« 普通の韓国を探して6368 食べ物スレギ収集箱 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1268 久々のほくほく線、やはりすごく速い »

2017年8月20日 (日)

普通の韓国を探して6369 タクシー運転士と言う映画

102

 今朝の新聞で今大人気上映中の韓国映画「タクシー運転士」の話が出ていました。韓国通を自認している私でしたが初めて内容について知りました。

 主役がソンガンホさんなので、またコメディだろうと思っていましたが、光州民主化運動をテーマにした映画だとか。(写真は11日、蠶室駅の広告をスマホで撮ったものの再撮影です。)

 この時も、 「何で白人の俳優さんがいるの?」とも思っていましたが、光州での事件の際に真実を報道したドイツ人の記者を案内したタクシー運転技士さんの話のよう。

 80年代、私が呑気に学生時代を過ごしていた頃に多くの韓国人にも知らされないままに軍隊による暴力的な示威(デモ)の制圧が行われていたこと、恥ずかしながら40代になって初めて知りました。

 その後、光州市内の美容室でカットしてもらいながら当時の光州を知るアジュマの話も聞きました。群山出身の友人に、「光州事件(事態)」ではなく、「光州民主化運動」だ、ということも教えてもらいました。光州5・18、日本では有り得ないような話です。

 左の俳優さんもよく脇役で顔を見かける人。河霜さんによれば今は主役級の人気俳優だとのこと。昔は悪い方の下っ端ですぐに殺されてしまう役なんかが多かった人です。ラジオスターにも出ていたはず。タクシー運転士、ちょっと見たいと思う映画になりました。日本公開を待ちましょう。

|

« 普通の韓国を探して6368 食べ物スレギ収集箱 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1268 久々のほくほく線、やはりすごく速い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65686357

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6369 タクシー運転士と言う映画:

« 普通の韓国を探して6368 食べ物スレギ収集箱 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1268 久々のほくほく線、やはりすごく速い »