« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火)

2018年10月30日 関東へ

002_5


 おはようございます

 フィットネスへ行って朝食、車で出てきました。ときどきすごい降りになりますが、今は小康状態。駅までは大した距離じゃないのですが、濡れると困る服装。かといって傘は邪魔になるので持って行きたくありません。雨が上がった時間をうまくつかまえて出発しましょう。

 行先は関東地方。三日間晴れの予報。こちらはずっと曇りだの雨だのの予報。もう冬型気候が始まっていますね。

 それじゃ、もうすぐ出かけましょう。行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

とうちゃんの自転車日記1521 久しぶりの佐世保

472

 平地が少ない長崎県、長崎市の風景も有名ですが、佐世保も似たようなもの、平地が少なく、国道と鉄道が通るだけ。場所によってはかなりの山の斜面にまで家々が建っています。

477

 久しぶりの佐世保駅前。向こう側のホテルの1階は西肥バスのバスターミナルになっています。90年代前半まで、古い古い地下街というか、食堂が並ぶ薄暗い地下道がありましたが、どんどん変わりました。


478

 今回の宿、東横インも駅前広場左手にできていました。昔はここ、なんだったかなぁ?思い出せません。

 また、駅の港側も昔は何もない感じだったのに、高速道路と大きな道ができて、きれいな港へ直行できます。25年以上、ほぼ毎年、多い年には複数回行っている佐世保市もどんどん変わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

2018年10月28日 仕事の日曜日です

029

 午前中は雨が降ったり止んだり、けっこうな降りの時もあったので車で出勤です。お昼休みも傘をさして昼食を取りに出かけましたが、今は日が射しています。でも、ここんとこ、冬の予感を感じさせるような天気の新潟、タイヤ交換だの、年賀状準備だの、冬支度の事も考えないといけません。

 午後もしっかり、夕方まで働いて、明日も夜間診療。でも、明後日からちょっと学会出張で出かける予定。そんな非日常、楽しんで来ようと思います。 更新を休み期間がちょっとあること、ご了承ください。

 写真は何年か前の今頃の写真、医院のあるけやき通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1520 早岐駅で乗り換え

468

 早岐駅です。ハウステンボスへは直進、佐世保へはここから写真の方向から左へ、バックすることになります。 本数が多い特急ですが、ハウステンボス行きだったためここで私は乗り換え。でも、ローカル線でもよくできていて、すぐに長崎方面からの大村線経由佐世保行が接続しています。
471
 これが佐世保行の気動車。キハ66とかだったかな?もしかして強力型のキハ65とかの仲間、旧急行用のやつかとも思いましたが、そうでもないようで、でも、旧国鉄色、鉄道ファンには嬉しい車両でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

普通の韓国を探して6605 2002年6月1日の写真

005

 7月の釜山イン、仁川アウトの旅の写真、整理できていません。というか、前は2か月に1度くらいは韓国のどこかへ行っていたのに、この2年くらい、訪問の頻度はかなり低下してしまっていますので、懐かしい写真を再掲。

 日韓ワールドカップの直前、韓国へ行っていました。場所はドゥーサンタワーだったか、ミルリオレの前のステージ。応援の練習風景ですが、今でも耳に残る「オー必勝コリア~」という歌初め、ワールドカップ関連の歌が韓国では常に流れていたような気がします。 チョスミさんだったか、ソプラノ歌手のやつもあったなぁ、、、

 あの頃に比べると、落ち着いたというか、好きな人は相変わらず韓国を楽しんでいるのでしょうが、一般的には、ま、こんなもんかというところ。ちょっと寂しい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1519 歩いて武雄温泉駅へ

402

 陽光美術館を見て、ちょうど良いバスが無いので歩きます。途中、こんな掲示が。磨崖仏とか、石仏とかは大好きなのでちょっと気になります。

 地元の人にも忘れられていた石像が大正期に山火事でまた現れて、というのがなかなかステキじゃないですか。


403

 しかし細い道に入ると夏の藪で道が、、、結局前畑先生のいる佐世保への道を急ぐことにしました。


404

 小さな川。魚がいるかな?と覗いてみる習慣あり。


405

 町に入り、温泉街の裏山を1枚。この武雄市、陽光美術館の裏山である御舟山もスゴイ岩峰だし、この温泉街の裏山もなかなか面白い岩山です。「ふしぎ山」というサイトは昔からお気に入り。岩山、尖った山、岩が好きな人にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

とうちゃんの自転車日記1518 次の目的地は美術館

392

 前にも書きましたが長崎本線、普通列車と特急の本数が同じくらい。ということで近距離であれば300円とかで乗れる特急が当たり前。高校生も乗り遅れたら特急で行く、そんな感じです。

398

 で、佐世保線の武雄温泉駅。前にもここ、中島宏さんの窯を見学に行った時に降りました。バスも同じですが、今回は中島作品があるかもしれない、途中の美術館へ。

 前はこんな工事、やってなかっとよなぁと思ったら新幹線の駅を作っているよう。長崎新幹線、今の長崎本線の走る海沿いではなく、どちらかと言えば高速道路の走る山の中をトンネルなどを多用して突っ切ってというルートのようです。

401

 市内を出るとすぐに目的地。残念ながら中島作品はこの時は展示がありませんでした。ですので見学はすぐに終わり。バスが無かったので帰りは歩いて武雄温泉駅へ向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6604 雑多なのが魅力

525

 何年か前から、こうなってしまいました。乙支路1街のロッテ前の露店というか屋台というか。中国人観光客が激増したころからかなっても思いますが、路上での商売、営業するなら決められた形の店で、ってことでしょう。

 何でもアリ、本当は路上での商売はいけないんだけど、庶民の小さな商売、見逃されていたのがだんだん厳しくなって、、、ソウル駅周辺、西部駅側でも歩道にしっかり露店の市場があったのを覚えています。 外国人観光客が多い場所から規制が厳しくなってるのは明らかでしょう。

 「韓国は先進国?」これは、韓国人からよく聞かれる質問ですが、みんな画一化されてしまうと、ちょっと魅力も低下してしまうような気がするのはたまに行く旅行者の勝手な考えなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

とうちゃんの自転車日記1517 JR九州の特急電車

387

 肥前鹿島からちょっと戻って武雄温泉、佐世保へ向かう電車からの写真です。最優先の鹿児島本線のお下がりでしょうか?やはり九州でしか見られないタイプの電車です。

 この写真を持ってきたのはつい先日の台湾での電車の脱線事故。亡くなられた方のご冥福を祈りますが、あの特急用電車もこんなデザインだったはず。親日国の台湾の新幹線が日本の技術だというのは聞いていましたが、在来線の電車も、たぶん日本製だろうなぁって思っていました。

 良かったなと思うのは、あの事故の原因は車両の故障とかではないという台湾側の発表を聞いたこと。大の韓国ファンの私ですが、韓国で日本製の電車が大事故を起こしたら、、、まさか事実を捻じ曲げることはしないとは信じていますが、もっと「日本が悪い論」が出てしまいそうだなと失礼ながら心配してしまいます。

 台湾も韓国も大好きなんですよ、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 ふと思ったこと 新の助=男性

038

 おはようございます

 消毒、滅菌した器材の片付けで出てきました。雨のち曇りの予報。路面はちょっと濡れています。

 で、タイトルですが、昨日のニュースで新潟県のコメとしてコシヒカリと新しい新之助と、どっちを売りにするのか?なんて話がありました。

 ずっと米の王者みたいに人気だったコシヒカリですが、なんかトップのランクから一つ下がってしまったとか。前々から新しい品種をと研究されてきた新之助が2年ほど前に市場に出て、今年もいろいろ行事もあったみたいです。

 で、ふと考えたのですが米の名前、新の助は男性の名前、でも、他には、あきたこまちだの、つや姫だの、女性の名前のが多いような気がします。名詞に性があるというフランス語では米、どうなんでしょう?

 いろいろ考えて決めた名前、「新の助」ですが、なんとなく、性別に関係づけた命名、ミスだったような気がしてしまう私です。写真は新潟平野の田んぼでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

とうちゃんの自転車日記1516 祐徳稲荷

383

 懸け造りというのは自然の崖や斜面を利用した建築の事。そればかりを紹介するHPとかもあり、私も好きです。

 有名な祐徳稲荷、あちこちで写真はいくらでもあると思うので1枚だけ。派手な色に塗られた稲荷神社で、奥之院だか、さらに山の上にもお宮があるとのこと。念願かなっての訪問です。
384

 驚いたのは休憩所にこんな、国際両替マシンがあったこと。福岡でもそうでしたが、外国人がとても目立つ九州です。大阪とかでは見たことありますが、新潟にはこんなの、たぶん無いでしょう。


380

 こちらは参道。左の店は有名な紙の筒に入って糸で切って食べる羊羹の店です。前の書き込みのおじさんの縁で小さい時から知っていました。


379

 そしてこちらも参道沿いにあった廃旅館でしょうか。昔からの参詣者、交通が不便だった時代には泊まる人も多かったのでしょう。平日の朝ですので、静かな祐徳稲荷、でも、行けて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6613 毎日こんなふうな退勤時間の江南

429

 韓国、市外バス、高速バス、市内バス、マウルボス、たくさんのバスが活躍しています。最近はカードでの乗車が普通。慣れない人でも案外簡単に利用できます。

 また、バス専用車路が各所にあり、一般車以上に速く走れますので、もう、バス無しでの移動は考えられない私ですが、場所によってはバスが多すぎて時間がかかる、そんなこともあります。

 その典型がこの江南大路。専用車線、大きな島式の停留所がありますが、とにかくバスが多い。信号が変わらないと停留所へ入れないのに、ずっとバスが連なって進めない。夕方のこのあたりに関しては早めに降りて歩く方が早いこともある感じです。

 でも韓国、バス好きにはたまらない国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1515 小さなバスターミナル

374

 九州行き3日目、目的地の佐世保へ行く前にちょっと寄り道。前から見たかった肥前鹿島の祐徳稲荷へ行ってみました。JRを一度乗り換えて肥前鹿島駅。先日亡くなった母の妹の旦那さんの出身地。どんな都市だろうと思っていたらかなり小さな町でした。

 佐賀市からのバスもあるようでしたが、JRの通しの乗車券があるのでそれを利用。一部、別に切符を買っての移動です。


375

 そして祐徳稲荷へのバスは「祐徳バスターミナル」から、とあったのでわかるかな?と思いきやJR駅の目の前にありました。四方を道路に囲まれた、小さいけれど機能的なバスターミナルです。

376

 中はこんなふう。やはり自家用車の利用が多いのか、あまり人はいませんでしたが、市内バスがちょくちょくやってきます。ちょっと待って、祐徳稲荷行きのバスに乗りました。

 タイの人気ドラマのロケ地になったとかで、タイ人かはわかりませんが外国人のカップルも見かけられました。懸け造りで有名な祐徳稲荷はまた別の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

とうちゃんの自転車日記1514 JR九州の電車

371

 佐賀から乗った長崎本線の普通列車、2両編成のワンマン電車でした。こちらでも普通列車にはよく乗りますが、ちょっとやはり違うデザインの運転室と、丸く配置されたつり革。

 前にも書いたけれど、行き過ぎの部分も無くはないですが、遊び心があちこちで見かけられます。面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1513 佐賀平野の農業

268

 2日目、鳥栖から佐賀への電車です。黒っぽい葉っぱの低い作物、最初はジャガイモかなとも思いましたが、大豆のようです。翌日、地元の人から聞いた話では、休耕田の多くに大豆が作付けされているとか。ちょっと他の地方では見られない田園風景でした。


423

 これは3日目の朝の写真。きれいな田んぼが広がっています。ただの田舎の風景と言えばそれまでですが、日本の農村地帯、世界的にも誇れる美しい景色だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

とうちゃんの自転車日記1512 美味しく食べてホテルへ

342

 海茸の一夜干しを楽しんだ居酒屋です。地元の人に大人気。1人で、開店早々の早い時間なので入れましたが、予約必須という様子でした。

 注文したのは、海茸一夜干し2人前、天然ウナギかば焼き、オマケで出してもらえたのがエツの唐揚げ、クエの刺身、鮪の皮の揚げたの、いい食事になりました。
352

 さて、ホテルへ帰る道。ここにも小さな堀がありました。町中、大小のこんなのが流れています、佐賀市。


353

 宿は駅前の東横イン。1枚目の右側も長崎本線の高架、ずっと線路沿いに駅まで戻ったことになります。


359

 どこも似ている東横インの部屋の写真は割愛。でも、ここ、駅のすぐ脇なのでホームがこんな風に見えました。

 古い町を歩けなかった佐賀市ウォークもおしまい。この旅行も後半に近づきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 小さなことでも喜べるのは幸福

174

 ビジネスホテルに泊まるといつも見る聖書の一節、テサロニケの手紙の一部についてはここでも何度も引用しています。

*いつも喜んでいなさい

*いつも祈りなさい

*どんな状況でも感謝しなさい

 似たような話はあちこちでありますが、いい言葉だと思います。

 昨日はいい天気だったので自転車で出勤。でも夜はかなりの降りの雨。結局外で夕食を摂って、バスの時間が合わなかったのでタクシーで帰宅しました。

 今朝もけっこうな雨で、車を使おうかとも思いましたが、自転車が医院にあるので回収したい。午後から雨が上がるという予報。ということでバスで出てきました。

 休日ですが、バスってちょっと遅れてやってきます。でも、バス停で待っていて乗る予定のバスが見えてきて、目の前の停留所で停まってくれる。これって何だか嬉しく感じます。見えてきて、停まってくれる。そして、休みなので悠々座れた。こんなのでも喜んでいるのはいい事ではないでしょうか?

 写真は高速バスウォークの帰りの郡山駅前。新潟まで乗せて、走ってくれる新潟交通のバスが入線してくるのも、ちょっと嬉しい一瞬です。乗り合いバスも好きな私ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

とうちゃんの自転車日記1511 佐賀市内を縦横に走る大小の堀

323

 さて、玉屋デパートを見た後は、早い夕食の場所、ネットで探した海茸一夜干しのある居酒屋へ向かいます。同じ道ではつまらないので駅前の大通りの1本西の裏通りを北へ歩きました。これは東西に走る堀です。


325

 こちらは進行方向、駅の方への道に沿う堀です。


330

 小さいものもたくさん


333

 駅近くで西へ方向転換。小さな橋と、


334

 小さな堀。ほぼ平らな佐賀市の旧市内、縦横に大小の堀が走る街なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 今日明日はちょっとバタバタ

004

 資料分析・診断準備やら技工やらに加え、ちょっと世話になった方へのお礼の準備だの、忙しい週末です。夜は雨という予報ですが、朝は好天。降ったら降ったで置いて帰ればいいので自転車で出てきました。朝方はちょっと寒いけど、ま、ちょうど良い季節でしょう。

 嬉しいのは今度の日曜は休み。ETC(ハイパス)の不具合も直ったので久々、車で新潟の秋を見に行くかななんても考えています。

 写真は新潟空港の空きスペース。ここ10年くらい、ロシア便が無くなり韓国便も減少でちょっと寂しくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

とうちゃんの自転車日記1510 古い町がほとんど無い佐賀市中心部

308

 玉屋デパートを見た後、周辺を見ながら駅の方へ戻ります。昔からの飲食店がぽつぽつありますが、やはり寂しさを感じざるを得ない佐賀市中心部です。

314

 このあたりの道は昔のままなのかな。

316

 元飲食店らしき趣のある建物。

318

 こういう曲がった道は古い町の特徴だと思うのですが、、、


320

 けっこう大きな神社の脇、長崎街道についての説明板。昔から長崎、重要な場所だったのでしょう。佐賀県の陶磁器とかもこの道で長崎へ、そして江戸へ運ばれたのでしょう。

 でも、どうも不完全燃焼の佐賀市歩きになりました。もっと時間をとれば、古い町、あったのでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

とうちゃんの自転車日記1509 「しらやま名店街」から玉屋へ

301

 北に向いたかなり立派なアーケードの入り口です。名前は「しらやま名店街」、白山神社とかに関係あるのかな?加賀の白山からはえらく遠い場所ですけど、、、別の名前でしょうか。


302

 そんな商店街入り口にも小さな水路が走っています。この有明海沿岸、柳川市までいかないでも、そんな堀や運河の多い場所なのでしょう。


304

 で、長いアーケード。ここも御多分にもれず、閑散としています。どっちかと言えば車が嫌いな私。応援したいけど、、、もうお客が戻るのは難しそうですね。


306

 短い方、駅前通り側の出口から出て、目指す玉屋へ向かいます。何で玉屋かというと、九州北部にいくつか支店がある玉屋百貨店の最初の店がこの佐賀市の本店だからです。

 この春に亡くなった人間国宝、中島宏さんのファンの私。地元のデパートの美術品コーナーに、作品が無いかなぁ、と思っての訪問です。独特の彫りを入れた青磁、断捨離の私でも、ちょっと欲しいなぁ、触ってみたいなぁって思っています。ロト福券でも当たったら、買うかもしれません。お時間のある方、「中島宏・青磁」で検索してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6612 不便になった新潟からの韓国

650

 ソウル駅西部駅=西口です。楊平ヘジャンクッで朝食を摂った後なのですが、この後7時前に行ったソウル駅の都心空港ターミナルでは事前チェックイン、事前出国サービスを断られてしまった話、書きましたっけ?

 飛行機の時間3時間以上前で、空港鉄道の直通列車の切符を買えば、荷物も預けられるし、出国の行列にも並ばないで済む、そんなだったのですが、今年の初めに仁川空港第2ターミナルができ、大韓航空はそっちに移動。ぎりぎりですが、新潟行きの763便、ちょっと間に合わなくなってしまったんです。

 しょうがないので、荷物を持って空港鉄道で移動。新しい終点の第2ターミナルへ行きましたが、セルフチェックインだの、搭乗口だの新しく変わっていたりして、どうもこの夏の訪問、ちょっとスムースさに欠ける旅行になりました。

 行き慣れた韓国、美味しい韓国、友人も多い韓国ですが、飛行機の減便だけでなく、こんな、空港の発着場所の変更でもちょっと行きにくくなってしまいました。

 次回、連休ができそうなのは来年2月かな。面倒なので自由時間は縛られますがツアーも考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1508 佐賀市中心部へ

296

 駅前からずっと碁盤の目のような区画の街が続く佐賀市。ずいぶん歩いて、やっと昔の道と思われる斜めに走る道路がありました。玉屋デパートはもうすぐというあたりです。


297

 道路の反対側に目をやると商店街アーケードの入り口が。当然、道を渡ってそちら側へ。

298

 地方都市を歩くと、寂れた商店街、どこでも見かけられます。ぱっと浮かんだのは高岡の大和の近くの街。ここもどうもそんな感じがします。

299

 入り口にはこんな川。ほとんど流れが無い、堀と言ってもいい感じ。佐賀県に入って、どうも平地には大小の堀がたくさん見かけられました。似ているのは岡山県の平野部かな。ちょっとアーケードを抜けて、玉屋へ行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

とうちゃんの自転車日記1507 佐賀市の駅前通り

283

 玉屋デパートを目的地にして駅から南へ歩きます。まっすぐな道、碁盤の目のような道路、どうも大きな区画整理が行われた町のようです。


286

 裏手、ちょっと入ったところには昔からの大きなお宅があったりしますが、大通り沿いは全部が新しい街という感じ。


287

 こちらも、ちょっと入った場所に昔からの大邸宅があります。城下町ですので、複雑な道、古い町、そんなのを期待していましたが、どうもこのあたりは違うようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事1013 日本だと800円とか

596

 同じ夕食、豚焼肉のときのものですが、韓国、焼肉を頼むとサービスでテンジャンチゲとか、こんなケランチム(茶碗蒸し)が出てきます。茶碗ならぬトゥッペギ一杯に、卵何個分くらいでしょう?日本式に出し汁がどうのとかではありませんが、薄い塩味で充分美味しいです。何よりもたっぷりなのが嬉しい、そんなメニューです。

 で、日本の韓国料理店でも、これ、あったりしますが、価格が780円だのそれくらい。材料代はうんと安い、まぁ、手間が中心の料理ですが、韓国だと無料で食べられるのが800円くらい。やっぱ韓国料理は韓国だよなぁってところです。

 キムチ盛り合わせ、ナムル盛り合わせも同じくらいするんですよ、日本の韓国料理店って。向こうに見えるプッコチュなんかも、もしかしたら250円とか計算する店もありそうですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事1012 分厚いサムギョプサル

591

 恒例の河霜さんとの食事会、この時は日本語学院の友達の方2名も加わって4人での夕食になりました。私の希望で豚肉、ということで新川の繁華街にあるコギチプでした。

 韓国で最もポピュラーな焼肉と言われるサムギョプサル、普通は薄く切った豚バラ肉をちょっとカリカリになるまで焼いていただくものですが、最近は厚切りで肉の食感を楽しむというタイプも増えています。

 豚バラ肉の厚切りと、とても大きなエリンギ、韓国だと「新マツタケ」です。

593

 こんなふうに外側を焼いていきます。
594

 韓国の人も「豚肉はよく焼いて」と言いますので、ある程度外が焼けたら鋏で厚めに切って、断面をちょっと焼いていただきます。

 薄い肉、厚い肉、それぞれの味わいがあります。でも、厚い方が「肉を食ったぁ」という気分になれますよね。美味しい時間となりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

普通の韓国を探して6611 日本と違う韓国の店

606

 ここでも何度か取り上げていますが、韓国、ちょっとした町には下着専門店があり、堂々としたディスプレイが目を引きます。日本だと、無くはないけど、、、そんなには無いはず。少なくとも新潟市にはありません。

 反面、市場とか、バスターミナルなんかにも中高年向けでしょうか?「万W均一」みたいに下着を山積みにした、、、全部がベージュ色みたいな店もあります。

 写真は新川の繁華街。男女ペアの下着セットもたくさんある様子。誰が買うのか???どうも日本人アジョシの私から見ると、気恥ずかしい気持ちが先に出てきてしまいます。

 日本人読者の皆様、いかがでしょう?贈り物に下着セットとか、、、経験おありでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1506 佐賀駅、下車するのは2度目

274

 みどり・ハウステンボス号で着いた佐賀駅です。いつも佐世保へ行く途中の通過駅でした。佐賀県、「影が薄い」とかいう評判ですが、滞在するのは初めて。ちょっと町歩きに期待してます。


278

 駅前広場は広くはないけどきれいに整備されています。人は少なめ。新潟のが賑わってるかな。バスは、、、どこから発着してるのか? 翌朝行ってみたのですが、駅の高架下、福岡寄りに割合新しいバスセンターがあるのでした。長崎本線の高架化によって駅と駅周辺が整備されたのでしょう。


281

 ホテルの位置を確認、チェックイン後に町歩きしましょう。駅正面の通りですが、やはり新しい、整備された道、町のよう。あまり時間はありませんが、とりあえずの目的地は玉屋デパート。大体の道を確認後、ホテルへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

とうちゃんの自転車日記1505 天安牙山駅&新鳥栖駅

257

 わからない人には面白くない話かもしれませんが、九州新幹線と長崎本線の接続駅である新鳥栖、韓国の長項線の天安牙山駅みたいな構成になっています。

 南北に走る在来線の駅(鳥栖・天安)が昔からの都市。そこから西に分岐する在来線。

 新しくできた高速鉄道は町中を通せないので市街地の西郊を南北に走ってる。で、西に分岐した在来線に新しい、高速鉄道の接続駅が設けられた。

 天安と鳥栖、都市としての規模は段違いですし、天安牙山駅の周囲は新しい街でアパートが群立。この写真とはぜんぜん違いますが、私にとってはあの天安牙山駅を思い出してしまった写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6610 廣蔵市場も観光地

568

 鍾路5街の広蔵市場、斜めの十字路周辺の屋台街です。ここでもずいぶん前から、日本人観光客がたくさん行く前から報告していますが、最近の主役はやはり中国人のお客さんのようです。

 写真は早い時間ですので、開店準備中というところですがお昼頃からはすごい人出になります。それとともに、、、やはり高くなった、90年代から通ってる古い客の私なんかはそう感じます。1皿10000Wから、そんなです。


567

 こちらは1枚目のつきあたりのへん。前は無かった公衆化粧室ができていました。屋台で飲食、、、長居しない韓国人に比べ、観光の人は長くいるのかも。やはりトイレが必要になるのでしょう。

 こんな時、仕事が早いのは韓国のいい所です。ちょうど立ってる人も中国人のグループ。年の割に気楽な格好の大人を含む中国人一家のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1504 こちらには無いダイヤ構成

248

 乗車券は博多から一筆書きで大分経由久留米、鳥栖、佐世保。途中、久留米で途中下車して早い昼食、柳川駆け足往復、遅い昼食。その後はこの日の目的地佐賀市へ向かうべく、普通列車で鳥栖へ。

 鹿児島本線は新幹線ができたためか、けっこう頻繁に普通列車が走っていましたが、長崎線に入ると昼間の普通は少なめ。特急と普通と、同じくらいの本数というイメージです。

 で、首都圏にもグリーン券の自販機がホームにありますが、このあたり、ホームに自由席特急券の自販機があるのです。短い距離であれば300円とかそれくらい。

 ということで、鳥栖から佐賀、短い距離ですが特急券を買いました。これくらいならいいや、という感じの値段です。


252

 やってきたのはハウステンボス方面への特急。やはりJR九州、ちょっとやり過ぎくらいに感じる車両のデザインですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

普通の韓国を探して6609 交通誘導員が多すぎる日本、手薄すぎる韓国

574

 ロッテ前、乙支路1街の大通り、真昼間に道路標示の描き直しをやっていました。赤い旗を持った交通誘導員がいるにはいますが、ここ、ソウルのど真ん中の交通量の多い通り。何だか危なっかしいなぁと思いつつの写真です。

 日本だと、工事をしてる人よりも誘導員のが多いような現場もあったり。いろいろ法律で決められているのでしょうが、ちょっと無駄なくらいに多く感じることもあります。


368

 こちらは再掲。東大門市場の清渓川路ですが、こんな作業でも誘導員無しでした。日本だとたぶん、必要だと思いますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1503 駆け足で水郷柳川訪問

223

 JR久留米→西鉄久留米でラミョン、次に向かったのは柳川です。前に来たのは何年前だろう?駅がすっかり新しくなっていました。

224

 ちょうどいい時間にバスがあり、昔の漁港でしょうか?水郷観光の中心へ向かいました。降りてすぐ、帰りの駅へ向かうバスの時間を確認して早足で目的地へ。


226

 前は冬の平日だったので誰もいない感じでしたが、秋の観光シーズンの連休の祝日、かなりの観光客がいました。半分近くが外国人?そんな感じです。


227

 前にも行ったことがある海産物の店へ急ぎます。目的は海茸の干物。首尾よく購入。またバス停へ取って返して久留米へ戻りました。

 帰ってきてから楽しみに食べてみましたが、不精してオーブントースターで焼いたのでえらく堅く、半分はまだ冷蔵庫です。この後夕食で食べた一夜干しのがやはり勝ちますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1502 西鉄電車

221

 西鉄電車の特急です。福岡から離れると15分おきくらいに普通と特急が交互に走っているようです。一部単線区間もあったと思いますが、昔の西鉄ライオンズを思わせる無骨で豪快な旧型電車の特急だったはず。とおもっていたら今回の訪問では新しい車両になっていました。

 私鉄、それぞれの個性があり、楽しいです。大都市の私鉄の電車のお古を走らせてる会社もあったり、、、 残念ながら新潟県は私鉄の鉄道は無くなってしまいましたが、地方歩きの楽しみの一つでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

とうちゃんの自転車日記1501 鳥栖駅の立ち食いそば

249

 九州の鉄道用地のひとつ、鳥栖です。鹿児島本線と長崎本線の分岐点。事実上の筑豊本線のターミナルでもあります。新潟県内ではほとんど姿を消してしまった立ち食いそばの店がホームにありました。

 九州のつゆのうどんとかそば、食べてみたいとも思いましたが、久留米で食べた直後だったので、残念ながら見るだけ。がんばって営業してる店、応援したかったなぁ。

251

 面白いのは、九州以外ではあまり見ない「かしわ(鶏肉)うどん、そば」があること。あと、丸天うどんがあること。酒があること。丸天はさつま揚げの丸いやつでしょう。九州っていいなぁって思いつつ、乗り換え列車を待ちました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

普通の韓国を探して6608 新川ふたたび

599

 河霜さんとその日本語学院の仲間2名、4人での夕食をしました。今回は私の番だったはずなのですが、4人いるので番外として割り勘での食事でした。

 新川の繁華街、大通りからはあまり見えないのですが、けっこう広い範囲で飲食店が集まっています。
602

 日本でもたまに見かける、エアコンプレッサーで空気を送って膨らませる看板。本来は公道上に置くのは違法なのだったと思いますが、韓国では、ま、普通に見かけられます。


603

 西にある韓国、テジコギを食べ終わってもまだ宵の口。真夏の写真でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1500 西鉄久留米駅

213

 こちらは何度か来ている西鉄の久留米駅です。けっこうバスも発着してて、どちらかと言えばJRの駅よりも人が多い感じです。福岡、天神の大きなデパート、岩田屋の支店もあるんですね。


214

 少し時間があったので駅の上の商業施設なんかも見物しました。


215

 これも駅前、バスターミナルの中にあったシェアサイクルのターミナル。台湾、韓国でも盛んだし、観光客も多いし、やはり九州北部、我が新潟県よりも先行してるなぁって感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1499 外国人観光客が多い特急

210

 初めて降りたJR久留米駅です。ほぼ満席だった指定席車から、早めにデッキへ向かうと、なんと自由席は車ほとんどお客さんがいませんでした。

 一緒に降りた日本人アジュマに話すと、その女性も指定券を買っていたけど混んでいる指定席ではなくずっと自由席で乗って来たとのことでした。

 ツアーの外国人観光客、座れないと困るので、ずっと前から指定席を確保していたのでしょう。こんな事ってあるんだなぁ、と思いました。

 外国人観光客が増えたとはいえ、新潟市、九州に比べると10分の1以下というイメージです。積極的に外国人に遊びに来てもらえるにはどうしたらいいのでしょうねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

2018年10月7日 技工・掃除、ひと段落

012_2

 うちも今日は休み、日月の連休です。院長だけ、トリマー下の掃除だの、技工だの、消毒滅菌した器材の片付けに出てきましたが、大体終了。ちょっと買い物だの、今日はとうちゃんの休みです。

 いつも「男のハンドバッグ」みたいに持っている布製の小型のトート、なかなか便利なのですが、持ち手の縫い付けが切れてきてしまいました。大事なものを入れるので新しいのを、と思い、今は仮のバッグです。

 できるだけ身の回りのモノ、増やさないようにと考えてはいますが、必要なものは買わないと。ということで市内のカバンを売る店、いくつか回ってみましょう。

 写真は成田空港。ちょっと古さが感じられるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1498 平地に降りてきた

191

 特急ゆふ号、久大本線とは言え単線のため、しばしば列車交換のための停車があります。平地に降りてきて、もう福岡県。特急型気動車は軽快に走ります。


195

 聞いた事の無い駅名ばかり。


198

 ここは知っていました。昔の蒸気機関車の本で、この久大線、見たことのないD50、D60だったかな?そんな機関車が走っていた写真。この田主丸駅付近でのものでした。

 国鉄最後の19形式なんて言葉がありましたが、九州、珍しい蒸気機関車が比較的遅くまで残っていたんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

普通の韓国を探して6607 ハルモニぃ、ケンチャナヨ?

569

 鍾路5街です。歩道の日陰に寝そべるおばあちゃん。最初は物乞いかとも思ってしまいましたが、失礼しました。動ける限りは少しでも自分で稼いでというハルモニのよう。売り物は少しだけ置いてある麻の袋かなんかです。

 段ボール集めなど、リヤカーならぬ小さなカートでやるお年寄りもよく見かけるソウル。どれくらいの稼ぎになるのかなぁと思いますが、働けるうちは働く、自分の分は少しでも自分で稼ぐ。韓国女性の多くは働き者が多いと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1497 久大本線の旅

170

 小さな発電所、戦前とかのものかもしれません。


174

 きれいな川、山、アルムダウンカンサンですねぇ。


178

 日本中、こういう風景、たくさんあることと思います。たくさん見てみたい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

普通の韓国を探して6606 いつからあるのでしょう?これ

562

 ドゥーサンタワーが見えますのでどこかすぐにお分かりかと思いますが、乙支路5街と清渓5街の間、前にも紹介しましたが、古い米軍の軍事施設があります。

 工兵隊だったかな?重厚な赤レンガの建築。もしかしたら旧日本軍も使っていたのかもしれません。今はここ、どうなってるのでしょう?土地を貸したままになっているのかなぁ?ソウルの一等地なのにねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1496 アルムダウン江山

142

 久大線の車窓風景です。山の中を高速道路?、何だか韓国でもよくありそうな風景です


155

 時々町があり、また山の中へ。

157

 ただの田舎の風景。でも、ほんと、心が洗われるってのはこれだって感じます。

159

 「アルムダウン江山」って韓国でよく歌などに出てきますが、日本も負けていません。中国の観光客ではないけれど、普通の田舎で充分キレイ。その辺、日本が誇れる点でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

とうちゃんの自転車日記1495 ただの山野の風景で充分幸福に

110

 天気が良かったこともありますが、田んぼ、山林、みなきれいに見えます。「心が洗われる」というのはこういう旅行じゃないかなぁ。

126

 窓際にカメラを置いて、ファインダーを見ずにきれいな風景が見えればシャッターを切ります。


129

 九州の山里もいいですねぇ、うん。

130

 ごとごと下りはじめると湯布院。特徴ある由布岳が見えてきました。姿だけでなく高さも、このあたりで抜群の山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1494 久留米でラーメン

218

 久留米市の西鉄久留米駅そばにある有名なラーメン店です。久しぶりの3度目の訪問。JR久留米で特急を下りて途中下車。歩けない距離ではありませんが、西鉄久留米までバスで来て、わざわざの訪問でした。ちょうど開店前、少し待って入店。


219

 博多ラーメンって有名ですが、一番豚骨が強調されているのが久留米ということになっています。その中でも豚くささで有名な店。

 昔、2度ほど5食入りの箱を宅配で買って自宅で作って食べたことがありますが、トンコツ臭が苦手な長女は作り始めると家の外に逃げる、、、それくらいの強力な一杯。でも、こんなにしょっぱかったかな?と思うスープ。もちろん、美味しいのですが、味薄目で頼めばよかったなぁと感じました。

 珍しいと思いますが、宅配セット、スープも全量、口の広い容器で1杯分ずつ分けて送られてくるんです。完全にゼラチンで固まっているのを湯せんで溶かすんです。

 久留米の大龍、本格トンコツ好きにはお勧めです。ただし、味薄目がお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1493 中国の人も感動?

116

 だんだん山に分け入っていく久大本線の特急、指定席はほぼ満席。そして半分近くは中国人の観光客です。

 向こう側のお兄さん、カメラを向けて写真撮影中。さらには身体で隠れて見えませんが、窓ガラスに吸盤でくっつけるアダプターで小型のビデオカメラをずっと回していました。

 私も、九州の、ちょっと常緑樹が多くて深緑っぽい山とか、きれいだと思いますが、中国の人もこんな山の中の車窓風景、好きなんでしょうかねぇ? 

 前の記事で禿山と書きましたが、まだ林業が比較的がんばってるのか、九州の山林、私が見てもきれいだと思います。中国の山とはかなり違うのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1492 日本は緑の国

099

 大分駅を8時過ぎに発車した特急ゆふ号、すぐに市街地を出て田園地帯を走ります。


102

 ただの田舎の風景と言えばそれだけですが、黄色く色付き始めている田んぼの稲、遠くの山。それだけで心が和みます。


104

 昔、オートバイ旅行で新潟に寄った友達の話ですが、新潟県の田舎の風景は最高だとか。でも、どこでも、日本の田舎はきれいだと思います。中途半端に開発されていたり、木を切ったままの禿山なんてのはちょっと興醒めですが。 

 小さなことでも幸福を感じることが大事かと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

2018年10月1日 もう10月

565


 おはようございます

 台風24号、どうなるかとも思っていましたが、夜中に風が強かったくらい。雨も大して降りませんでした。いつも通りフィットネス行って家で朝ごはん、車で出てきました。

 もう10月、もうすぐ年賀状の売り出しだの、そんな時期。本当に年取ると歳月の速さを感じます。年賀状もそろそろストップしようかとも思うのですが、、、なかなか思い切れません。どうしようかなぁ?ミニマリスト?身の回りの物を最小限に、そんなのを考えていますので、年賀状も整理候補の一つです。

 ちょっと技工が溜まり気味。何だか波があるのです。写真を出したり、技工をやったり、まぁ、ゆっくりでいいから着実に仕事を片付けましょうか。

 写真は清渓5街、鍾5の廣蔵市場の南側です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1491 一応鉄道ファン

084

 朝の大分駅です。博多からの特急かな?昔から見てはいましたがJR九州になってからの特急用電車。白いのと黒いのと、違うやつなのかな?名誉ある名称「つばめ」に使われていたのはこれだったっけ?


088

 日豊本線は電化されていますが、久大線、豊肥本線は非電化?いろんな車両がいるだけで嬉しくなってしまいます。


090

 こちらの115系みたいな国鉄時代の電車もまだいますね。交流なのでなんていう系式かはわかりません。


094

 久大線の特急はこれ。気動車の特急、久しぶりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »