« 普通の韓国を探して6449 けっこう遠かった忠州市外バスターミナル | トップページ | 普通の韓国を探して6451 旧忠州農業・国原高等学校 »

2017年12月12日 (火)

普通の韓国を探して6450 このへんの地名は문화동

225

 ひとつ前の記事の写真にあった「昔のお洒落な家」、よく見ると奥にも同じ形の屋根が見えています。そして、少し進んだ所にもハイカラな同じ形の屋根のお宅。何なのでしょう?昔の分譲住宅?それともセマウル運動で造られた田舎の良質な住宅でしょうか?


226

 ちょっと戻って全景。

228

 その先にも同じ形の屋根の家。


227

 内装業を営んでおられるのでしょうか?ちょっと片付いてないのはやはり韓国。歩道に物を置くと日本ではすぐ通報する人がいて、警察か市役所が指導にきます。多少のゆるさが許されるのが韓国のケンチャナヨ精神。お互いが快適に暮らすための認め合い。日本にももう少しあったらなと思うこともあります。

 さて、この忠州の新しい市街地、昔の郊外の同じ形の住宅。やはりかなり前、60年代とか70年代に、新しい計画された町を造成し、建売の住宅団地を作ったのではないかと思われます。

 先日地図を見たらこのあたり、「文化洞」という町名です。きれいに造ったけど、何十年か経過してちょっと韓国式に緩み始めた文化の町なんじゃないかと想像しています。

 韓国の普通の町歩き、こんな発見がしばしばあるから楽しいんですよ。こんな話、喜んでくれる日本人は少ないかもしれませんけど。

|

« 普通の韓国を探して6449 けっこう遠かった忠州市外バスターミナル | トップページ | 普通の韓国を探して6451 旧忠州農業・国原高等学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66150225

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6450 このへんの地名は문화동:

« 普通の韓国を探して6449 けっこう遠かった忠州市外バスターミナル | トップページ | 普通の韓国を探して6451 旧忠州農業・国原高等学校 »