« 普通の韓国を探して6214 慶北栄州から豊基へ | トップページ | 普通の韓国を探して6216 小白山越えの山登り »

2017年5月12日 (金)

普通の韓国を探して6215 慶北豊基駅

653

 栄州からわりあい平らな盆地を走って最初の駅は豊基。ここからは小白山越えの山登りになります。韓国最後の木造建築と言われる浮石寺へはこの豊基からバスに乗るはず。瑞山の浮石寺は河霜さんに車を出してもらって行くことができましたが、こちらの浮石寺はまだ訪問したことがありません。


654

 ソウル行きの朝一番の汽車、乗って来る人がいますね。市外バスの方が本数は多いはずですが、料金は汽車のが安いはず。身体の疲れも、汽車の方が少なそう。特に年配者は汽車のファンが多いと思います。

 ん、と思うと向こうに塗り替えられていますがセマウルの客車が。窓の形が特徴的なのですぐにわかります。何かの鉄道関係の施設なのでしょうか?


655
 そしてここにも給水塔。蒸気機関車の痕跡です。

656

 いい天気、霧も晴れたし楽しい汽車の旅です。


657

 発車してすぐですが、なんと蒸気機関車が保存されています。どんな機種なのでしょう?満鉄がらみの日帝時代の機関車かな? 時間があれば近くまで行ってよく見たいですね。

|

« 普通の韓国を探して6214 慶北栄州から豊基へ | トップページ | 普通の韓国を探して6216 小白山越えの山登り »

コメント

たかとうさん、車窓からの景色をよくご覧になられていましたね。
豊基駅の蒸気機関車は、1994年に当時の韓国鉄道庁(現鉄道公社 KORAIL)が中国から輸入したものです。ソウル郊外線(現在は貨物専用)で観光列車の牽引機として使われていましたが、IMF経済危機の影響で、2000年5月に運行が廃止され、その後は水色車両基地に放置されていましたが、2009年に店村駅に移され、さらに2012年に豊基駅へ移設されて、静態保存されているそうです。

参考:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E9%89%84%E9%81%93901%E5%BD%A2%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A

投稿: コスモス | 2017年5月12日 (金) 13時47分

ソウル郊外線の観光列車については古いガイドブックで知っていました。中国製だったんですか。ちょっと残念。満鉄系列のミカイとかそんな機関車だと思っていました。

投稿: おとう | 2017年5月13日 (土) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65268411

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6215 慶北豊基駅:

« 普通の韓国を探して6214 慶北栄州から豊基へ | トップページ | 普通の韓国を探して6216 小白山越えの山登り »