« 普通の韓国を探して6520 ソウル地下鉄2号線にて | トップページ | とうちゃんの自転車日記1371 札幌駅あたり »

2018年3月 6日 (火)

普通の韓国を探して6521 「輸入」の「輸」の字の音読みは?

520

 草韓国語、私の韓国語は学院ではなく、黄鶴洞のポジャンマチャだの、実際に日本語がわからない人との会話で育ったとも言えます。ですので、文法的にはまだまだ。先日教えていただいたように語尾変化だの、まだまだいい加減です。

 変なタイトルですが、輸入、輸出という漢字語、たぶん新聞とかで覚えたのだと思いますが、「スイp」、「スチュル」と言います。出と入、これは漢字ですが、日本語の「輸」がどうして「ス」になるのか?何だか不思議に感じます。

 漢字の音の読み方、日本語と韓国語でほぼ規則的な感じ。韓国語学院の先生も、授業の時にそんなのを利用して教えてくれたりもします。

 「ユ」と日本語で読む漢字は、コンピュータの辞書だと、油、湯、由、癒、柚、だの。このうち、「湯」は訓読み?で、탕ですが、他は多分、みな유だと思います。「輸入の」輸は、なんだか規則的でないように思えますが、スイプ、スチュルなんですよね。

 写真は河霜さんにご馳走してもらった時のカルビチプの入り口。メニューがここでも紹介されていますが、牛肉はアメリカ産かニュージーランド産が中心のよう。輸入肉は「スイpコギ」って言います。

 私が子供の頃は肉=ご馳走。しかも、牛肉となると、今でもそうですが、国産牛肉は値段が高め。月に1度も牛肉は食べていなかったと思います。それが、いつ頃からだったでしょう?80年代くらいかな?アメリカや豪州産の牛肉が国産の半分以下の値段で輸入されるようになり、一気に身近になりました。

 最近、年のせいか嗜好も変わり、真白いような高い国産高級牛肉よりも赤身の美味しさが好きになりました。医院のそばにも「ブロンコ」というアメリカ牛の店があり、1000円ちょっとでで気軽にランチステーキが食べられるのは嬉しいことです。

|

« 普通の韓国を探して6520 ソウル地下鉄2号線にて | トップページ | とうちゃんの自転車日記1371 札幌駅あたり »

コメント

いつも興味深く拝見しております。
輸入、運輸の「輸」ですが、漢和辞典で音を調べると「ス、シュ」となっています。「ユ」は慣用音だそうです。韓国音の「ス」のほうがChinaの音に近いのでしょう。
以前、私もしっくりこなくて、韓国で日本語を教えていた知人に教わったことでした。

投稿: Mauno | 2018年3月11日 (日) 08時48分

コメントありがとうございます
 教えていただいて、私もネットで見てみました。「ス・シュ」でいいのですね。納得です。
 ここでも何度か取り上げていますが日本の漢字語、ちょっと簡略化したり、当て字にしたり、けっこう日本だけの言葉もあります。韓国の方が元の中国のものを色濃く残している、そんなのの一つなのでしょうね。
 ずいぶん前に亡くなった父は「菓子」のこと、「くゎし」と言っていましたねぇ。

投稿: おとう | 2018年3月12日 (月) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66465704

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6521 「輸入」の「輸」の字の音読みは?:

« 普通の韓国を探して6520 ソウル地下鉄2号線にて | トップページ | とうちゃんの自転車日記1371 札幌駅あたり »