« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

2017年7月 1日 (土)

とうちゃんの自転車日記1241 SLばんえつ物語号

003

 朝、フィットネスへ行くときは雨。その後止んで、曇り時々雨、大気が不安定なので大雨に注意だか、そんな予報です。

 少し前に書いたように新潟市の蒲原神社のお祭りで、予約を少なめにしているため、今日もゆったり。でも、駐車場とか、かえって空いているかもしれません。

 写真は先週日曜か、土曜の夕方。仕事の後用事を済ませて帰る時のばんえつ物語号の回送です。新潟駅には転車台が無いため、行きも帰りもEF81の牽引になります。電気機関車が引く客車の最後尾で逆方向で引っ張られる姿はあまりカッコよくはありません。

 もうずいぶん経つこの特別列車、鉄道ファンのはしくれながら一度も乗っていません。今年はきっと、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6349 中央線新線と旧線

773

 韓国の中央線、嶺東線、産業線と呼ばれてきました。石灰石、セメント、昔は石炭、そんなのを運ぶ線ってことです。山の中の単線で、電化はされていましたが、フランス風の古い電気機関車がごとごとゆっくり走る。そんなイメージでした。

 でも、平昌五輪も関係あるのかな?中央線の線路の改良、新しい高速鉄道専用線の建設など、大きく変わってきています。

 線路の付け替え、直線化、複線化だけでなく新しい駅の設置、とにかくダイナミックなのが韓国です。駅前のモテル業者さんとか、商業関係、駅の移転で困る人もいるんじゃないかな?って思います。


777

 高架化され複線化、直線化された新線の下を単線の旧線が。


771

 旧線の鉄橋がそのまま残っていたり。


782

 こちらもそう。渓谷に沿って走ったり、短いトンネル、鉄橋。昔の中央線は遅いけどそれなりに景色を楽しめましたが、ソウルから原州間はほとんど新線になっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

2017年6月30日 梅雨らしい雨の金曜日です

427

 おはようございます

 新潟市の初夏の風物詩、蒲原祭りが今日から始まります。蒲原祭りは雨になるというジンクス通り、今日からしばらく梅雨らしい雨模様の日が続くという予報。農業の神様だということで、雨が似合うのかもしれません。

 昔よりだいぶ店が減ったとはいえ、数百軒の露店が栗の木バイパスと並行する道に並びます。見物の人出も予想されるので、今日明日、車で来る患者さんにはそのことを伝えて予約を取ってるため、割合のんびりの週末になります。

 日曜は休みですが、大学の同門の集まり。その次の日曜も小さな地方学会。まぁ、疲れすぎないようにのんびり参りましょうか。

 写真は名古屋の東山動物園の美男ゴリラ、犬はダメって言いますがゴリラはネギ、いいんでしょうかねぇ?辛いだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6348 いいものはいい

217

 日本が嫌いという姿勢がある韓国、日本製品の看板があまりありません。昔から目立つのはリンナイ、それと、オリムパス、あとはヤクルト。

 これは鍾路、楽園商街の入り口のあたりだったかな?「ヤマハ」の看板がありました。「サミk(三益?)」というのは韓国のピアノ会社。

 普通の人に言わせると大抵は日本製品はいいという話を聞くことができます。日本嫌いの国産品愛用者もいるのでしょうが、いいものはいい、そんな考えが若い人の間では普及してきてると思います。

 車も、ホンダ、レクサスとか、けっこう人気有るみたいですもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

普通の韓国を探して6347 とっておきの写真

168

 韓国、やはり外国です。初めてソウルへ行った1995年、日本と似てるなぁって感じましたが、その後地方歩き含め、韓国のあちこち、特に普通の町を歩いて1年以上、日本では見られない風景もたくさんありました。

 場所は会賢洞の坂の町。歩いていた私を追い抜いて目の前を左折してきました。危ないなぁ、と思いつつ見るとこんなのが走っていたのです。

 屋台の準備でしょうか?けっこう遅い時間でしたが、これから営業なのかな?日本だと公道はこんなの、走れないはず。築地の市場の中とかはこういうの、あるんでしたっけ?それでもこんなに連結したのはあるのかな?運転にもコツが要りそうなトリプルトレーラー、いいものを見たって思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

とうちゃんの自転車日記1240 須崎をちょっと歩いてみた

308

 行きの時に24分も停車していた須崎、途中下車できなかったので列車1本後の分まで歩いてみました。高知から窪川までの間で唯一の「市」ですが、やはり車の時代、昼間の駅は閑散としています。


309

 昔の蒸気機関車の動輪。さて機種は?と思ったらD51でした。1000両以上造られたはずの貨物用の名機です。坂とカーブ、トンネルも多い土讃線での運行、大変だったでしょう。


3071

 駅前はちょっと屋根の付いた商店街。でも、営業してない店も多いようです。


311

 前の写真のつきあたり。これが旧街道のようです。高知方向。


312

 海とか、土佐久礼の方向。少し歩いてみましょう。


314

 前の写真のちょっと先で右への道。ここが須崎のメインストリートのようですが、人も車も少ないです。左手の先に魚屋があり、初めて見るような魚がたくさん。それも、かなり安い値段で売られていました。 やはり西日本のがいろんな魚が獲れるようです。


315

 右へぐるっと回って駅へ戻ります。駅前の山、地震の際の避難場所になっているようですが、すごい階段。まぁ、津波が来るとあってはがんばって上らないといけませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

2017年6月27日 あと1人診れば休み

007

 ちょっと空きました。予約の数はそれほどでもないのですがボンディング、ブラケットの接着の人が多くてちょっと疲れました。気楽な仕事もあれば神経を使う仕事もあります。

 今朝の新聞に出ていたのですが、新津の鉄道記念館だかに2階建て新幹線の先頭車と、115系新潟色の先頭車が陸路で輸送され、展示されただか。

 この写真の電車が115系という郊外型のセミクロスシートの電車で、もう40年以上前から走っているやつです。2両か3両か4両のユニットで、2~7両での運行が行われていましたが、1年半前だったかな?新型のE129型という電車に置き換えが始まっています。

 個体差はありますが、ばねがヘタってるのかなり揺れる電車もあります。錆が出てるのもあったかな?でも、なんとなくこれが新潟の普通列車、そんな電車でした。


003

 こちらがE129型。まぁ最新型の電車で、2両もしくは4両のユニットがあり、2,4、6両での運用かな?静かで快適ではありますが、まだなんとなく慣れません。いつの間にか、こちらのが多いくらいになっています。

 さて、115系、最後の電車が引退するときにはまた鉄道ファンが集まるのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1239 土地それぞれの民家の屋根

305

 へんなタイトルになってしまいましたが、在来型の民家の屋根、そして瓦、観察するとなかなか面白いものです。

 写真は高知の田舎のとある立派なお宅。屋根の下に飾りの屋根がもう一つあります。さらに面白いのはその第2屋根の盛り上った部分が白く塗られていること。


232

 こちらは別のお宅ですが、やはり白く塗られた部分があります。

 最初に見た時は太い棒状のものが突き出してるように見えましたが、丸く膨らんだ部分が白く塗られているのでした。


233

 面白いでしょう?この白い部分。日本各地、それぞれの場所にこういう屋根の特徴というか飾りがあるのでしょう。

 前に、羽越本線で新潟から山形に入ると民家の瓦屋根の色が黒く変わることを書きましたが、もっと派手なのが西日本の家の屋根かもしれません。

 高知のこの白い飾り部分、下品な話、実際には見たことないですが、男性が局所に真珠を入れてだの、そんな話を思い出してしまいました。そんな感じ、しませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

とうちゃんの自転車日記1238 昼下がりの富山市中心部

025

 富山市、電車で、高速バスで、けっこう訪問して歩いています。けっこう地理も頭の中に入っている感じ。金沢からのバス、駅まで乗らずに下車します。新潟からの時もここ。総曲輪で降りたんです。


026

 ほぼ同じ時間の大和方向。新潟には無くなってしまいましたが、富山では西武が無き後、唯一のデパートです。でも、車も人も少ないですねぇ。平日3時過ぎの写真です。


027

 新潟行きのバスに乗る前にまた軽く食べようと繁華街に向かいます。夜には賑わうのかな?富山の飲み屋街はこことはまた別に少し駅寄りの町に集中しています。


028

 軽く食べて、駅へ向かいましょう。日に1往復しか無い高速バスですので、遅れたらたいへん。北陸新幹線乗継で帰れなくはないけれど、1万円くらいかかるんじゃないかな?

 路面電車の島式停留所から、韓国料理の店の看板と、屋上の撤去された看板の台座を撮りました。


029

 ここらも繁華街なんですが、やはり閉まってる店も多く、ちょっと寂しい状態です。昔からの市内中心部に大きなマンションができるのは新潟古町も一緒ですね。全区間200円の電車で駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1237 久礼の町2

297

 最近でも割合大きな地震があった新潟県ですが、地震に関してはのんびりしてるなぁ、と高知県を訪問して感じました。堤防がものすごく高いんです。こんな遊歩道みたいな感じで上がります。


298

 こちらが久礼港かな。青年向け人気漫画の舞台になった町。皆男性は漁に出て世界を回っているのか、予想してたよりも静かな、小さな町でした。


299

 堤防の上からの風景。地震があったら閉めきるのでしょうか?海側にも車が入っています。


300

 行ったのが火曜日だったかな。駅へ戻る道、観光市場みたいな場所に寄ってみました。窪川の珈琲店「どなあ」でも推薦してくれた有名店は休み。でもいくつかやってる店があったのでまたちょっと食べます。

 予想外に美味しかったのがこのうつぼのたたき。身は淡泊ななかにも旨みがあり、皮の下のとろっとした部分がまた美味しいんです。骨をどうやって除去するのか?手間がかかるのか、結構な値段ではありました。

 高知の味、カツオは予想範囲内ですが、意外に美味しかったのがこのウツボでした。また食べたい、近くで売っていないかな?って思いますもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

2017年6月25日 6・25(ユギオー)だ。

008

 昨日は予約の変更がいくつかあり、思っていたよりゆったり働けました。今日も1つ変更で空きができましたが、日曜にしては珍しく最後の5時まで予約が入っています。しっかり働きましょう。

 6・25(ユkイオ)は韓国では有名な日。北が急に攻め込んできた、韓国戦争開戦の日付です。半島情勢に関するニュースも一時より聞かれなくなった感じ。「ソウルを火の海に」という話、今回もうやむやになるのかなぁ?

 3か月も韓国へ行っていないのはちょっと珍しい私、なかなか休みが取りにくくなったのもありますが、「行ける時に行っておく」、という言葉もあります。確実に休めるのは高いのも確実なお盆前後。そろそろ切符の価格とか、調査を開始しようかな?

 写真は新潟駅前、県外への高速バスの乗り場です。ちょうど高崎前橋行きのバスが入線するところです。月に一度は遠くへ行きたい。天気のいい休みはできるだけ知らない街を歩きたい。そんな私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1236 久礼の町1

290

 久礼駅です。この後も特急での移動になるので窪川駅の窓口で切符のことを聞いたら、午後から無人になるけど、自販機で特急券なども買えるとのことでした。


291

 駅前からの風景。大体の目星をつけて海の方へ歩きます。


292

 この辺が町の真ん中かな?


293

 右手の細い道に入ります。昔からの通りでしょうか、店がけっこうあり、観光市場みたいなのもありました。


294

 そこを抜けると結構立派な神社があり、すぐ先が海になっています。カツオ漁の町、神様は大事にされそうです。


295

 堤防に上がって久礼の海を眺めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »