« 普通の韓国を探して6382 忠州 自由市場 | トップページ | 普通の韓国を探して6383 忠州 自由市場2 »

2017年9月 3日 (日)

とうちゃんの自転車日記1276 小出の町3

066

 昼間ですので人は少ないですがこのあたりは飲み屋街のよう。ホルモンの有名店の看板が見えました。名前は聞いていましたがこんな場所のこんな店なのか、という感じ。


069

 大きな看板の中華の店。向こうの山は魚野川の対岸。スキー場です。

 さて、どこで食べましょう、お昼。


070

 ラーメン店も営業開始。ちょっと先の交差点は国道17号。その道は走ったことがあります。もうずいぶん前になりますが。


071

 肉屋さん。ここも「生もつ」の看板が出ています。

 肉食ではやや後進の新潟県、ホルモンと言うと通常は豚の小腸を圧力釜で煮て柔らかくした白っぽいのを炒めたりモツ煮込みにします。でも、脂が全部抜けて歯応えもなくなり、内臓好きにはちょっと物足りません。牛ホルモンにいたってはほとんど生のは売っていません。

 生の豚の腸もあるにはありますが、売ってる場所は一部で、また値段も高め。日持ちしないし、売れないから流通しない、高い、そんな様子です。それがこの小出町、生のがかなり一般的なのだとか。ちょっとうらやましいです。


074

 と、焼肉屋を見つけました。早くから歩いてる自分へご褒美。お昼は焼肉にしましょう。


072

 昼間なのですいていましたがおばちゃんのグループの先客が焼いていました。カルビ定食と、名物(?)のホルモン、瓶1本で2550円だったかな?会計時にくじ引きがあり、赤い玉。びりかと思いきや、500円の食事券。さて、また行こうか?どうしようか?

 でも、小出の昼焼肉、美味しかったです。

|

« 普通の韓国を探して6382 忠州 自由市場 | トップページ | 普通の韓国を探して6383 忠州 自由市場2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65744566

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1276 小出の町3:

« 普通の韓国を探して6382 忠州 自由市場 | トップページ | 普通の韓国を探して6383 忠州 自由市場2 »