« 普通の韓国を探して6464 古い地図が好き2 | トップページ | 普通の韓国を探して6466 古い地図が好き4 »

2017年12月19日 (火)

普通の韓国を探して6465 古い地図が好き3

464

 今度は鍾閣交差点でした。前にダニエル黄さんに教えていただいた、和信百貨店、「鍾路タワー」と今の建物の名前が書いてあります。

 その向かいも新々百貨店というのがありました。ヘジャンクッコルモク、清進洞の斜めの通り、ソウルホテルがあった古い通りはわかりますし、鍾閣角から裏道みたいなのを入った場所に韓一館だったか、古い大きな食堂があったのは知っていますが、その後大きく変わってしまったのが、この区域です。

 何度か書いている鍾路タワーの脇から寛勲洞へ入る斜めの道はちゃんと掲載されています。火事のあとの再開発で、、、まさか道は変わってないとは思いますが、、、わかりません。

 90年代、初めて行った里門雪濃湯も、この当時から細い裏通りにあったのでしょうね。変わらないのは今もたぶん同じ場所のYMCAです。映画「将軍の息子」の時代からあそこだったのでしょうから。

 右下の一角、貫鉄洞の町は、もしかしたら道路の区画は今も一緒かもしれません。

|

« 普通の韓国を探して6464 古い地図が好き2 | トップページ | 普通の韓国を探して6466 古い地図が好き4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66176567

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6465 古い地図が好き3:

« 普通の韓国を探して6464 古い地図が好き2 | トップページ | 普通の韓国を探して6466 古い地図が好き4 »