« 普通の韓国を探して6055 陶磁器は触って楽しむ | トップページ | 2017年1月15日 青空が見えてる新潟市です »

2017年1月14日 (土)

普通の韓国を探して6056 艶やかなソウルの夜、なぁーんて

096

 昨年の写真です。ホテルPJから商街ビルの下を抜けて退渓路へ出る道です。


097

 並行して走る細いコルモク市場のほうの灯り。


099

 同じく。

 ソウルの夜、男性なら一人でもなんでも全く不安なく歩けます。ほろ酔いでソウルを歩いて宿に戻る。私の大好きな時間です。

|

« 普通の韓国を探して6055 陶磁器は触って楽しむ | トップページ | 2017年1月15日 青空が見えてる新潟市です »

コメント

本当にそうですよね。
ソウルに限らず,地方でも(モテルなどの宿さえあれば)
荷物置いて夜遅くまで歩き回ります。最近はTabだけ持ち歩くので,迷ったときでも困りません。

投稿: さいとう | 2017年1月14日 (土) 21時09分

私もそんなに夜更けには歩きませんがでも本当にそう思います。それとおとうさんに安全だからって言われなければ歩かなかったですね、いちおうおばさんでも女性なので(笑)もうバーさんですが。
 なんか大陸だからでしょうかねぇ、どこ歩いても電灯の向うの闇が漆黒です。 二枚目の写真いいですね。

投稿: kagari | 2017年1月15日 (日) 08時22分

コメントありがとうございます

 知らない道が多いのもあって、ソウルを歩くのはとても楽しい私です。いい脳への刺激にもなってくれてると思います。
 読者の皆様にもお詫びしないといけないのですが、この3枚、いずれも早暁の写真です。ごめんなさい。

投稿: おとう | 2017年1月15日 (日) 08時34分

あらー、夜明け間近なんですね。言われてもわかりませんが。でも三枚目そういえば、電灯ついてても店開いてませんものね。これからなんですね。

投稿: kagari | 2017年1月15日 (日) 17時24分

2枚目、朝から開けてる働き者のアジュマがいるクモンカゲ(在来型コンビニ)だと思います。
忠武路駅へ向かう朝でした。

投稿: おとう | 2017年1月16日 (月) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64762673

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6056 艶やかなソウルの夜、なぁーんて:

« 普通の韓国を探して6055 陶磁器は触って楽しむ | トップページ | 2017年1月15日 青空が見えてる新潟市です »