« 普通の韓国を探して6406 焼酎・洋酒の店 | トップページ | 普通の韓国を探して6408 トソンサゴリから馬場路を西へ »

2017年10月13日 (金)

普通の韓国を探して6407 韓国には無いと思ってたヤマブキ

340

 上往十里のあたりでヤマブキの花を見つけました。あまり韓国で見たことが無かったという感じでしたので、日帝時代の持ち込みかとも思いましたが、検索してみると鶏龍甲寺では自生が有名だとか。東アジアに広くある木なのかもしれませんね。

|

« 普通の韓国を探して6406 焼酎・洋酒の店 | トップページ | 普通の韓国を探して6408 トソンサゴリから馬場路を西へ »

コメント

타카토우 박사님

投稿: | 2017年10月13日 (金) 17時54分

韓国の方ですか?安寧ですか?

投稿: おとう | 2017年10月13日 (金) 18時00分

안녕하세요?

投稿: 하상 | 2017年10月13日 (金) 18時28分

황매화 사진 잘 봤습니다.

投稿: 河霜 | 2017年10月13日 (金) 18時33分

おお、良かった。またいろいろ教えてください。

山吹、色から江戸時代の小判という金でできた通貨の表現に使われます。「山吹色の小判」ていうふうに。

でも、実が付かないのがマイナスのようにも言われています。有名な短歌に、ちょっと前半は失念してしまいましたが、「~蓑(昔の雨具=みの=実の)一つだに無きぞ悲しき」と、「貧しいので雨雲お貸しできません」というのがありました。

投稿: おとう | 2017年10月14日 (土) 07時25分

いっしゅの言語遊戯?

投稿: 하상 | 2017年10月14日 (土) 10時02分

予約の変更で空きました。
調べてみたら大田道灌という人の話で、
「七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに無きぞ悲しき」でした。

 貧乏で貸すことができる蓑(雨具)が無いのを、その家の女性が山吹の枝を渡して、この歌を詠んだのかな?蓑を実(果実)のに引っかけたのはそうですが、機転を利かした風流な頭のいい女性って話ではないかと思います。

 山吹はきれいな花は咲くけれど、実が一つもならないのは悲しいです→貧乏で貸す事のできる雨具が無いんです未安です。ということ。

投稿: おとう | 2017年10月14日 (土) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/65911206

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6407 韓国には無いと思ってたヤマブキ:

« 普通の韓国を探して6406 焼酎・洋酒の店 | トップページ | 普通の韓国を探して6408 トソンサゴリから馬場路を西へ »