« 普通の韓国を探して6103 鍾路3街5号線、トイレができてました | トップページ | 普通の韓国を探して6105 空港の売店にて »

2017年2月17日 (金)

普通の韓国を探して6104 まだやってる缶チューハイの宣伝

155

 誰でも知ってるロッテ前、乙支路1街の交差点、水標洞側のビルに設置された大型スクリーン、この冬も韓国初の缶チューハイの宣伝をやっていました。

 酒は酔うためにあるもの、という韓国、基本は焼酎と言っていいと思いますが、昔の眞露ゴールド、25度の瓶はほとんど見かけられなくなり、今やマイルドな20度以下の製品がメインになってきてると思います。

 そこに現れた缶チューハイ。日本では当たり前に売っていますが、初めて売り出したのが、この商品。昨年の夏ごろだったと思いますが、この冬も宣伝をやってます。


156

 桃味なのかな?全体にイメージカラーがピンクの宣伝ですが、さて、缶チューハイ、韓国に根付くのでしょうかねぇ?

 昔、延世大歯科大のクラスの飲み会に招待してもらって、1次会の後、何人かの学生を連れて2次会に行ったことがあります。遠慮してたのかもしれませんが、その時に皆で飲んだのが大きなピッチャーに入った薄い酎ハイみたいな酒でした。ぜんぜん酔わない、そんな感じだったのを覚えています。

 酒は酔うために飲むもんだという韓国、さて、缶チューハイとかは根付くのでしょうかねぇ?

|

« 普通の韓国を探して6103 鍾路3街5号線、トイレができてました | トップページ | 普通の韓国を探して6105 空港の売店にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/64904726

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6104 まだやってる缶チューハイの宣伝:

« 普通の韓国を探して6103 鍾路3街5号線、トイレができてました | トップページ | 普通の韓国を探して6105 空港の売店にて »