« 2017年5月6日 雨の予報、車です | トップページ | 普通の韓国を探して6207 西面夜景2 »

2017年5月 7日 (日)

普通の韓国を探して6206 安東発清涼里行き無窮花号

570

 春まだ浅い3月でしたので安東駅の入り口には「ミクロム注意」の掲示が。ミクロって、基本形がわかりませんが、滑るとかいう意味の名詞形です。

 あと、「マジ房入口」という表示。「マッタ」は迎えるだったかな?合うとかいう意味もありますが、日帝残滓追放で「待合室」を止めたのかもしれません。


585

 ちょっと写真が前後しますが入場。客車列車の多い韓国、低めのホームです。


587

 日本ではほとんど見なくなった無蓋車もいっぱい。給水塔も、ここでも残されています。比較的早く電化された産業線。いつ頃まで蒸気機関車が走っていたのでしょう?


588

 私が乗るのはこれ。7時過ぎに出るソウル清涼里行きの無窮花です。


589

 サボが生き残ってる韓国。たまに手書きのもあったり、でもそんなのも電車化で減っているのでしょう。


590

 再掲かな?旧セマウルの特室車。ステンレスのぶっといボディが素敵です。窓の格好も旧式ながら優雅に感じられます。塗装こそ緑から新しいタイプに変わっていますが、まぎれも無き韓国鉄道の雄、セマウルの車両です。


592

 機関車を見に行きます。7300型だったかな?


595

 鉄道好きには嬉しいアメリカンタイプの大きな本線用DLです。


597

 案外空間が多いんです、ここ。C-Cの動輪。


598

 これも再掲。一般室と特室の比較。ホームが低いので自動ドアにはステップ付き。

|

« 2017年5月6日 雨の予報、車です | トップページ | 普通の韓国を探して6207 西面夜景2 »

コメント

無蓋車ですねぇ。あれから新小岩の操車場を通る度に自転車から背伸びしてじっくり見てます。ほんとにこちらでは無蓋車見かけませんね。やっぱり長物車のほうがかっこいいかな。あの音がなんともいいです。

投稿: kagari | 2017年5月 7日 (日) 10時25分

 コメントありがとうございます
 日本の貨物列車、JR貨物はコンテナ列車が中心になってしまっています。90%がトラック輸送だとか。積み下ろしが大変だから、有蓋車、無蓋車ともに、使われなくなってきてるんだと思います。

投稿: おとう | 2017年5月 8日 (月) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65246296

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6206 安東発清涼里行き無窮花号:

« 2017年5月6日 雨の予報、車です | トップページ | 普通の韓国を探して6207 西面夜景2 »