« 普通の韓国を探して6515 西面楽器商街もあった | トップページ | 普通の韓国を探して6517 ラッピング車両はあるけれど »

2018年3月 2日 (金)

普通の韓国を探して6516 今もあるのかわからないもの

404

 2年前の写真、昌慶宮路とマルンネキルの交差点です。正面は中区区庁、広めの歩道上に電話ボックス(?)が置かれています。

 よく見てみると移動式?どうも固定されていない感じで、電話線は左上に繋がっていますが、何でこんな場所にあるの?という配置だと思いませんか?

 90年代、家との連絡にはあちこちにあったカード式の公衆電話でやっていました。携帯は持っていましたが、簡単に国際電話ができなかったのか?それとも料金の点からか?今もカード、どこかにあると思いますが、上手く度数を読んでくれなかったり、、、故障も多かった記憶があります。

 日本同様、携帯の普及により公衆電話は激減。「跡」だけ残っていたりする風景もあちこちで見られます。この公衆電話、今もこの場所にあるのかなぁ?多分無いだろうなぁと思います。

|

« 普通の韓国を探して6515 西面楽器商街もあった | トップページ | 普通の韓国を探して6517 ラッピング車両はあるけれど »

コメント

カード式の公衆電話:
 私も、このカード式の公衆電話を使って、日本の家との連絡に使っていました。
 90年代中頃のこと、買ったばかりの1万Wのカードが、電話を切っても、戻ってきませんでした。何度、受話器を置いても、戻ってきませんでした。「なんだー、この機械は!」と思いました。

投稿: shunshun | 2018年3月 7日 (水) 22時41分

コメントありがとうございます
 韓国の公衆電話、3種類くらいあって、カード式が一時は隆盛でした。お話の通り、まだ度数が残ってるのに読み込んでくれなかったり、カードを飲み込んだままになってしまったり、、、ちょっとなぁ、と感じることがしばしばありました。
 そのせいか、ここでも記事があったかな?「故障修理中」という札が機械の横に用意してありました。みな泣き寝入りしていたのか、、、それとも在住者はどこかへ持って行けば払い戻しできたのか? どうだったのでしょうね。買ったばかりの10000Wがダメだったのはかなりショックでした。
 当時から電子立国っぽかった国なのに、公衆電話はちょっとはっきり言ってぼろかったなぁって思いますよね。

投稿: おとう | 2018年3月 9日 (金) 09時05分

いやあ,気になったのでストリートビューで見てみましたら,なんとなんと,2017年6月撮影時点で,この電話ボックスしっかりと写っていますよ。たぶん,今もあるんじゃないでしょうか。あり得ないことがあり得る韓国ならではの一例かも。

投稿: さいとう | 2018年3月18日 (日) 21時08分

コメントありがとうございます

 しかし何でこんな歩道上に公衆電話があるんでしょうね。みんな携帯を持ってると思うんですが、韓国。中部市場が近いのも関係あるのかなぁ?背中すぐが中部市場です。

投稿: おとう | 2018年3月19日 (月) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66451534

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6516 今もあるのかわからないもの:

« 普通の韓国を探して6515 西面楽器商街もあった | トップページ | 普通の韓国を探して6517 ラッピング車両はあるけれど »