« とうちゃんの自転車日記1261 宇津峠を越えて今泉、羽前小松へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1263 羽前小松の町1 »

2017年8月 1日 (火)

とうちゃんの自転車日記1262 羽前小松駅

074

 跨線橋を渡って改札へ。乗ってきた列車を見送ります。この先、左へ大きくカーブして米沢市へ向かう米坂線です。

 米沢と坂町を結ぶから米坂線。京釜線、京義線、京元線とかと一緒。あ、これも日帝残滓なのかなぁ。


075

 こちらは乗ってきた方。今泉から左へ方向を変えて、新潟県は左の方になります。暑いけどからっとした晴れの日でした。


077

 無人駅扱いだったと思うのですが、若い女性の駅員さん。委託駅というのかな?


076

 卵と豆菓子の無人販売。高いものではありませんが、こういうのがある日本はいいなって感じます。


078

 米坂線の時刻表です。まぁ、日本のローカル線、大人はみな車に乗ってしまうようになったので朝夕の通勤通学時間がメイン。昼間は大きく間隔が開いてしまいます。

 帰りの列車まで1時間半、まずは町役場へ向かって観光案内パンフをもらいましょう。

|

« とうちゃんの自転車日記1261 宇津峠を越えて今泉、羽前小松へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1263 羽前小松の町1 »

コメント

 米坂線いいですねぇ。無人販売って、おおげさかもしれませんが日本人のレベルの高さを感じます。地方はまだあるんですね。20年位前にはうちの傍の葱畑にもあったんですがね、辞めてしまったようです。葱畑はまだありますから残念!

投稿: kagari | 2017年8月 2日 (水) 09時09分

コメントありがとうございます。
今日は青春18切符の3回目、庄内地方かと思いきや、会津若松でした。 米坂線もなかなかでしたが、スケールの大きさだと、やはり磐越西線かもしれません。早出の早帰りでしたが、古い町を歩いてきました。なんとデジカメが動かず、スマホ写真だけの遠足になりました。ローマ字で探してみてください。う、はoですが。

投稿: おとう | 2017年8月 2日 (水) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65606556

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1262 羽前小松駅:

« とうちゃんの自転車日記1261 宇津峠を越えて今泉、羽前小松へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1263 羽前小松の町1 »