« 普通の韓国を探して6544  野良猫、見なくなってきましたねぇ | トップページ | 普通の韓国を探して6546 ケンチャナヨで12時前にチェックイン »

2018年7月25日 (水)

普通の韓国を探して6545 中央線塔里駅(義城郡城内面)

303

 釜田7時20分発の清涼里行き無窮花号列車、ほぼ定刻で10時半過ぎ、塔里駅に到着です。とても低いホーム。ホームが無いみたいに見えます。

 下車したのは慶州から乗ったお母さんと娘さん3人、日傘の女性、私、後ろにアジョシが1人の合計7名。長距離の急行で、釜山から蔚山は通勤列車でもあるので7両編成でしたが7人しか降りません。

305

 写真を撮りながらの私、ちょっと遅れて駅舎へ。先頭の4人はお母さんの実家への里帰りのよう。お母さんが持つ黄色い袋は手土産かな?


310

 三角屋根が多い韓国の田舎の駅ですがここは新しいタイプでした。線路を横切って改札に至ります。


312

 ゴミひとつない清潔な駅、駅員さん1名。上下4往復くらいが停車する小さな塔里駅、古い足踏み式のオルガンが置いてあり、私が来たと一緒にお母さんがオルガンで「故郷の春」を弾き始めました。ちょっとジーンとくる場面です。

 赤ちゃんを抱えた女性は迎えに来た妹さん?実家のお嫁さん?女の子3人が重なってなければまるで映画の一場面みたいな写真になりました。


314

 駅前の様子です。店は一件もありません。韓国の田舎の夏らしい写真になりました。

|

« 普通の韓国を探して6544  野良猫、見なくなってきましたねぇ | トップページ | 普通の韓国を探して6546 ケンチャナヨで12時前にチェックイン »

コメント

おつちゃん暑中お見舞い申し上げます。
こちら旧小名浜測候所の予想最高気温は27℃で、久々暑さから解放です。

この駅のオルガン、韓国映画に出てくるようなシチュエーションを思い起こさせるようで、良いですね~
これを読んで、NHK BS1の「空港ピアノ」を思いだしました。

投稿: Kelly | 2018年7月25日 (水) 11時10分

おはようございます!
駅舎のオルガン。そしてそれを弾く3人娘のお母さん。なんかストーリあるらしい風景。駅前の真夏の田舎の様子もいいです。どこから蝉の歌声が聞こえてくるようです。まるで私の故郷みたいです。いい写真, ありがとうございます。

投稿: 河霜 | 2018年7月26日 (木) 06時24分

まだ,この地方は行ったことがないんですが,今すぐにでも行きたくなりました。一日に数本もない駅でも,しっかりと駅員がいて,営繕がされているところは,すばらしいですね。また,このオルガンを弾く光景,いいですねー。小さな駅でも,中に本が置いてあったり,ピアノやオルガンがあったり。しかもそれが飾りとしてでもなく,かといって,見せびらかすのでもなく,フツーに,誰でも弾ける環境,大事ですね。

投稿: | 2018年7月26日 (木) 13時11分

↑名前を入れ忘れました。これからも,よろしくです。

投稿: さいとう | 2018年7月26日 (木) 13時13分

たまたま出会った映画のような場面、こういうのを「旅行福」って言うのでしょう。曲がまた、新潟韓国教育院でチョデヒョン先生が同じような足踏みオルガンで弾いてくださった名曲でしたので。
初等学校の先生、みなきっと弾けるのでしょうねぇ。韓国の童謡。

投稿: おとう | 2018年7月27日 (金) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6545 中央線塔里駅(義城郡城内面):

« 普通の韓国を探して6544  野良猫、見なくなってきましたねぇ | トップページ | 普通の韓国を探して6546 ケンチャナヨで12時前にチェックイン »