« 2018年2月4日 また強い冬型に | トップページ | とうちゃんの自転車日記1362 115系が激減した新潟地区 »

2018年2月 4日 (日)

普通の韓国を探して6502 旧字体漢字

233_5

 旧忠州農業、現忠州国原高等学校の校門にある古い門柱です。1930年と言うことは昭和5年の創設。日帝時代からの伝統校なのでしょう。「学校」という文字が旧字体の「學」になってますね。

 地図好きの私、韓国の地図帳は古いもの含め数十冊。中には漢文版もいくつかあります。韓国も本来は旧字を使う国。でもほとんどはハングル表記。漢字を勉強しようと言っても複雑で画数の多い旧字だとおっくうになるのもわかります。

 思いつきやすい、ここでも何度か書いてるのは「蠶室」、「市廰」、あとは、、、「鬱陵島」、これは日本語も一緒か。上記「国原」も「國」だったと思います。

 韓国語にも残ってる日本語があるのだし、適度に簡略化された日本の漢字、勉強しやすいとは思うのですが、意地でも日本の漢字は使わないぞ、なんて意見もありそうな韓国です。

|

« 2018年2月4日 また強い冬型に | トップページ | とうちゃんの自転車日記1362 115系が激減した新潟地区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66356029

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6502 旧字体漢字:

« 2018年2月4日 また強い冬型に | トップページ | とうちゃんの自転車日記1362 115系が激減した新潟地区 »