« とうちゃんの自転車日記1265 小国で長時間停車 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1267 村上駅、同じホームに2本の列車 »

2017年8月 4日 (金)

とうちゃんの自転車日記1266 城下町村上の夏

100

 青春18きっぷウォーキング、羽前小松の帰りに坂町で乗り換えて村上へ菓子を買いに寄ってみました。 

 金沢とかもそうですが、伝統ある城下町って和菓子の名店が多い、そう思っています。


101

 わかりますか?村上は鮭の町でもあります。壁の意匠、鮭と波なのに気づきました。


103

 何となく1枚。


104

 これも何となく。


105

 高い建築はほとんどありません。夏の暑い日でした。


106

 夏です。


107

 城下町の夏。向こうへちょっと下ると鮭の上る川、三面川です。駅へは左へ行きます。

|

« とうちゃんの自転車日記1265 小国で長時間停車 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1267 村上駅、同じホームに2本の列車 »

コメント

二枚目、ぶらっと歩きでこういうのを見つけると嬉しいでしょうね。普通の民家の塀ですかね、余裕ですね。あっ、何かの商いのお店でしょうか。でもかっこいい。 しかし暑そうですね。

投稿: kagari | 2017年8月 5日 (土) 08時16分

コメントありがとうございます
 昔、商売をやっていた、そんなお宅のようにも見えます。銅でしょうか?となるとかなりお金がかかっていそうですね。 韓国語の「モッ」が感じられる飾りです。

投稿: おとう | 2017年8月 5日 (土) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65619290

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1266 城下町村上の夏:

« とうちゃんの自転車日記1265 小国で長時間停車 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1267 村上駅、同じホームに2本の列車 »