« とうちゃんの自転車日記1349 王子製紙のまち 苫小牧 | トップページ | 普通の韓国を探して6443 관아、官は読めますが、「ア」は出てこない »

2017年12月 5日 (火)

普通の韓国を探して6442 理解しにくいネーミング

625

 往十里城東区役所向かいに新しくできた寿司屋さん。店名は「スシフ」。「フ」は何なんだろう?将棋の「歩」かなとも思いますが、店主に聞いてみたいなって思いました。

 ここ数年日本式居酒屋が増え、繁華街の看板にも日本語が増えてきましたが、やはり理解不能の、もしくはどう間違っちゃったの?とも思える名前もあります。

 古い記事にあると思うけど新川の居酒屋「はるき」はまだあるのかなぁ?あそこは村上春樹さんのファンで、ということでした。スーパーで売っていそうな真空パックのノルウェイしめ鯖を食べましたけど、小説の題は、、、関係無さそうです。

|

« とうちゃんの自転車日記1349 王子製紙のまち 苫小牧 | トップページ | 普通の韓国を探して6443 관아、官は読めますが、「ア」は出てこない »

コメント

面白いのはたこ焼きを売っているのに提灯がおでんと書いている屋台がありました。店のおばさんに聞きたがったんです。
村上春樹の小説、 以前ノルウェイの森を読みました。小説の始めの部分にある曲がながれます。ビートルズの歌です。題目はノルウェイの森。

投稿: 河霜 | 2017年12月 5日 (火) 18時16分

 コメントありがとうございます

 日本でも英語の店名、どこの国の言葉でもなさそうなアルファベット表記の店名があるので、韓国を悪く言うことはできません。まぁ、いずれも、カッコよければいい、雰囲気が出ていればいい。そんななのでしょうね。

 日本でも真空パックのしめ鯖、ノルウェイ産のがどこでも売っています。安くて、大きくて、脂がのっています。国産の近海でとれた鯖、脂たっぷりの輸入鯖、それぞれ別の魚のように思えます。どっちも好きですが。

投稿: おとう | 2017年12月 6日 (水) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66124541

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6442 理解しにくいネーミング:

« とうちゃんの自転車日記1349 王子製紙のまち 苫小牧 | トップページ | 普通の韓国を探して6443 관아、官は読めますが、「ア」は出てこない »