« とうちゃんの自転車日記1400 初めて乗る列車、初めて行った駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1402 五十嵐川の橋を越えて »

2018年4月28日 (土)

とうちゃんの自転車日記1401 三条駅から三条の中心部へ

012

 水原から新津へ戻った後は長岡行きの信越線に乗車。長岡まで行きましたが、前回も長岡を歩いたので、ちょっと待って折り返し、三条駅で下車です。

 昔からの鉄道の中心地は弥彦線の接続駅である東三条。特急とき号の停車駅も東三条でした。その長岡より、五十嵐川かな?鉄橋を渡った場所に三条駅があります。前にも一度降りて歩きましたが久しぶりの三条市を歩きました。三条駅前から旧三条市街の中心部、北三条駅方面への道です。

 左の小さなビル、写真では小さくて醜いですが「ドライブスルー」だの、窓にカットシートで表示が。さて、何のドライブスルーだったのか?近づいてよく見ましたがわかりませんでした。


013

 これも、こんなのあるんだ?と思っての1枚。酒の自販機に免許証を入れて年齢を確認する機械が付いています。そんなの無しでも買える機械があると思うのですが、真面目なご主人なのかなぁ?酒屋さん。

 機械の故障で免許証が食べられてしまったら困りますよねぇ。


014

 お蔵のような建築。窓には鉄格子。入り口は小さいけど、、、何だったのでしょう?ちょっと高い金属製品の倉庫でしょうか?

 県央の燕市と三条市、金属加工で有名な場所ですので。

015

 こちらも鉄格子が入った窓を持つ古いけど立派なお宅。


016

 やはり金属加工をやっていた方のお家のよう。2ケタの電話番号が伝統を示しています。お蔵のような倉庫も、こちらの会社のものだったのかもしれませんね。


017

 少し上りになって、五十嵐川の橋があります。ここを渡れば昔からの三条の中心部です。



|

« とうちゃんの自転車日記1400 初めて乗る列車、初めて行った駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1402 五十嵐川の橋を越えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/66658604

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記1401 三条駅から三条の中心部へ:

« とうちゃんの自転車日記1400 初めて乗る列車、初めて行った駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1402 五十嵐川の橋を越えて »