« 普通の韓国を探して6379 高速ターミナルと言えば花屋ともう一つ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1272 松代町松代3 »

2017年8月30日 (水)

普通の韓国を探して6380 なかなか手厳しい事を言ってます

160

 忠州神社址を探して歩き回るも痕跡を見つけられず、サジク山を下って町の中心部へ向かいました。90年代末に歩いているはずなのですが、バスターミナルの場所も変わったし、大体旧ターミナルがどこだったかもわかりません。

 中心街の裏通りに入ると、こんな建物がありました。これぞ、普通の韓国の地方歩きの醍醐味です。日帝時代の建築、まだまだたくさんあるはずですから。


134

 奥にも面白そうな建物がありますが、、、これ、銀行のよう。


159

 説明版の写真です。読める人は読んでみてください。朝鮮殖産銀行忠州支店だとか。でも、石造建築を模した木造だそうで、昭和初期の日本建築ではそんなのが多いだの、なかなか言うこと言ってくれてます。憎き日帝、、、今になって張りボテ建築であることを強調されてもなぁって思います。

 ソウルの総督府、、、あ?!韓国銀行、当時は朝鮮銀行?それとも京城銀行?あの本店。すごいお金をかけて造った建築でしょうが、地方では、ま、こんなのも多かったのでしょう。

 そう言えば、ソウル大学校医科大学の旧本館は、、、木造なのかなぁ?なかなか趣のある建物です。自由に入れますので行ってみると面白いでしょう。

|

« 普通の韓国を探して6379 高速ターミナルと言えば花屋ともう一つ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1272 松代町松代3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65728101

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6380 なかなか手厳しい事を言ってます:

« 普通の韓国を探して6379 高速ターミナルと言えば花屋ともう一つ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1272 松代町松代3 »