« とうちゃんの自転車日記1331 高岡市夕景 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1333 高岡市の飲み屋街 »

2017年11月19日 (日)

とうちゃんの自転車日記1332 これってデフレクター?

209

 福井駅の朝の写真です。JRになって、会社ごとの車両のバリエーションが増えてきました。北陸線の普通列車、こんなタイプの電車で、補助椅子があったり、どこかやはり関西風なのかもしれません。

 スマホの方は見にくいかもしれませんが、左の電車の先頭部の左右に黒い板がついてます。もしかして、昔の蒸気機関車の時代にあったデフレクターかな?と思いました。

 昔のは煙が運転室に来ないように、風を集めて上の方へ向けるためのもの。今は、これ、もしかして雪などの運転室の窓ガラスへの付着を防ぐものなのかもしれません。

 我が新潟県も北陸に負けない豪雪地。何故かしかしJR東の電車にはこれ、採用されていないと思います。


210
 もう1枚。暗いのでブレてますが、風を集める装置、デフレクター、この電車にも付いています。

|

« とうちゃんの自転車日記1331 高岡市夕景 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1333 高岡市の飲み屋街 »

コメント

デフレクターつければ,越後平野の吹雪を少しは解消されるかもしれませんのにね。ところで,この駅のベンチもあまり見ない向きだなあと感じます。

投稿: さいとう | 2017年12月 2日 (土) 11時31分

 とあるブログの鉄道ファンの方に教えてもらったのですが、これ、デフレクターではなく、いたずら防止の侵入防止用の隔壁だとのことです。
 先頭車同士の連結部分に人が乗って、という事件があったそうで、それで、車両の間に人が入りにくいように設置したものだそうです。 どうも西へ行くほど、面白いことをする人が増えるのかもしれませんね。

投稿: おとう | 2017年12月 2日 (土) 12時49分

このベンチの向きは最近JRが駅のホームを改築するとこんな風なベンチが出来てます。家の最寄の駅にもこんな風にベンチが並んだのが最近できました。

投稿: kagari | 2017年12月 2日 (土) 19時22分

かがりさん、
コメントありがとうございます

 さいとうさんのベンチの話にもこたえていませんでした。ごめんなさい。

 駅のベンチ、酔っ払った人が線路に落ちないように、方向を変えて、よろよろ歩いても線路に向かないようにする、そんな話を聞いたことがあります。

 新幹線延伸で観光客も増えた富山、石川、そして予定の福井、駅の整備とかも一生懸命なのでしょう。実際、大きめですわり心地もいい椅子でした。

投稿: おとう | 2017年12月 3日 (日) 09時02分

kagariさん,おとうさん,ありがとうございます。
そうなんですね,なんだか西に行くほど,列車内も駅もやはり大陸的なものを感じます。

投稿: さいとう | 2017年12月 3日 (日) 12時19分

デフにしては小さいとは思ってましたが、あそこに乗るのは、、、ちょっと怖いでしょうね。

投稿: おとう | 2017年12月 3日 (日) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66060797

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1332 これってデフレクター?:

« とうちゃんの自転車日記1331 高岡市夕景 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1333 高岡市の飲み屋街 »