« 2017年12月10日 - 2017年12月16日 | トップページ | 2017年12月24日 - 2017年12月30日 »

2017年12月22日 (金)

普通の韓国を探して6468 操心ハシプシオ、ハルモニ。

543

 ソウル駅西部駅(西口)です。帰り、空港鉄道を使う時は7時前にタクシーでここへ。食事をするときはもっと早くやってきます。

 ソウルの人も空港鉄道ならここと皆知ってるのでタクシーを降りる客多数。そんな中、停車中のタクシーをよけて車道中央寄りに行こうとする段ボール集めのおばあちゃん。 小遣い稼ぎか、それとも、ほんとうに生活のためか、小さなカートで段ボールだのを集めるお年寄りをたくさん見かけるソウル。

 少し前の記事で、「金持ちが金持ちらしく自由にふるまうソウル」とも書きましたが、ごくつましい生活を送ってる人もたくさん。もう少し富の分散が起きて欲しいと思う韓国好きの日本人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 割合穏やかな金曜日です

593

 おはようございます

 夜間診療の金曜日です。いつも通りフィットネスに行ってから朝食。今日はジョイフィットの風呂も柚子湯でした。 ここんとこ天気が悪くずっと医院に置きっぱなしだった自転車を回収すべく、バスでの出勤です。

 風もなく、気温は2度、新潟の冬にしては穏やかな曇りの朝でした。あれこれ雑務が溜まっていますので、院長は朝からばたばた働きます。正月まで10日も無いのが信じられない年末です。余裕があれば新しい記事をアップしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

普通の韓国を探して6467 似てるけど違う国

439

 この写真1枚でどこだか分ったらすごい。でも、簡単なヒントは、左奥に見える窓がたくさんのホテル建築。パソコンの画面なら「アモレックスホテル」って読めるはず。往十里の城東区庁の敷地内の公園です。

 池があって、水が流れるようになっていて、いろんな水生植物や稲なんかも植えられている公園です。

 最近は韓国の公園整備がどんどん進んで、新しい大小の公園がソウル市内にも作られています。ここも、前はただのベンチなどが置かれた区庁敷地でした。

 でも、写真にある、牛とその上で笛を吹く少年(?)の像。ちょっと日本人の趣味じゃありません。飲食店でも巨大な人形を店の前に飾ったり、「大きなものが好き」、韓国人の趣向、そんな傾向がありそうです。

 ともあれ、公園が増えるのは、いい事です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

2017年12月20日 パップダパッパヨ

552

 おはようございます

 休みですが、用事で出てきています。午前中はばたばた雑務。午後は家で電話番。まぁ、できることから片付けましょう。

 やらなきゃならないことをいらない文書の用紙を二つ折りにして白い面を表にしてクリップで束ねたのにメモしていますが、終えた用事を消して、たまに新しく整理して書いて、、、なかなか役に立っています。

 同時に、歯科医師会の連絡文書、広告関係だのだの、じっくり読まないでいい印刷物の紙がまだまだたくさんあるのにも気づきます。電子メールはかなり普及しましたが、まだまだ世界は紙社会のように感じます。

 写真はソウル駅西部駅(西口)、「楊平ヘジャンクッk」という24時間営業のスープ料理専門食堂の入り口。鉢植えがいくつか。

 いつも、いつの時でも心の余裕を持っていたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

普通の韓国を探して6466 古い地図が好き4

466

 オープンデイの一気更新、最後は、、、ソウル駅前でした。

 今は延世財団の立派なビルが建っている場所。昔は延世大病院だったのは前にも書いています。あれ?と思ったのは退渓路を渡った側にも病院(病棟)という表示。大宇ビルの裏手も延世大セブランス病院だったんですねぇ。

 余談になりますが、このソウル駅と南大門の間にも遊郭があったという話、前に書いています。ハンギョレ新聞、週刊ハンギョレだったか、特集記事をまとめた日本語訳のシリーズ「新韓国読本」の記事で知った話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6465 古い地図が好き3

464

 今度は鍾閣交差点でした。前にダニエル黄さんに教えていただいた、和信百貨店、「鍾路タワー」と今の建物の名前が書いてあります。

 その向かいも新々百貨店というのがありました。ヘジャンクッコルモク、清進洞の斜めの通り、ソウルホテルがあった古い通りはわかりますし、鍾閣角から裏道みたいなのを入った場所に韓一館だったか、古い大きな食堂があったのは知っていますが、その後大きく変わってしまったのが、この区域です。

 何度か書いている鍾路タワーの脇から寛勲洞へ入る斜めの道はちゃんと掲載されています。火事のあとの再開発で、、、まさか道は変わってないとは思いますが、、、わかりません。

 90年代、初めて行った里門雪濃湯も、この当時から細い裏通りにあったのでしょうね。変わらないのは今もたぶん同じ場所のYMCAです。映画「将軍の息子」の時代からあそこだったのでしょうから。

 右下の一角、貫鉄洞の町は、もしかしたら道路の区画は今も一緒かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6464 古い地図が好き2

463

 今度は鍾路の起点、今の光化門広場のあたりです。

 北東角には有名な教保ビルがありますが、まだ古い町の状態。記念碑は、ありますね。

 南東角にある東亜日報は一部、今も古い建物が残されていたと思いますが、古いのも少しあったはず。 何度か利用してる光化門郵逓局は今も同じ場所です。

 西側の東和免税店のあるビルのあたりは映画館だったのかな?少し道路も変化してるようですが、朝鮮日報は変わりません。

 大きく違ってるのは右下。外務部(外務省)がこんな場所にあったんですね。今はソウルファイナンスセンターになってるあたりかな。ずいぶん前にできた大きく立派なビルですが、テナントが全部入ってるかちょっとわかりません。工事中のことも、、、ちょっと記憶にありませんね。消防署ってのも、今は無かったと思います。

499

 西側から見た光化門広場(交差点)の写真がありました。左向こうが教保生命、古いビルが旧東亜日報。角にアールのあるビルが現東亜日報本社です。これができたのも、、、ずいぶん前になりましたねぇ。光化門郵逓局も新しいビルになってましたね。わかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6463 古い地図が好き1

465

 ソウル歴史博物館の展示だったと思いますが、ソウル市電があった時代の地図がありました。どこだかわかりますか?

 「朝興銀行」、「商銀支店」とあって、右斜めに走る水下洞の古い不規則な道。急に出現する川。 ソウルのど真ん中、乙支路1街と清渓1街のあたりの地図です。

 朝興銀行は黒い大きなビルで同じ場所にありますし、商銀支店というのは文字が加えられていますが、ウリ銀行の古い建物の支店として現存しています。

 あとは、懐かしい河東館の韓屋の店舗、水下洞の「水」の字のすぐ左のあたりにありました。清渓川も高架道路ができる前。廣橋より下流は自然の川だったのでしょうか?

 古い年鑑などでは、無許可のパンジャチプ(板子チプ)、貧しい人の掘立小屋みたいな家が集まっていたと言いますが、そんな時期のものなのかもしれません。

 こんな頃のソウル、見たかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6462 ソウルでの楽しい場所の一つ

488

 私が大好きな場所、ソウル歴史博物館の中にあるソウル市の立体模型地図(?)です。かなりの規模で、周囲を回れますので楽しめます。あ、地図好きの方ならば、ですが。私なら30分見てても飽きません。

 1枚目、恩平区上空、北西から見たソウルです。
489

 地図で確認しました。スユリを上空から見たあたりです。

 中央上下に走る道が道峰路、私が言う議政府街道。上の端の交差点が、旧ミアサムゴリ、現サゴリ。大きなタルトンネがあった下月谷洞の山のアパート群もその左に見えています。

 中央下から左上へ流れる川が牛耳川ですね。


490

 自分の好きな場所、関連のある場所を撮ったはずなのですが、写真ではどこかすぐにはわからず。


491

 同じ場所、左上に見える漢江で大体わかりました。左下から上へ流れて漢江に注ぐのが中浪川でしょう。右上からぐるりと回ってそこに合流するのは9街あたりから方向を変えて南へ流れる清渓川です。

 往十里のビジョンホテルに泊まっていたので、そのあたり。写真中央部、往十里駅と城東区庁、駅に隣接した屋内ゴルフ練習場が大きな四角い建物です。
492

 方向を変えて同じ部分。合流部上のビル群は漢陽大学校。3棟の高層マンションは「ソウルスプ(=森)・ザ・シャープ」という新しいアパートのようです。

 新しい建物が増えるソウル、この展示もちょくちょく作り直す部分が生じてしまいそうです。

 ソウル市内中心部、光化門広場からもすぐ。寒い日、暑い日も楽しめるソウル歴史博物館、韓国好きの方にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6461 黄鶴洞から中央市場へ

395

 新堂駅2号線の手前から左へ、黄鶴洞へ入ります。家具だの厨房設備、機器の店が多い町です。市場として開発された町であるためか、小さな公園があったり、道路は割合規則的、地図を見るとそんなのがわかります。遠くの山は高麗大のある山かな?
396

 中央市場へは右へ行かないといけません。すぐに中央通路のアーケードの屋根が見えてきました。
397

 この写真、もしかしたらアップしてたかも。猫も日陰で暑さをしのぐ8月です。
398

 周囲はどんどん再開発が進みます。中央市場の一角はどうなのでしょう?
399

 これがわからなかった。ネギの根の部分でしょうか?かなりたくさん。洗って、干して、薬にでもするのかな?さすがに豆もやしの根っこは捨てますが、野菜、魚、大事に全部食べる、そんなのは韓国の食事の長所かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

普通の韓国を探して6460 男子は乗り物が好き

875

 昨日に引き続き、消防、救急車と地下鉄駅の写真です。鉄道、車、船、用事の時から男性はそういうのが好きになると言いますが、私も、今でもそうです。

 場所はソウル市庁前、ソウル広場に面した地下鉄駅入り口。「乙支路入口」とありますが、「市庁前」駅とのほぼ真ん中になります。消防車が停止していました。


876

 そのすぐ前には救急車が停車中。何があったのでしょう?

 面白いのは少し前の往十里駅前の119救急隊の車は黄色と白だったのがこちらは赤と白。消防署毎に違うのかも。

 韓国の消防署を回って、消防車、救急車の写真を集める。そんなのも面白いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6459 ソウルは面白い

392

 新堂という地下鉄駅入り口の案内票、薬水の方へ行く道と往十里キルの交差点。有名なトッポッキコルモクは正面裏手のあたりになります。右手は東大門市場、2号線の新堂駅というよりも、6号線の新堂駅の上にいることになります。


393

 ほぼ同じあたり、中央市場の方へ歩き出したら、白い大型車が。日本でも普通のセダンは、あ、大都市では見かけることもあるベントレーの、でも、2ドアです。

 昔の、ロールスロイスと一緒だった時代に比べれば手頃になったとはいえ、庶民には手が届かない高級車、ソウルではよく見かけますけど、2ドアのは初めて見ました。

 どっちかと言えば下町とも言える黄鶴洞でもこんなのが、、、ソウルって、ま、東京もそうなのかもしれませんが、大都市なんですねぇ。


394

 中央市場の方へ歩き出すと、また高級車。マセラティ。

 お金がたくさんあっても、どちらかと言えばお金持ちに見えない方向を好む日本人。反面、韓国のお金持ちはお金があることをアピールするのをためらわない。そう思います。

 90年代は個人でも「運転手」を抱えるお金持ちが多かった韓国。流石に、最近は減ってはいますが、「富者が冨者ダpケ(のように)振舞う国」が韓国です。

 ある意味、天真爛漫、無邪気、素直、開けっぴろげ、そんななのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

普通の韓国を探して6458 「鶴サンマ」=さより

429

 写真はイメージ、新堂の中央市場です。地下にはちょっと寂れ気味の刺身屋街、中央通路にはいくつかの魚屋があります。

 魚が大好きな私、韓国での魚の呼び名など、たまに調べたりしています。面白いなと思うのが日本でもこれから春にかけて時期になるサヨリ。佐渡の両津、加茂湖の入り口でたくさん群れていたりを見てますので新潟でもけっこう獲れるのでしょう。

 で、韓国での一般的な呼び名、サヨリを「ハkコンチ」と呼びます。「ハk」は漢字で「鶴」。「コンチ」はサンマです。 鶴のようにくちばしが長いサンマに似た魚ということで「ハッコンチ」、何だか面白いなって思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6457 江南高速ターミナルにて

391

 顔をぼかしていますが、高速ターミナルの食堂だのが集まる広い通路。真ん中をおばさんが「ずんずん」という感じで歩いておられます。

 何を撮影したのか忘れましたが、やけにアジュマの存在感が大きな1枚になりました。

 韓国で最強の人間は「アジュマ」と言いますが、何だかそんなのが上手く表現できた1枚になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6456 スイカ牛乳

570

 韓国人も牛乳が好きな人が多いのかな?いろいろ味を加えた加工乳というか、乳飲料は日本よりもいろいろあるかもしれません。

 有名なのは観光客にも人気になったそろばん玉型容器のバナナ牛乳。何度も飲んでいますが、まぁ、飲めます。

 今回の写真の赤いボトル、絵でもわかるように「スバク牛乳」、西瓜牛乳です。もともと私、日常はほとんど牛乳を飲まないので試したくありませんでしたが、どんな味がするのでしょう?

 爽やかで後に残らない甘さがいいスイカ。しかし牛乳に合わせるとは、、、やはり何でもやってみる韓国らしい製品だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月10日 - 2017年12月16日 | トップページ | 2017年12月24日 - 2017年12月30日 »