« 2018年4月10日 断捨離の私だけど | トップページ | とうちゃんの自転車日記1386 旧旧17号で宮内町を歩く »

2018年4月10日 (火)

とうちゃんの自転車日記1385 旧旧国道17号線から旧国道17号線へ

061

 宮内駅前の交差点まで戻ってきました。今まで歩いてきた道をまっすぐ、駅前通りを突っ切って歩きます。


063

 1枚目でも見えていたでしょうか?道路の陸橋が線路を越える場所。そして歩いてきた道は斜めに信越本線の線路に突き当たります。

 何で旧旧17号線だったかというと、ここに斜めにかかる大きな長い踏切があり、それが国道の難所になっていたから、新しく旧17号線ができたのです。新しい、とは言え旧国道17号は写真の左手、数百メートルを走っています。


064

 鉄道を斜めに渡る踏切。実際に見たことは無いのですが、かなりの長さになります。また、新幹線の無かった時代、鉄道が長距離輸送の主役だった時代、上越線と信越線の列車が通るこの踏切、かなり閉まっている時間が長かったのでしょう。

 ということで、旧17号線ができ、この旧旧17号線はここで分断されてしまったのでした。歩行者と自転車は右手に見える地下道で向こう側へ行くことができます。


065

 来た道を振り返っての1枚。直角とは程遠い角度で線路に交叉していたことがわかります。かなりの長さの踏切、見たかったなぁ。


066

 地下道を越えて向こう側へ。3枚目の写真の左端のあたりに出ました。旧17号線はこの先、歩道橋が見えるちょっと先を左右に走っています。


067

 もう一度振り返っての1枚。宮内駅前からまっすぐに旧旧17号線が走ってきて、ここで線路と斜めに交差していたのがわかります。


068

 陸橋をくぐって、また、旧旧国道17号線をたどりましょう。やはりまっすぐに続く、昔にしては広くていい道だったのでしょう。ちなみに、線路のこちら側も町名は宮内。昔は長岡市と別の街だった宮内が鉄道で分断されてしまったのがわかります。ここへ来てみたかったのでした。

|

« 2018年4月10日 断捨離の私だけど | トップページ | とうちゃんの自転車日記1386 旧旧17号で宮内町を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66595370

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1385 旧旧国道17号線から旧国道17号線へ:

« 2018年4月10日 断捨離の私だけど | トップページ | とうちゃんの自転車日記1386 旧旧17号で宮内町を歩く »