« 2017年2月18日 雪です | トップページ | 普通の韓国を探して6108 どこまでケンチャナヨ? »

2017年2月18日 (土)

普通の韓国を探して6107 ちょっと行かないと変化する韓国

186

 やはり楽園商街近くの写真、昨年11月のものです。

 90年代から韓国関係の本。ガイドブックというよりネタ本、韓国のこんなのが面白いよとかを紹介する本の常連だった食堂「ソムナンチュオタン」ですが、看板が変わっていました。「ソムナンチプ(ソムン=評判)、ナン=出た)」です。

 元々、チュオタン=泥鰌汁の店だった場所が、安いクッパプの店になったけど看板、店名はそのまんま「評判のどじょう汁」として何十年も営業していた有名な店。今でもクッパプが2000Wです。

 小さな看板、ヘジャンクッとウコジオルクンタンとありますが、後者がメインにクッパプです。

 実はここ、何十回と行ってても入ったことはありません。少しの牛肉と主には大根菜を入れたスープをうんと安く出してる店。やはりタプコル公園に集まる、時間はあるけど小遣いは少ないハラボジ相手の店なんでしょう。今度行ってみましょうかねぇ。

|

« 2017年2月18日 雪です | トップページ | 普通の韓国を探して6108 どこまでケンチャナヨ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64907583

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6107 ちょっと行かないと変化する韓国:

« 2017年2月18日 雪です | トップページ | 普通の韓国を探して6108 どこまでケンチャナヨ? »