« 普通の韓国を探して6458 「鶴サンマ」=さより | トップページ | 普通の韓国を探して6460 男子は乗り物が好き »

2017年12月18日 (月)

普通の韓国を探して6459 ソウルは面白い

392

 新堂という地下鉄駅入り口の案内票、薬水の方へ行く道と往十里キルの交差点。有名なトッポッキコルモクは正面裏手のあたりになります。右手は東大門市場、2号線の新堂駅というよりも、6号線の新堂駅の上にいることになります。


393

 ほぼ同じあたり、中央市場の方へ歩き出したら、白い大型車が。日本でも普通のセダンは、あ、大都市では見かけることもあるベントレーの、でも、2ドアです。

 昔の、ロールスロイスと一緒だった時代に比べれば手頃になったとはいえ、庶民には手が届かない高級車、ソウルではよく見かけますけど、2ドアのは初めて見ました。

 どっちかと言えば下町とも言える黄鶴洞でもこんなのが、、、ソウルって、ま、東京もそうなのかもしれませんが、大都市なんですねぇ。


394

 中央市場の方へ歩き出すと、また高級車。マセラティ。

 お金がたくさんあっても、どちらかと言えばお金持ちに見えない方向を好む日本人。反面、韓国のお金持ちはお金があることをアピールするのをためらわない。そう思います。

 90年代は個人でも「運転手」を抱えるお金持ちが多かった韓国。流石に、最近は減ってはいますが、「富者が冨者ダpケ(のように)振舞う国」が韓国です。

 ある意味、天真爛漫、無邪気、素直、開けっぴろげ、そんななのかもしれませんね。

|

« 普通の韓国を探して6458 「鶴サンマ」=さより | トップページ | 普通の韓国を探して6460 男子は乗り物が好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66172086

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6459 ソウルは面白い:

« 普通の韓国を探して6458 「鶴サンマ」=さより | トップページ | 普通の韓国を探して6460 男子は乗り物が好き »