« とうちゃんの自転車日記1223 窪川到着 | トップページ | すばらしい韓国の食事995 結局お昼は営養センターのトンタク定食 »

2017年6月10日 (土)

普通の韓国を探して6239 大きく変わる清涼里・聖パウロ病院裏

841

 11時前に清涼里着。北京飯店の開店に駆け込んで美味しいえび炒飯をと行ってみましたが再開発で閉店。しょうがないので別の店を探します。

 写真は現「Kシティホテル」、「ニューブリムホテル」裏手。左が588という風俗地区でしたがほぼ再開発待ちで廃墟です。向こうに見えるのは聖パウロ病院別館。右手に本館があります。


842

 少し進んだあたり。左へ入った路地は旅人宿が並んでいましたが、やはり怪しい宿。でももうほとんど営業していません。


843

 「撤去」、「空家」と表示。もう今頃は無いかもしれません。


844

 聖パウロ病院裏からのニューブリムホテル。

 初めてソウルへ来た90年代中盤、小中学生が通学で通るバス通りにもピンクの灯りの店が並んでいました。ここでもピンクの灯り、鮮魚市場のほうへの通路にもありましたが、ついに588、消滅でしょう。

|

« とうちゃんの自転車日記1223 窪川到着 | トップページ | すばらしい韓国の食事995 結局お昼は営養センターのトンタク定食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65392776

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6239 大きく変わる清涼里・聖パウロ病院裏:

« とうちゃんの自転車日記1223 窪川到着 | トップページ | すばらしい韓国の食事995 結局お昼は営養センターのトンタク定食 »