« 普通の韓国を探して6062 ソウルの普通の町・倉洞の夜 | トップページ | すばらしい韓国の食事985 仁川空港「ボンビビムバッp(ボンジュク)」で海物粥 »

2017年1月20日 (金)

普通の韓国を探して6063 へぇ、生まれた場所だから忠武路

447

 李舜臣さんを祀るお堂があるのは温陽温泉駅の北、牙山市。この写真は昨年春のもので、7時34分。ソウルの中区、忠武路あたり。ホテルPJに泊まっていたんでしょう。朝ごはんに出かけた時のものだと思います。


448

 これが7時35分。1枚目にも見えていますが石碑。

 ほぼ同じ時間。駅のある退渓路から北へ行く通りでしょうか?李舜臣さんの号である忠武という名前を使ってる忠武路、偉大なる将軍様の生家がこのあたりだったので、そんな地名になったとか、、、ま、たぶんそんな事が刻まれてる石碑なんでしょう。


449

 これは7時36分の写真。旧明宝劇場交差点。

 しかしここが生地だとすると、牙山市のお堂はどういう縁で造られたのでしょう?温陽は何度も行って、泊まったこともありますが、李忠武公のお堂は行ったことないです。充分日帰りも可能な場所、いつか行ってみましょうかねぇ。

|

« 普通の韓国を探して6062 ソウルの普通の町・倉洞の夜 | トップページ | すばらしい韓国の食事985 仁川空港「ボンビビムバッp(ボンジュク)」で海物粥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64787189

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6063 へぇ、生まれた場所だから忠武路:

« 普通の韓国を探して6062 ソウルの普通の町・倉洞の夜 | トップページ | すばらしい韓国の食事985 仁川空港「ボンビビムバッp(ボンジュク)」で海物粥 »