« 普通の韓国を探して6054 東豆川(旧東安)駅 | トップページ | 普通の韓国を探して6056 艶やかなソウルの夜、なぁーんて »

2017年1月14日 (土)

普通の韓国を探して6055 陶磁器は触って楽しむ

100

 プレジデントホテルの客室です。寝台の脇に大きな青磁の壺が飾られていました。この数年、陶磁器にも興味を持つようになった私。やはり年をとったのかもしれません。


101

 中国の観光客の方がホテルの備品、温水シャワー洗浄便座を持って行ってしまったというニュースを見ましたが、これも、持って行くわけにはいきません。

 でも、見てるだけじゃ、ということで手に持って、撫でて、中を覗いたり。器は見て、触って楽しむものでしょう。しかしこの鶴の模様、どこかで見た覚えがありますな。

|

« 普通の韓国を探して6054 東豆川(旧東安)駅 | トップページ | 普通の韓国を探して6056 艶やかなソウルの夜、なぁーんて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64761931

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6055 陶磁器は触って楽しむ:

« 普通の韓国を探して6054 東豆川(旧東安)駅 | トップページ | 普通の韓国を探して6056 艶やかなソウルの夜、なぁーんて »