« 普通の韓国を探して6232 高知県の豆腐は朝鮮伝来で固い | トップページ | 普通の韓国を探して6233 原州駅出発、大きく変わりつつあります »

2017年5月30日 (火)

とうちゃんの自転車日記1211 愉しい土讃線の旅

085

 左へ、というか南へ方向を変えて走る土讃線。あの山の向こうに海があります。西佐川駅だったかな。昔からあったと思われる立派な駅です。ここで初めて交換が無かったような気がします。


087

 ちゃんとした駅舎を備えた駅でした。


088

 この先、山の手前で左へ曲がり、このあたりの中心の町、佐川に停車する、、、はずです。


089
 あまりスッキリしない写真ですが、佐川駅。有名な司牡丹の酒蔵がある町のよう。

 話が変わりますが、私が小学校高学年の頃、東京の世田谷区の一部では酒蓋集めが流行りました。昔はコルクの立派な酒蓋、上の金属部分だけを集めるのですが、珍しい銘柄は自慢できる、そんなしょうもない遊び。おはじきのようにして机から落ちたらもらえるなんてゲームもしたような。そういう時は大事な珍しいのではなくありきたりのやつで闘います。

 そんな中で、司牡丹、関東では珍しかったので珍重された記憶があります。あの司牡丹か、、、と昔のことを思い出しました。

 講習会、学会大会でも一日ひとつ有意義なことがあれば充分って考えています。この日は朝から土讃線、楽しいことばかりの移動になりました。

|

« 普通の韓国を探して6232 高知県の豆腐は朝鮮伝来で固い | トップページ | 普通の韓国を探して6233 原州駅出発、大きく変わりつつあります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65346693

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1211 愉しい土讃線の旅:

« 普通の韓国を探して6232 高知県の豆腐は朝鮮伝来で固い | トップページ | 普通の韓国を探して6233 原州駅出発、大きく変わりつつあります »