« 普通の韓国を探して6113 セットメニュー?「ユッカル6900W」 | トップページ | 普通の韓国を探して6115 ちょっと複雑な気分 »

2017年2月20日 (月)

普通の韓国を探して6114 韓国に根付いた感のある日本食

339

 4号線彌阿駅そばの道峰路です。交差点の角に露店が出ていました。何の店?と思ったらば、


340

 たこ焼きでした。古い記事にあったかな?10年以上前の全北全州、市庁付近で見かけたトラック屋台のタコ焼き。

 まぁ、煎(ジョン)とかチジミの文化がある国ですし、「粉食」という言葉もありますので、小麦粉を焼いたものは馴染みやすいとは思っていましたが、お好み焼きを差し置いてタコ焼きが普及した感じです。お好み焼きは似たようなのが既にあったからかもしれませんね。

 また、この数年、何故かムノ、ナクチとかチュクミとは別、日本で普通に言う章魚があちこちで普及しています。冷凍のタコは魚屋でも、専門のトラック露店でも増えましたし、ここでも紹介したタコの揚げ物だの、やはり「身体に良さそう」ってイメージがあるのかもしれません。

 スユ在来市場へナナスキを買いに行ってその後夕食の約束があったので、先を急いでしましましたが、韓国のタコ焼き、今度食べてみましょう。

|

« 普通の韓国を探して6113 セットメニュー?「ユッカル6900W」 | トップページ | 普通の韓国を探して6115 ちょっと複雑な気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64916824

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6114 韓国に根付いた感のある日本食:

« 普通の韓国を探して6113 セットメニュー?「ユッカル6900W」 | トップページ | 普通の韓国を探して6115 ちょっと複雑な気分 »