« 2017年6月19日 曇りの月曜日です | トップページ | とうちゃんの自転車日記1232 窪川歩き8 »

2017年6月19日 (月)

とうちゃんの自転車日記1231 窪川歩き7

265

 どこかへ出かけるとデパ地下とかスーパーの食品売り場をのぞくのが楽しみです。一番期待できるのは全国チェーンではない地元系のスーパー。大手との競合もあるのでしょう、お客さんへのサービス、頑張ってる店があると嬉しく感じます。

 お昼を食べる予定の食堂の場所を確認しましたがまだちょっと時間が早かったのでその向かいにあるけっこう大きなスーパーを見学しました。入ってすぐの場所に梅酒用の梅と、あとはラッキョウの売り場が作られていました。新潟よりもちょっと早いかな?


266

 一番好きなのは鮮魚関係の売場。前に瀬戸内の笠岡へ行った時、下関へ行った時なども楽しみましたが買って帰れないのが残念なくらい、珍しい海の幸が売られてると嬉しくなってしまいます。
 小魚の干物、ニロギとなっていますが、アジの仲間のヒイラギかな?これも新潟では見かけません。口のところが案外伸びて、柔らかい魚です。初めて見たのは天橋立での釣りの時でした。

267

 これもいいなぁと思うのは右、「親鳥」の肉。卵をあまり産まなくなった大人の雌の廃鶏でしょうか。堅いけど味があって美味しいんです。スープも美味しいんです。


268

 すごく安い大きな鯖寿司。京との有名店だと1尾分で5000円とかするのもあります。小さいのを買いたくなりましたが、この後のお昼も楽しみだったのでガマン。

 新潟も魚は美味しいって思いますが、種類が少ないんです。やはり西日本の魚が面白い、そう思う魚博士の私です。

|

« 2017年6月19日 曇りの月曜日です | トップページ | とうちゃんの自転車日記1232 窪川歩き8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65430396

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1231 窪川歩き7:

« 2017年6月19日 曇りの月曜日です | トップページ | とうちゃんの自転車日記1232 窪川歩き8 »