« とうちゃんの自転車日記1352 昨日の市内ウォーキング | トップページ | とうちゃんの自転車日記1353 正月ウォーキング1 »

2018年1月 6日 (土)

普通の韓国を探して6475 やっぱり韓国って大胆というか

251

 前にもちょっと触れたかもしれませんが、何度か泊めてもらったことがあるハルモニのお孫さん、というか食堂アジュマ3の娘さん、初等学生ながらフィリピン、セブへ英語習得のための留学中です。

 写真は1年ちょっと前だったかな?倉洞駅そばのテジカルビ店で順番待ち中のもの。4年と2年だったか、どちらも女の子。お姉ちゃんが隠れてしまってますが、もうすぐ行って1年になります。

 拙い聞き取り能力ですので1月末から新学期まで1月くらいの短期留学だと思っていたのですが、その後の話では年単位。なかなか日本人でそこまでやるお家は少ないのではないかと思います。

 感心したのはネイバーのカペ?ほぼ毎日いくつかの記事で、学習の様子や予習復習、学校行事、そして、食事や休日のレクリエーションなんかの様子が報告されていること。流石はコンピュータ社会の韓国だなって感じます、

 吸収の早い10歳前後の小学生。普通の韓国の勉強もしながら英語社会の小学校に通って、宿舎でも勉強して、、、大変そう。 英語が身に付くのはほぼ確実でしょうが、父さん母さんの経済的負担も大きいんだろうなって思います。

|

« とうちゃんの自転車日記1352 昨日の市内ウォーキング | トップページ | とうちゃんの自転車日記1353 正月ウォーキング1 »

コメント

子に財産として残せるのは教育だと固く信じてるんでしょうね。でもほんとに10歳前後の子供を語学留学というのは凄いです。遊びたい盛りでしょうに、留学先でも毎日遅くまで勉強なんでしょうか。それも一人で。英語圏で生活すれば普通にしていても英語は身に付くと思いますが。私なんぞはせめてお母さんと二人で留学生活できないものかと思いますが甘いのでしょうか。

投稿: kagari | 2018年1月 6日 (土) 20時13分

留学するしないに関係なく韓国の子供、多くは勉強で大変なようです。英語、数学(?)、バレエ、水泳、あとは何やってたかな?「私教育費」がものすごく、お金を出せる家庭、出せない家庭の格差が、とか新聞などでもしばしば記事を見かけます。 ともあれ、子供への投資は日本以上でしょうねぇ。

投稿: おとう | 2018年1月 7日 (日) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66246313

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6475 やっぱり韓国って大胆というか:

« とうちゃんの自転車日記1352 昨日の市内ウォーキング | トップページ | とうちゃんの自転車日記1353 正月ウォーキング1 »