« すばらしい韓国の食事997 ミッパンチャンでわかるメインディッシュ | トップページ | 2017年8月17日 装置トラブル処置のため出てきました »

2017年8月17日 (木)

普通の韓国を探して6365 「닭副産物・海産物」という看板

678

 いろんな本、ブログで、「韓国ではトマトは果物として扱われてて果物屋で売っている」というのがありますが、どういう店で何を売るか?その辺、国による違いを観察すると面白いものです。

 海藻の類は八百屋(蔬菜カゲ)で売っているってのもあったし、、、あとは、、、何があったかなぁ。

 で、写真はソウル、新堂の中央市場のメイン通路ですが、昔から鶏の内臓、あと、脚の店があるのは知っていました。

 スナギモはタクトンチプといってごく一般的な材料ですし、日本ではたぶん圧力釜で柔らかく煮て愛玩動物の飼料にするかラーメンスープのダシに使う鶏の足、いわゆるモミジとかの店です。

 でも、面白いのは海産物とあるように、細かい海産物、貝のむき身とか、海産ではないけどウロンg(たにし)なんかも扱っています。

 鶏の肉以外の食べるとこと海産物を一緒に売ってる、これも何だか面白いでしょ?

|

« すばらしい韓国の食事997 ミッパンチャンでわかるメインディッシュ | トップページ | 2017年8月17日 装置トラブル処置のため出てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65674163

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6365 「닭副産物・海産物」という看板:

« すばらしい韓国の食事997 ミッパンチャンでわかるメインディッシュ | トップページ | 2017年8月17日 装置トラブル処置のため出てきました »