオンが賑やかでしょう、きっと。


185

 江南駅から左下の瑞草洞、李準圭歯科のある方に比べ、こちらはあまり歩いていません。ソチョ洞方面がルームだの、大人の繁華街なのに比べ、こちらは若者向けと言う感じでしょうか。


186

 もうすぐ教保タワーというあたり、道がつきあたりのようになっています。


187

 こんな街中にもロッテキャッスルアパート。高そうな場所です。


188

 教保タワーの裏です。韓国お得意の大きなモニュメント。車はレクサスGSかと思ったらSM5ですね。日本のティアナよりも押しが強いスタイルでカッコイイな。

 さて、、引き返しますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 またまた歳月は速い

007


 おはようございます

 忙しい土曜日、今週は明日も仕事。がんばって働きましょう。短い2月、もう20日、あと10日しかありません。速いなぁ、時間。

 でも、大事なノートにメモしてある言葉、前にも書きましたっけ?

 「歳月を速く感じるのは、毎日、困ったことも苦しいこともなく、無事に、幸福に暮らしている証拠なのだ。」

 いいでしょう、この言葉。李準圭先生だったかな?ラジオだったかな?何かの雑誌だったかな?

 いい意味で、朝から夜までいろいろ活動した日は長く感じますよね。その逆、平穏無事だと、短く感じる。その繰り返しが「歳月は速い」なんだと考えています。

 写真は新潟市の信濃川、歴史博物館のあたりです。ウォーキングに出かけたけど寒くてすぐ帰って来た時のもの。カモメも寒そうです。

 地上にいるカモメって、みんな、風上を向いているのですね。知らなかった。危険が近づいた時にすぐに飛びたてるようになのでしょう。

 そんな事を知っただけでも、喜ばないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5888 韓国カゴシpタ

1371

 鐘岩洞、鐘岩サゴリそばのバス停留所です。ホリデイイン城北ソウル、部屋が広くてきれいで、なかなかいいホテルです。韓流盛んなりし頃はここらへんにも観光客がたくさんきていたと思います。


1381

 北の方、ミアサゴリ方面からのバスを待ちます。議政府街道と勝手に呼んでいますが、ソウルを南北に走る大事な道、京東市場とかの道です。

 私が乗るのは後ろに見えるやつのよう。往十里まで1本で行きます。


139

 トソンサゴリで下車、141番です。ソウルバス路線案内で見ると、道峰山からスユリ。4号線の走る上の道をミアサゴリ。ここ鐘岩洞から高麗大アプ、京東市場、往十里。その先は江南へ渡り、開浦洞のほうのヨムゴク洞と言う場所が終点。

 江南の地下鉄駅とは接続していませんが、大事な路線でしょう。前にコエックス行くときにも使ったかな?

140

 トソンサゴリの写真、追加です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

普通の韓国を探して5887 扶余 市場へ行ってみた

317

 これは再掲ですが、自分でもすごくいい「普通の韓国の写真」だと思います。9月の韓国、唐辛子を干す風景、韓国全土、何万か所でやってるはずです。


318

 裏通りへ入り、20年前の記憶を頼りに在来市場へ向かいます。右側の一角、入り口のゲートが見えます。


319

 百済タムン中央市場、漬物を漬けるも確かそんな言葉ですが、ですが、染み込んだというか織り込んだというか、含ませたというか、タmダってそんな意味だったと思います。


320

 空き店舗は少なく、けっこう頑張ってます。


321

 町の中心のロータリーのそば、いい場所です。


323

 日本語のん表示はありませんが、観光案内所も市場の中にありました。荷物を預けて歩くのもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5886 長項線無窮花号で汽車旅行3

209

 新昌駅かな。新線の新しい駅ですが、貨物扱いがあるようです。


210

 日本では見られなくなった無蓋車、カバー付きの大型のものですね。


212

 比較的田舎を走るとはいえ、やはり長項線沿線にもいろいろ工場だのができています。


214

 もうすぐ目的地の礼山でしょうか。唯一この長項線にだけ残る客車セマウル号に乗るためにやってきました。


215

 礼山駅。幼稚園の体験学習のようです。


216

 うんと古い記事に春川駅で汽車に乗る幼稚園児の記事がありますが、日本でも韓国でもこんな楽しい学習、あるのでしょう。


217

 多少遅れてもケンチャナ、お客さんの方を大事に。そんな韓国の国鉄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

普通の韓国を探して5885 扶余 ソウル補身院の看板

322

 プヨの町の中心にある在来市場の中の店です。ソウル補身院、やはりソウルは憧れの地というか、「いいもの」という意味で使われることがたくさん。「延世」というのも大学の名前ですが医療関係でよく見かけます。

 で、上の文字を見ると、果実ジュp(煮詰めたエキス、かな?)、紅参(高麗人参を吸収されやすいように加工したもの)、チッk(葛の根のジュース)、ホバク(大型の硬い韓国かぼちゃ)、ヨムソ(黒山羊)、最後はプンgオ、鮒です。

 犬が入っていませんが、身体にいいという食品、韓国の人、大好き。お父さんお母さんへの贈り物にもこういう身体にいいものを濃縮、抽出したエキスを1日分ずつパックした1か月分とか、よく使われるようです。数万円、そんな値段です。

 中国でも鯉は元気の象徴で、身体にいいと珍重されるようですが、鮒もまぁ、効くのでしょう。

 看板は、玉ねぎみたいなのが韓国のカボチャ、ものすごく大きくて、硬くて、薬にするのが大変と聞いています。右は黒山羊ですが、真ん中のは何かな?冬虫夏草とか、そんなのかもしれません。お分かりの方がおられたらご教示頂ければ嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

普通の韓国を探して5884 地方の広告が多い韓国

099

 日本でも観光地の広告はたくさん。でも、地方全体を紹介、宣伝する広告はそんなにありません。韓国、人の多い場所、たとえば1号線と2号線をつなぐ長い通路がある市庁駅だの、いろんな地方の広告がたくさんあります。

 これは忠武路駅。平昌郡の広告でした。

 「健康にいいものをお探しですか?」、「平昌郡なら~」ということで、じゃがいも、りんご、乾燥白菜、メロン、パプリカ。

 ピョンチャン郡だけではないもの、平昌郡が1番じゃないものもあるでしょうが、地域の誇りを持って、で、ちょっと自慢して宣伝。ストレートな韓国らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5883 長項線無窮花号で汽車旅行2

177

 まぁ、当たり前の韓国の田舎を走る汽車の車窓からの写真です。でも、KTXではトンネルばかり、京釜線は都市化された区間がたくさん。中央線は山岳線ですが、直線化複線化工事でやはり景色が見えない感じ。この長項線も線路の改良、付け替えはありますが、田舎の風景を一番楽しめる路線です。

 で、遠くの煙、やはり火事のようです。


181

 けっこう遠くではありますが、これだけ煙が見えるのは大きな火事のよう。工場とかの火事でしょう。


185

 高架化された新線なので遠くもよく見えます。


186

 何の畑かな?9月の写真です。


188

 養鶏か養豚の施設?


190

 駅名票が見えます。電車線の終点、新昌駅でした。まだ煙も見えます。


193

 この写真、なかなか貴重と言うか、意味があります。中央ちょっと左、遠くに見える大きな建築は道高温泉のコンドミニアム。昔からあり、田舎なのでよく目立った建物です。昔の長項線はあの建物の向こう側を通っていたのです。お分かりの方、おられますよね?

 さて、この火事、新聞とかには出たのかな?人的被害が無かったらいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

普通の韓国を探して5882 6010番高級リムジンで往十里駅到着 ホテルビジョンへ

012

 大きな交差点から少し入った往十里駅前、仁川空港からのリムジンバスの終点です。3列シートの高級リムジンでした。


131

 新しくなった往十里駅です。Eマートとその他飲食店、商店がたくさん入っています。上の白い部分は屋内のゴルフ練習場のようです。よくやるなぁ。

 ちょっと前から江南経由の盆塘線も水原から直通でここまで来ますので乗降客はかなりのものでしょう。


014_2

 がらんとしてた国鉄往十里駅の時代も知っていますが、公園も整備されました。


161

 城東警察署前から大きな交差点へ出て右折。城東区庁。中のウリ銀行で両替(換銭)しました。


171

 議政府から双門洞、スユリ、ミアサゴリ、高麗大前、京東市場、東大門区庁とソウル東部を縦断する大通りです。


356

 ホテルビジョン、5分じゃ行かないけど10分はかからない、そんな位置です。


019

 カードキーをもらって部屋へ。


020

 ダブルとシングルの2台の寝台。もともとここ、モテルみたいだったので狭い部屋に無理して入れた感じです。3人泊まるのはきついなぁ。


021

 浴室。ここも大がかりなシャワーの機械がありますが、韓国の特徴でしょう。高級ホテルでない場合は壊れてることが半分、そんなふうに感じます。


018

 値段表。ここってもしかしてトリプル?って思いました。日本円で5000円、実勢価格はそんなくらいの低廉な、でも、場所の問題が無ければ十分な、いいホテルです、往十里ビジョンホテル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5881 日本と韓国、ちょっとした違い

467

 韓国での夜、宿に帰って少し(?)の酒を楽しみながらベッドの上で、わきにノートを用意してのテレビ鑑賞をすることが多いです。そんなときの肴、これはいつだったかな?鶏もも焼き3500Wです。

 韓国人も鶏は大好き。ビールと言えばフライドチキンだったり。その他タッカンマリ、チムタク、タッカルビ、鶏の料理もたくさん。

 いいなと思うのは、前にも書いたけどスーパーでも、大型の高級土俗鶏(地鶏)、普通の若鳥、そしてサムゲタン用の小さな鶏、いろんなのを売っていること。当たり前に丸ごとのを買う人も多いのでしょう。 日本だと、「特別」って感じですもんね。

 で、あれ?と思ったのは鶏ももなんだけど、通称「ぼんじり」とかいうお尻の部分がくっついたまま調理されています。皮中心で脂が多いお尻部分。美味しいからいいのですが、日本だとそこをカットしたのが「鶏もも」の基本形ですよね。

015

 稿を改めるまでもない小ネタなので追加です。往十里駅前、民資駅化で立派になった駅ビルの前の公園。左の看板、「野外化粧室」って書いてあります。

 まさか「覆いが無い」というのではなく、普通の公衆化粧室ということでしょうが、日本語では使わない漢字表現でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を察して5880 長項線無窮花号で汽車旅行

159

 昨年秋の礼山行きの時の写真です。天安牙山駅付近、KTXの新駅ができて大きく変わりました。かなり前の記事に工事中の天安牙山駅があったと思いますが、ほとんど田んぼの真ん中の駅でした。


160

 バックがその天安牙山駅かな。長項線の線路自体もKTX開通、新昌までの電車線開通で、付け替えられました。昔はもっと南の地面を走っていたのが今は全部高架線です。隔世の感とはこのことです。

 すみません、長い構造物、サッカー場のスタンドかなんかかもしれません。ま、ケンチャナよ。


163

 しかし、ちょっと走ると田園風景。ソウルに割合近いので野菜のハウスがたくさん。あとは田んぼ。日本の田園風景と違うのはアパート群でしょう。


165

 韓国の田舎の平らな土地、基本は日本同様、田んぼです。


166

 またアパート群が見えてくると牙山市の中心、温陽温泉駅は近いです。


169

 ゴルフ練習場も2000年以降、すごく増えました。


173

 もうすぐ温陽温泉というあたり、防音壁が出てきました。行く手のあの煙は何でしょう?

 つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1119 南富山駅

014

 高速バスでの日帰り遠足、目的地は富山市でした。富山随一の繁華街、総曲輪で下車。右の建物が数年前に新装なった大和デパート。まっすぐ行けば富山駅です。


032

 昨年も1月に訪問した富山。新幹線ができてからは初めての訪問でした。


065

 路面電車が富山駅に乗り入れるようになっていました。


034

 そして、行ってみたかった場所は南富山駅。路面電車の終点の一つでもあり、富山地方鉄道の途中駅でもあります。左が普通の電車線。正面が路面電車の待機場。


035

 富山駅から来た電車はここで停車。乗客が降りてから、前の写真の電車が出発。この電車が待機場所に入ります。

 それなりに駅前の商店街があり、大通りには地下歩道もあります。路面電車の終着駅と普通の電車の駅がどうつながってるかを見たかったのです。ひとつ前の写真、ちょっと面白い風景に感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

普通の韓国を探して5879 やはり韓国歩きは楽しい

313

 ソウルを朝出て8時半くらいに扶余に到着。定林寺址と博物館を見学して、違う道、東の山際の方の道を回って町へ戻ります。

 写真は駐車場と平屋の建物は定林寺址博物館。百済の文化を紹介する観光都市に指定されてるこのプヨは高い建物の規制があるとか。今でも1400年前と変わらぬ山河を見ることができます。


315

 普通のお宅の奥にこんなのが?やはり儒教の施設かな?個人のものかもしれません。


316

 塀が低いので定林寺址、石塔だけなら公園に入らないでもよく見えます。ぼちぼち入ってきた入場者と比べると結構石塔が大きいのがわかります。

 さて、今度は町歩き。まずは市場へ行ってみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1118 日帰り遠足

069

 韓国では普通だと聞いていたサツマイモのつるの食用、けっこう検索すると日本でもあるようで、昨日の夕方に立ち寄ったスーパーでこんな炒め煮が売られていました。

 特別あくが強くない食用植物であれば、硬くない葉っぱの部分も食べられるのは当たり前。高い物でもないので買ってくれな良かったと、ちょっと残念に思っています。


049

 こちらは前から行きたかった場所での1枚。その都市自体は宿泊したことも複数回。10回くらいは訪問しているのですが、鉄道関係で、地図を見てどうなっているのかな?と思っていた場所です。

 ちょっと寂れてしまった駅前にシャッターが下りたままの店もたくさん。でも、駅のすぐ脇のこの店は定休日のよう。「ぜんざい おしるこ のみもの」と書かれた素朴な看板。

 新潟では汁粉はあります。でも、ぜんざいという言葉は知ってはいますが実際には見たことないし、売っていません。やはり関西の言葉、商品なのかも。

 さつまいものつるの煮ものとぜんざい、新潟から比較的近く。どこの街かわかりますか?後日、続きをアップします。

 もう少しヒントを、「水が豊かな街」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »