« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

医院ブログ傑作集39 2011年2月10日 大型の白い犬

052


 確か場所は清渓5街のあたりだったか、店の前に大きな白い犬が2頭。お洒落なバンダナを巻いて繋がれていました。

 珍島犬が有名ですが、本当に純粋な犬種かと言うと、ちょっといろいろバリエーションがあるように思えます。珍島から来たから珍島犬。そんな感じです。

 当時は我が家のあさこも元気だったはず、靴だのには犬の匂い。すぐに寄ってきてくれました。知らない犬でも私、まず仲良くなれる自信があります。こちらでも楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集38 2011年2月10日 韓国らしいゴミ

051

 90年代、韓国の街中のゴミ、いまよりひどかったと思います。子供でも、特に男の子、菓子の包み紙などを、その辺に捨てたり。それを同級生の女の子がたしなめたり、微笑ましい場面に出会ったこともありました。

 写真は、たぶん、二日酔い改善用のドリンクと、花札みたいなのはナイトクラブの広告です。早い時間、ナイトの男性従業員が街角で自分の名刺を配ったり、あれも自分の収入に関係あるのかもしれません。

 何度かここでも取り上げた韓国ドラマ「テリョ(日本題パンチ)」では主役のチュジンモがナイトのボーイ長。日本には無いナイトクラブ文化の紹介にもなってて、なかなか面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

医院ブログ傑作集37  2011年3月23日 木浦駅そばの市場にて

066

 木浦市、地方都市の良くある話で、駅前のちょっと裏手にある在来市場、行く度に店が減って寂れていってます。目的は、これも古い記事にあると思いますがコウイカ(甲オジンオ)のスルメの購入です。身の厚い甲いかのするめ、日本ではまず買えません。

 で、写真は、何度か荘旅館の浴室でも見かけたことのある浴室ベランダ用のサンダル。あったあったと喜んでの1枚。足の甲を引っかけるところが全体の真ん中にあり、底は長め。

 これ、どちらからでも履けるサンダルなのでした。長距離を歩くのは無理がありますが、「何でもやってしまう韓国」らしい商品だと思いませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集36 日付不明・相当前の写真

050

 日帝時代のものはなるべく消し去ろうという姿勢がある韓国。私がまず思い浮かべたのは神社の痕跡を消すこと。有名な南山公園の朝鮮神宮はじめ、全国のちょっとした都市にはあった神社、跡形もなくしてしまうのは、ちょっと残念に思います。

 こちらの古い記事にある天安の南山公園。初めて行ったのは90年代後半。独立記念館の帰りに、京釜線の線路わきの小高い山と言うか森が気になってバスを降り、階段を上ってみたら社殿と鳥居こそ無いもののそのまんま日本の神社だとわかる小公園。ハラボジたちが集まっておしゃべりしたり、焼酎を飲んだり。そんなちょっとした食品を売る露天商もいました。

 その後、またわざわざ行ってみたら、森自体、大きな木が全部なくなり、昔からの階段も消滅。完全に韓国式の建物がある普通の公園になっていました。

 やっと本題ですが、写真のマンホールの蓋、漢字で木浦市とあります。いつ頃のものなのかなぁ?と思いを馳せた1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

2018年11月27日 オープンデイの火曜日です

380

 基本、患者さんの予約を入れない研究日、オープンデイの火曜日です。午前中に装置トラブルの方が1名。午後の最初にどうしても今日がいいという方2名。診療はそれだけ。あとはいろんな雑務だの、お使いをする日です。

 仕事の後は医院の食事会。新しいスタッフの歓迎会をやった3月以来になりますが、今日はちょっとおいしい店で焼肉の予定。あとで予約の電話を入れましょう。なかなか1人では焼肉、食べにくいのは日本も一緒。楽しみです。

 写真は韓国のテジコギソグムクイ。行きつけの店でしたので、持ち込んだキチョゲ(タイラガイ)も一緒に焼いて楽しみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6607 日帝残滓もいろいろあるんだ

006

 写真が暗くてごめんなさい。家の自分の部屋で複写したもので。

 これ、20年も前に新潟民団の教育院に通っていた時にいただいた、在外僑胞向けの月刊雑誌のスクラップです。韓国の地方都市を紹介したものと、この、正しい韓国語を話そう、みたいなのの部分だけ切り離して、保存したもので、でも、断捨離の一環で捨てる前に面白そうなところを、というわけです。

 「ソラ색」は日本語の「そら色」が残ったもので、正しくは固有語の「ハヌル」+漢字の「色」で、 「하늘색」と言いましょう、ってイラストです。

008

 こちらも、こんな日本語が残っていたんだ、と感じましたが「皿」は「チョpシ」、「お盆」は「チェンバン」というのが正しいって絵です。


009

 「紺색」は「コンセk」ではなく、正しい韓国式の漢字の音である「カmセk」。


005

 これはちょっと上の3つとは違いますが、「看守」は日本語の言い方で、今の韓国では「教導官」と言うのだ、という記事。同じく、「刑務所」の事、韓国では「教導所」って言います。

 ちょっとしたことでも面白い、そう思いませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集35 2011年2月9日 馬山リベラホテルのナイトクラブ

046

 日本のディスコ文化、最近でいうクラブ文化ともちょっと違うのが韓国の「ナイトクラブ」です。ちょっと高級げなホテルの地下が多く、地方都市でもソウルでも、そんな「ナイトゥ」、まだまだあります。

 写真は馬山リベラホテル、たぶん地方都市ですので一番いいクラスのホテルに付属するナイトクラブの入り口です。まだ明るいけど、派手なネオンが目立ち、宣伝用の車もたくさん。

 ダンスをしたり、ブッキングという交流というか合流みたいなのもあり、多くは生バンド。また、けっこう有名な歌手の短いショーがあったり。日本には無い遊びです。

 地方を歩くと近くの都市のナイトのポスター広告がたくさん。そんなのを見て、撮って、も、面白いでしょう。ま、行くのが一番でしょうが、1人では基本、行けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集34 2010年11月18日 鍾路の裏通り

036

 鍾路3街、国楽器商街の裏手だと思います。古い韓屋が残る街。複雑な路地をぶらぶら歩いていいなと思ったらシャッター。そんなのも大好き。幸福な時間です。


037

 複雑な電線の配線、面白い構造のガスの配管。地面に水色の楕円形は水道のメーター。だんだんそんなのの目立つ町は減っていると思います。

 1~2年前、大韓航空の機内誌でも紹介。最近は日本語の韓国観光サイトでも出ていますが、こんな韓屋の残る古い町に新しいカフェができたり、お洒落な小物を置く店ができたりだの。日本も似ていますが、そんな動きがあります。仁寺洞だの、観光の町、土産品の町からちょっと足を延ばせば、そういう町があります。

 普通の韓国の面白さ、少しでもお伝えできればと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

とうちゃんの自転車日記1527 どこか行きたい

120

 週休2日が普及した日本、連休って言う言葉は3日以上の続けた休みの場合と言っても良いかと思います。当院ももちろん週休2.5日くらいですが、一人一人の患者さんにしっかり時間をとるようになったこの2年くらいで、3日以上の連休はかなり減ってしまいました。

 韓国語学院のスピーチ大会で覚えた言葉、「3日以上の休みがあればまず韓国へ~」だの言っていましたが、最近はあまり行けず、マイレッジの中級会員の維持も次回はアウトになってしまいます。ま、しょうがありません。

 ちょっと先ですが、スタッフの希望でできた連休が1月と2月にあります。日本一欠航が多いという新潟空港。帰って来られないと困るという心配もありますが、どこかへ行きたいなぁと考えています。 せっかくの休み、うまく利用してリフレッシュしたいものです。

 自分の脚を記していない愛媛県、島根県という課題もありますし、韓国へも行きたい。でも、後者は飛行機が毎日飛んでいないのと、先に挙げた帰れないと困る、という問題が。

 しかし飛行機の切符、早く取ればそれだけ安くもなります。そろそろ考えておかないと、鬱憤がたまりそう。ぼちぼち考えておきましょう。

 写真は先日の横浜への学会出張の帰りの東京駅。新幹線、一番長く乗ったのは幼稚園のPTAの全国大会に出た時の東京岡山往復。東海道新幹線沿線の風景もちょっと見てみたいと思う最近です。安い飛行機を活用で愛媛県、帰りは陸路で、なんてのも面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集33 2011年2月9日 馬山魚市場

047

 ソウルの江南、新沙洞に、アグチム、カンジャンケジャンの店が集まる一角があります。けっこう多くの店に見られる名前、それが馬山(マサン)、韓半島南部の都市名です。

 慶南の港町、10年くらい前だったか、昌原、馬山、鎮海の3つの都市が合併して昌原市になりましたが、その旧馬山市の真ん中辺に魚市場があります。本場のアグチムを食べに行った訪問、当然市場も見に行きます。


048

 市内バスの停留所にも「魚市場(オシジャン)」というのがあるほどの大きな市場。近くにはデパートもあり、昔からの馬山の中心なのでしょう。

 残念ながら夕方で、店じまいの真っ最中という様子。一通り歩いてから午東洞(オドン洞)のアグチムコルモクへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集32 2011年1月11日 小白山トンドン酒・デガンマッコリ

044

 韓国の1月、寒いです。山の中では平気でマイナス10度。場所によっては零下20度以下も当たり前だったり。そんな真冬の慶北丹陽郡大崗面を訪問しました。

 栄州から市外バス。丹陽へ行くバスで行ってみた小さな村でした。


043

 目的はこの店。大崗マッコルリの醸造所です。自分で調べたのではなく、その少し前に、こちらでもしばしばコメントをくれていたコリアサランさんのブログを見て行ってみたくなったんのです。

 ちょっとした日本の菓子を持って行き、店の女性に試飲をお願い。出来立てを1杯飲ませてもらって、大きな瓶を3本くらい購入。ここからタクシーで丹陽へ向かい、ソウル行きの市外バスで東ソウル。食堂アジュマ3の店に土産に持って行ったのでした。

 後ろに見える山、日本では珍しいループ線で丹陽と豊基の間の竹嶺という峠を中央線が越える場所。短い時間の滞在でしたが、案外たくさん、セメントを運ぶ貨物列車や無窮花号列車が走っているのに気付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

医院ブログ傑作集31 茶房(タバン)の看板のイラスト

041

 忠南廣川での写真です。

 田舎の町では原豆(ウォンドゥ)コーヒーを出すカピショッpよりもまだまだタバンが元気でした。同じ町のいくつかのタバン、同じ看板屋さんの製作でしょうか、みなこのアガシの絵なのでした。もしかしたら全国的にも人気の、タバンの看板のイラストなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集30 忠南廣川・塩辛と海苔で有名な町

040

 江景とともに有名な塩辛の町、廣川。塩辛市場と言ってもいいようなところがあります。江景でもそうですが、同じような品を扱ってる店、誰がどこで買うとか、決まっているのかもしれません。


039

 忠南のあたりは海苔でも有名。海苔専門店も市場にはたくさん。耳が立つ前の赤ちゃんの珍島犬かな?かわいい子犬と海苔の店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

医院ブログ傑作集29 2010年11月17日 公州市外バスターミナルでモドゥムキムパプ

034

 ソウルから長項線で廣川、田舎のバスで青陽。帰りは公州経由でソウルへ戻りました。ゆっくり公州で食堂を探して、という時間が無かったので、バスターミナルでキムパプです。

 そういう都市、けっこうありますが、公州のターミナル、町とはちょっと離れた川の対岸にあったのでした。

 海苔のサイズは多分、日本も韓国も一緒。「全部入り」の一番高いモドゥムも海苔のサイズは一緒。でも、具が多いので当然、ご飯の量が減ることになります。案外簡単に食べきれるキムパプ、いい軽食だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集28 2010年10月14日 青陽五日市・ドナドナ

035

 晩秋の忠南、青陽の町です。ちょうど五日市の日。売る人も、買う人もハレの気分になるジャンナルですが、こんな別れ(?)もあるのでした。「ドナドナ」という歌が思い出されました。

 日本の在来種は黒、韓国では黄牛という、茶色い牛です。前にも書いたけど、日本でも熊本県と高知県の在来牛は茶色だとのこと。秀吉の戦争の名残の朝鮮牛だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

医院ブログ傑作集27 2010年11月18日 パガチとパガチ

032

 ソウルの王宮が並ぶあたりにある韓食の店、「龍水山」です。いつも土産をあげたり、お使いをしたりのお礼で、ということで、食堂アジュマ3のおごり。その方の友達も同席でのお昼です。

 最初に出てきたのがこれ。昼間だったのに、「飲む前に食べると胃の壁に膜ができて悪酔いしにくい」という話のある粥が出てきました。

 面白かったのは、たまたまその日の朝に祭基洞の市場で話の種に買った2つ1000Wの瓢箪を割って作ったお玉である、パガチを持っていたので並べて1枚。大きさも形もよく似た陶磁器製の食器と、ホンモノの瓢箪で作ったおたま。気の利いた記事になったと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集26 2010年11月17日 青陽五日市へ向かう郡内バス

033

 ソウルを早い汽車で発って長項線の廣川駅。江景とともに塩辛で有名な町です。塩辛市場、海苔の市場を見物して、バスで内陸へ。向かったのは青陽コチュ(唐辛子)で有名な青陽です。

 特に意識して訪問したのではないのですが、途中からどんどんお客さんが。何かが入った大きな袋を持った人もいたり。この辺で、韓国に詳しい方ならお分かりかと思いますが、地方の町の五日市の市日であることが予想されます。

 2度目かな?低い山に囲まれた割合広い盆地の中の青陽、思った通り五日市の開催日でした。 これも一つの「旅行福」でしょう。幸運を喜んで市場を見物しました。その後は公州経由でソウルへ戻ったんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

とうちゃんの自転車日記1526 テレビで見た店で味噌ラーメン

023

 えちごワンデーパスでの電車ウォーキング。200円×2の乗り越し料金を払って越後川口まで足を延ばしたのは、ここ、五十嵐食堂という田舎の食堂の味噌ラーメンを食べるためでした。

 さんざん歩いて行って、やっていないとがっくりなので駅前から電話でこの日にやってることを確認。11時開店かと思ったら、もうやっていますという答え。よっし!と思って35分うらいでしょうか、坂道を早足で歩いてやってきました。

 2011年の記事にもこの店、載っています。


024

 11時ちょっと前の訪問。テレビで見たよと言ってカウンターに座り味噌ラーメンを注文。ちょっと待って出てきたそのラーメンです。野菜たっぷり、ニンニクもたっぷり。スープもたっぷり。早起きして電車乗って歩いてきて、美味しい早めのお昼になりました。湯気でちょっとフォーカスが甘いのはお許しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集25 2010年11月19日 写真慣れしている韓国人

031

 場所は仁川空港。仁川市内の初等学校の5年生だったかな?校外学習で仁川空港。利用する外国人に質問するという授業で、うまい具合に私がひっかかりました。 英語での質問が普通だったのですが、そこそこ韓国語を話す日本人である私。楽ちんで面白い取材相手ということで、1組だけでなく何人もの子供が集まって質問攻めにしてくれました。

 その後、写真を撮っていい?と聞いたら快諾。後ろのアジョシは担任先生、皆で写ってくれました。

 このブログのごく最初のあたり、2号線堂山駅前だったかな?中学生の女の子数人の写真。長湖院の町での初等学生の写真だの、いい写真がけっこうあります。

 街中には写真館がまだまだ元気。年に一度は家族写真、そんな習慣が残る韓国。子供の頃から写真に写るのに慣れている感じがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

とうちゃんの自転車日記1525 えちごワンデーパスで電車ウォーク

007

 1540円で新潟県の中央部乗り放題のえちごワンデーパス、新潟駅からだと帯織往復くらいで元が取れる割安なフリー切符です。

 でも、自由周遊区間内、ほぼ歩いてしまった感があるので、小千谷から1駅、200円分乗り越しで越後川口へやってきました。電車を降りた客は私だけでした。


008

 改札を出て、駅前にあるタクシー会社の営業所を1枚。いざとなったらタクシーを呼べるようにメモ代わりです。


013

 国道17号を渡り、魚野川にかかる橋を渡ります。水、きれいでした。このすぐ先、下流で信濃川と合流しています。


016

 飯山線の線路に沿って坂道を上がります。左端の山の麓が川口駅。いい天気なので気持ちい歩きです。


022

 河岸段丘の上に出ました。国道17号、上越線の走る川沿いからは想像できないような平地が広がっています。左遠くの山は小千谷の山本山です。

 このコース、2011年の初夏あたりに、飯山線の内ヶ巻駅で降り、逆のルートで歩いた道でもあります。お時間があればバックナンバーでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集24 2010年6月17日 対アルゼンチン戦直前のソウル広場

029

 江陵端午祭求景の翌日、夕方の写真です。ソウル広場のパブリックビュー会場は人でぎっしり。相手は強敵アルゼンチン。「きっと勝てる」みたいな前向きな評判が聞かれてはいましたが、確かあっさり負けてしまったんだと思います。

 しかしこの日、この日だったかな?当時の記事を見てみないとわかりませんが、10年来の知り合いであるロッテ本店地下食品売り場のアジュマとその友達がプレジデントホテル前で陣取りしてるのに遭遇。缶ビールをもらって歓談したのでした。

 そのアジュマ、今もいるのかな?日本語ができるので売場は変わってもずっとロッテの地下。ちょっと高くても海苔を買ったり、景品のエコバッグをもらったり。おまけに、偶然弘大入口駅で2号線のに乗り込むとき、同じドアになってお互いびっくり、そんな縁のある女性です。 今度行ったらロッテ地下、また行ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集23 2010年6月16日 江陵・江陵端午祭の日

030

 いくつか古い記事にありますが、ヨッジャンス、飴売り芸人の音楽ショーが好きです。モラン五日市、商店街の祭、桜祭り、小規模なものでは食堂や商店の開店祝いなどでも見られる韓国の伝統芸能とも言うべき庶民の楽しみです。

 江陵端午祭、全国からその飴売り芸人のグループが集まるということでわざわざ行ってみました。ソウルからバスで郊外に移転したターミナル。タクシーで旧市内中心部へ行き、モテルを決めて歩き出します。

 端午祭の会場は、南大川だったかな?けっこう大きな川の河川敷。嶺東線の鉄橋から上流のかなり広い範囲です。宿から大型マートもある繁華街へ歩き、嶺東線のガードをくぐったところから川の方へ。市場を抜けて、祭の会場の川。そんな時の写真です。

 屋根付きの市場、見えませんが左手はすぐ、嶺東線の築堤です。江陵端午祭については古い記事、2010年6月のあたりをバックナンバーでご覧ください。ゲンゴロウのルーレットだの、移動遊園地だの、かなり楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

とうちゃんの自転車日記1524 うんと古いカワサキのオートバイ

039

 昨日は休みの日曜日、天気も良かったので新潟の秋を満喫すべく、えちごワンデーパスで電車ウォーキングに。目的地は自由周遊区間からちょっと乗り越して越後川口。田舎道を歩いて、ちょっと前のテレビで紹介された味噌ラーメンを食べてきました。

 その帰り、ちょっと長岡名物の醤油おこわを、と考えてわざわざ行った店では既に売り切れの貼り紙、しょうがなく歩いて帰る途中の1枚ですが、これ、うんと古い、でも当時は人気だったカワサキのバイクです。

 マッハとかZとか、川崎の人気車、まだまだリストアして乗ってる人がいるのでしょうが、これはその前の、もしかしたら60年代の大型車です。検索してもちょっとわかりませんが、子供の頃、カッコいいなぁと思って見てた記憶がある機種。何て言うのでしょうねぇ?ご存知方がおられたらコメントお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集22 20010年3月23日 益山市金馬面東古都里石仏

028

 早朝の汽車で益山。タクシーで王宮里の石塔を見て、そこから歩いてここ、金馬面の中心、東古都里へ。目的はこの立像。正確には石仏ではなく、石像ですが、旧街道を挟んで2体、小さな塚の上に向かい合って立っています。男女一対と書いてあった本もありました。

 周囲は普通の農村。ただ、このあたりは百済の地。さらに歩いて有名な弥勒寺址、さらに、あまり知られていない石仏寺へと歩き、黄登ビビムバッpを食べて益山へ戻ったのでした。

 今は王宮里の五層石塔、弥勒寺址も公園化されたようですが、いずれもこの頃は何もない広い草地でした。

 こんなのんびりしたソウルからの日帰り遠足、また行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集21 2009年6月11日 朝の鷺梁津公園山頂

027

 中央日報の特集に載るきっかけになった写真です。河霜さんと知り合うきっかけでもありました。

 観光名所めぐりや買い物よりも、普通の韓国を見て、普通の韓国人と話したい。そんな私の訪韓の中の偶然。特に目的もなく、漢江が山の上から見えるかな?と思って行ってみた鷺梁津の公園の山のてっぺん。近所のアジュマたちとくつろぐ日本語が上手がハラボジと会った話。これも昔の記事にありますが、水戸黄門のラストシーンのようでした。

 こんなのも「旅行福」、それも特大でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

医院ブログ傑作集20 2010年1月11日 トゥクソム ケコギのチョンゴル

026

 延世大学校歯科大学の教授ニムに連れて行ってもらったケコギの店。近くなのかと思ったら、大学裏から市内バスに乗って、地下鉄に乗って、トゥクソム駅まで行ってのわざわざの店。大人気の店だとか。医局の部下6~7名で、この鍋が2つ。みなで鍋をつつく文化は韓国も一緒です。

 左下、長く見えるのは、これ、前の記事でも書きましたが、犬のチャジ。一番のお客が食べる所と言うことで、私がいただきました。 私も研究で犬を扱っていたことがありましたが、犬のチャジ、骨があるんですよ。関節は無く、独立した、筋肉で支えられた棒状の骨。記念に持ってくれば良かったなぁ。

 チョンゴル、具の多い、汁が少なめの鍋料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集19 2010年1月13日 黄鶴洞 ロッテキャッスル

025

 冬の良く晴れた日の写真、黄鶴洞のコプチャン通りです。ポジャンマチャは半減してしまいましたが、固定店はまだまだたくさんあります。写真左手、右側はみなコプチャンクイの店と言っていいくらいでしたが、、、今は減ってしまったかなぁ。

 清渓川7街から8街にかけてのちょっとした山の町、大規模な再開発で、このロッテキャッスルアパートになりました。ソウルの下町と言ってもいい地区に出現した高級アパート。どんな人が住んでいるのでしょう?

 駐車場とか、各戸分あるのかなぁ?韓国の地下駐車場、エレベータで降ろしたりするのだの、地下8階までとか、とんでもないのがありますので、大丈夫なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

医院ブログ傑作集18 お金持ちが金持ちらしくしてる韓国

024

 現代百貨店三成店の裏口、運転手つきの自家用車が来る場所です。

 日本でも日本橋三越本店、そういう場所があったと思いますが、今はあるのでしょうか?運転手さんの待機小屋がある高級レストラン、昔は韓国、けっこうありました。今でもバレーパーキング?駐車場アジョシが車を置いたり、出したりしてくれるサービス、韓国では普通です。まぁ、土地が高いソウル、駐車場事情も関係あるのかもしれません。

 で、黒い車はマイバッハ62S、ベンツの特上みたいな車です。名前は知っていましたが、普通に走ってるのを見るのはこれが初めてでした。もちろん運転手さんが動かす車で、どんな人が乗るのかな?としばらく待って見ていたら、たぶん、シャネルの服を来た20代後半と思われる若い女性1人でした。

 その後もこのマイバッハ、梨泰院あたりだのでしばしば目撃。お金持ちが金持ちらしくしてる国が韓国。そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集17 2009年11月4日 元がどういう犬種か誰も知らない小型の雑種犬

023

 確か、新線建設工事中で、春川駅が終点ではなく、南春川が終点だった時期、その南春川駅前の小さなバッティングセンター脇での写真です。

 一時は意識して撮影していましたが、タイトルにある、小型の雑種犬、だんだん減ってきているような気がします。

 どこでどう妊娠したかわからない放し飼いの愛玩犬、子供が生まれると近所の人にあげたり。「きちんと飼わない」というとまぁ、当たっていますが、そんなこんなで、元が何犬だったか、飼い主も知らない犬。韓国の普通の街の特徴でもあったような気がします。

 この時はすぐそばで売っていた焼き栗(クンバム]を買って清涼里行きの汽車に乗ったのでした。今は電車化されて、かなりの高速化した京春線。直線化でトンネルも増えて、、、でも、ゴトゴト走る客車列車の時代が懐かしく感じる私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

医院ブログ傑作集16 2009年9月23日 安山市?月串浦口

018

 慶尚南道の山の中にいた翌日、ソウル近郊の地方都市へ?自分でもどういう経路で来たのか?ちょっとわかりません。

 月串地区、あ、なんとなく思い出しましたが、前夜は水原泊、仁川行きのバスに乗って、途中の面白そうな場所で降りて、歩いたのでした。


019

 未来都市、みたいな高層アパート群の手前では韓国の秋の風物詩、唐辛子を干す風景。この差が面白いんです。緑色のはチィナムルかな。


020

 面白い風景でしょ?


022
 干潟が発達した西海沿岸、干潮時なのか、河口も泥がけっこう見えています。干潟が死ねば海も死ぬ、は映画「オーハッピーデイ」の中の言葉ですが、ずっと残って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

医院ブログ傑作集15 2009年9月22日 慶尚道の山奥にある石積みの古墳

017

 少し前に紹介した韓国ガイドブック「誰も歩かなかった韓国」に出ていて行ってみた仇衡王陵です。伽耶国の王様、、、だったかな?

 釜山だったか馬山に泊まって、市外バスで晋州。そこからまたバスで山清郡の山清。ターミナル周囲に客待ちしてるタクシーのアジョシと交渉して、この仇衡王陵経由、帰りは咸陽のターミナルへ、、、いくらで行ってもらったか忘れましたが、雑談しながらの田舎の走行、楽しかったです。

 途中、日本でも人気だった、お医者さんの歴史ドラマ、、、なんていうのでしたっけ?医学の本も執筆した朝鮮時代の有名な医師の記念館があり、行くか?と運転技士さんからも誘われましたが、断ってしまいました。その後、そのドラマ、日本でちょっと見て、今思えば行けばよかったと思っています。

 本当に山の中、韓国人アジュマのグループが芝生で弁当を食べていたくらい。不思議な石積みの古墳、ここも行って良かったと思う場所の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集14 2009年6月12日 露天商も激務です

016

 知り合いの食堂アジュマ2、このブログでも何度も出てくる人ですが、初めて会ったのは90年代後半、その頃は旦那さんと黄鶴洞、中央市場北口のところで果物の露店をやっていました。その後、鐘岩洞のホリディイン城北ソウルのそばでホプ「プルティナ」をやってまぁまぁ成功した方です。

 その黄鶴洞の果物露店、旦那さんと交代ではありますが、6時頃から12時頃まで店をやっていたんです。早朝、清涼里の果物市場で仕入れて、朝から深夜までずっと店番。大変だったと思います。

 写真はソウル駅の次の駅、淑大入口駅前ですが、果物露店のアジョシ、寝てしまっています。たぶんこの店も朝早くから深夜まで商売してるのでしょう。ソウルの庶民は良く働く人が多い、そう感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

医院ブログ傑作集13 2009年6月12日 ソウル 新堂洞

015

 ソウル旧市街を走る大通り、乙支路と退渓路が東大門歴史文化公園の東で一つになり、往十里キルになり、新堂洞の交差点、そして2号線新堂駅前、そこら辺での写真ですが、市内バスのタイヤがパンクしてしまいました。

 まぁ、絶対起きない事ではありませんが、日本ではめったに公共交通機関、バスのパンクって聞いた事ありません。過酷な仕事である市内バス。運転技士さんも、そして車両も、酷使されてるのかなぁと感じた1枚です。

 余談ですが、ソウルの市内バス、全て会社経営で、起点はそのバス会社の車庫のある場所だったりします。車体のどこかに、企業名、書いてあるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集12 2009年6月11日 ソウル 北村 嘉会洞あたり

014

 ソウルの安國駅の北の街、古い街並みが残されています。ちょっと観光ぽくもあり、ガイドブックを持った日本人アジュマのグループなんかも歩く町。友人の依頼で刺繍に関して調べていた時に行きました。

 緩やかな坂道、左右は古い韓式建築のお宅。ずっと向こうに南山とソウルタワー。なかなかきれいな風景で、カメラを取り出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

医院ブログ傑作集11 格浦港にいた超大型犬

013

 前の港の写真が2009年3月26日の10時36分。これはその後の10時56分の写真。グレートピレニーズでしょうか、真っ白な大型犬がいました。日本でも珍しいですよね。

 この犬、思うに、誰かが飼っていたけど餌代などが大変で飼いきれず、漁港の知人にもらってもらった。そんななんじゃないかな?って思います。

 漁港なら売れない小魚、雑魚もたくさん。腐りやすい生の魚のごみの減少にも一役買う一石二鳥、そう想像しています。

 この後、記事にあったとも思いますが仁川の沿岸旅客船ターミナル、そのそばの海産物直販場だのの町へ行った時に、やはり市場に大型のシェパードが半分野良犬のような感じでいました。そこでは、やはり個人が飼いきれずに、貰われきた犬で、直販場のごみをもらって生きてるだか、市場の人に話を聞きました。

 愛玩犬を飼うのが流行してる韓国、大型犬はそれなりの覚悟と、お金と時間の余裕が必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集10 2009年3月26日 全北ビョンサン半島の格浦

012

 前夜は全州泊か?群山泊か?西海に突き出したビョンサン半島の先端の格浦という場所へ行きました。バスターミナルで降りると、確か北よりは彩石江という海岸の観光地、韓国お得意のコンドミニアムだの荘旅館だの。そちらを見た後で、南側の港へ行ってみた時の写真です。

 小型の漁船がたくさん。日本だともう少し塗装というかデザインがばらけると思うのですが、何故か同じ色、同じように見える船がぎっしり。なんだかきれいだなと思っての1枚です。

 あちこちへ行ってるのでうろ覚えですが、この港からちょっと沖にある島に渡るハイキング客が多かったと思います。海へ行って、船で島へ行ってハイキング。帰りは海産物で焼酎?目一杯、いろいろ楽しむ韓国の人たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

医院ブログ傑作集9 2009年1月22日 清涼里・現代コア101棟前

011

 前に韓国ドラマ「テリョ(日本名パンチ)」の中の話で「秘書福」という言葉のことを取りあげましたが、「旅行福」もあるし、「写真福」もあると思う。そんな1枚です。

 場所は清涼里駅前の複合ビル現代コアの南側の食堂が並ぶあたり。食堂の向かい側、現代コアのビル側の植え込みで干してあった大きなイシモチの干物と猫の写真。「そのままそのまま」って心の中で祈りながらカメラを取り出して、間に合った1枚です。

 写真の神様に感謝ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集8 2007年5月29日 木浦でユッケビビンバ

010

 日本でもなんとか牛だの三大和牛だのありますが、韓国でもあちこちに韓牛の名産地があります。思い当たるのは横城、あと、慶南のあたり、慶北の安東韓牛も有名だし、全南のあたりも韓牛の名産地だったり。

 今回の1枚は木浦駅そばの裏通りにあった食堂での夕食、ユクフェビビムバッp。あちこちでユッケビビンバも食べていますがここが一番かなぁって思っています。肉だけでなく、他の具の味付け、バランスなんかもありますよね?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

普通の韓国を探して6606 また高試院で火事のニュース

211

 今朝の新聞、地方紙でもソウルの宿泊施設の火事で死亡者が出て、うち、日本人のおじさんも1名死亡、と出ていました。

 宿泊施設と言ってもホテルではなく、ビルの中を新たに小さく区切って小部屋をたくさん作って寝るだけのスペースを提供するというもの。苦学生とかもいるけど、最近はお金のあまり無い高齢者が多いうという話。困ったものです。

 小さなビルを改装して小部屋をたくさん。入居者を増やすため、通路は狭く、避難路が無かったり、火災報知機も無かったり。そんな高試院の火災で何名死亡とかいうニュース、ちょくちょく韓国ではあるのだと思います。数年に一度では何十名死亡とかも。

 人が住む、もしくは泊まる、そんな施設の基準がいいかげんな部分は、困った方のケンチャナヨです。

 写真は多分再掲、秋の夜中の鍾路2街あたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集7 2005年4月30日 どこの街かわかりますか?

009

 ブログに使った写真の中で、いいな、と思うものを選んで残して、待合室のデジタルフォトビュワーで流してる。そのUSBのものを順番に紹介しています。

 ひとつ前が春のソウルの写真。その2週間にもこれがありました。かなり頻繁に行っていた時期があると自分でもびっくり。

 パッと見てわかる人がいたら相当な韓国通。たくさんの人で賑わう繁華街の向こうには結構な山。釜山の西面の写真です。

 服装が、看板が、やはり13年前、ちょっと現在とは違う感じがしますね。テジクッパプ、食べたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集6 2005年4月15日 ケナリの時期

008

 春の写真です。場所はソウルの西大門刑務所祈念館。新義州へ向かう街道の向こうには、、、あれ??何山だったっけ。ムーダンのお堂がたくさんあるという話の岩山。そしてけっこうな黄色い部分が見えていますが、韓国の春を代表する花の一つ、ケナリが咲いています。

 日帝時代の蛮行をこれでもかと展示、小さい子供時代から教育してる韓国。ちょっとなぁって感じる部分もありますが、まぁ、事実は事実、なかなか考えさせられる政治犯向けの刑務所の跡の祈念館です。

 韓国の春の花、3月の、まだ緑が無い時期から咲き始めるチンダルレ。そしてこのケナリ(れんぎょう)、少し遅れて桜が満開に。いろいろ論議はありますが、日本が持ち込んだ桜は韓国の人にとっても楽しみ、「ポッコンノリ」という花見も盛んなよう。桜は日帝の象徴とは思わないのかな?

 過去はどうしようもないのですから、そろそろ新しい気持ちで桜のように仲良くしてもらえないものかと願う私です。

 追記:仁王山でした。 これも、仁旺山という記載もあったりしますけど、「日」がダメだと言うので、今の韓国の地図では「仁王」となってるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

2018年11月9日 もうすぐに年末が

122

 夜間診療の金曜日、院長は技工だのやっています。忙しい年末、連休は無く、かといって正月休みはどこへ行くにも高いし、ということで次の連休らしい連休は来年になってからです。

 我が新潟空港、雪のため、冬の欠航率が日本でも最も高い空港だとか。韓国行きでも、空港へ行ったけど前日、乗るはずの飛行機がやってこなかっただの、帰りに新潟空港は使えず、成田便に変更だの、、、冬はちょっと気を使います。

 さらには、ちょっと前に書きましたっけ?仁川空港の大韓航空、ちょっと遠い第2ターミナルへ引っ越しと言うことで、個人旅行で便利に利用していたソウル駅シティエアターミナルでの事前チェックイン、出国サービスも受けられず、やや億劫な気持ちも生じています。

 でも、韓国、冬でも行きたいということで、お昼を食べに出た時に近所の旅行社で団体ツアーのパンフレットをもらってきました。

 高くなりましたねぇ。真冬の、一番安いはずの時期の一番安いクラスの宿でも4万円台後半。一人部屋割増を入れると最低でも5万なんぼかかります。

 久々の韓国訪問か?それとも国内?まだ足を記していない愛媛県と島根県?空き時間にはぼちぼちそんな楽しいことも考えましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集5 湖南線KTX開業・本場でサンナクチ

007

 2005年1月11日の写真です。2004年にできたばかりの湖南線KTXに乗って木浦へ行きました。まだ今も全部の専用線はできていないのでしたっけ?当時は湖南線に入ると従来の在来線がほとんどでしたので、4時間近くかかったような気がします。

 この時はちょっといいシャングリアホテルという、新しい河口堰の橋のほうにできた街のホテルに泊まって現地の先生にご馳走してもらいました。

 流通が良くなった今では全国どこでも食べられますし、この頃でもそうだったと思いますが、本場でのサンナクチ、、、やはり生よりさっとゆでたもののが美味しいなと思いました。かなりの大きさで、一口でと言いますがとても無理でした。

 もっと前、釜山から韓半島南端を西へ移動して初めて木浦へ行った時もサンナクチ、食べましたが、やはり話の種のような気がするメニューです。その話もここの古い記事にあると思います。帰りはセマウル号でソウルへ、食堂車でカルビチム定食を食べたんだったっけ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集4 2002年9月23日 慶州市安康邑 浄恵寺址

006

 ガイドブック、いくらでもありますし毎年改訂される定番ものもたくさん。一時は「韓国」と名がつく本は全部買う、そんな感じの私でした。 しかし一人での地方旅を重ねるにつれ、ガイドブックよりも自分の経験のが上、そんなふうに感じ始めました。

 しかし、そんな韓国観光ガイドでもいくつかの優れたものがあります。その中の一つが、すでに亡くなられていますが宮原誠也さんという韓国在住の方の本。「誰も歩かなかった韓国」というものです。1996年発行ですが、私が持ってるのは98年版。写真よりも読ませる本で、ありきたりのガイドブックにない情報がたくさんのいい本でした。

 その中で宮原さんが一番に推薦するという寺がこの浄恵寺。寺と言っても玉山書院の奥に寺の跡があり、そこにぽつんとこの十三層石塔が立っていて、何故かアメリカ人がたくさんやってくる、という話でした。

 後日、外国のガイドブック、ロンリープラネットにこの浄恵寺址13層石塔が紹介されていたのを見つけましたが、慶北の田舎の開けた谷の中に残る、他に類のない形の石塔、いつか行ってみたいなと考えており、その望みがかなったのがこの2002年9月なのでした。

 その後、いろいろ韓国の石塔のことを調べましたが、こんな格好のモノはここだけ。念願かなってたくさん写真を撮った中の1枚です。

 同じ本で、韓国の大秘境として紹介されていたのが山清郡の仇衡王陵と、和順郡の雲住寺の臥仏。こちらも昔はどのガイドブックにも掲載されていなかった場所で、やはりこの本で知り、行ってみました。どちらもこちらの古い記事にあります。

 何度も書いていますが、このブログの白眉と言えるのは最初の1年間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

医院ブログ傑作集3 2001年11月4日 臨津江

003

 楊口からはダム湖に沿ったうねうね曲がりくねった道で春川。ソウルに戻った後の宿泊、行動は覚えていませんが、少し後、同じ訪韓の時の写真です。

 京元線でムンサンあたりに行って、確かバスで新しく少し延伸されてできた臨津江へ行ったような気がします。帰りは本数が少なかった臨津江からの列車でソウルへ戻ったんだったかな?3両編成くらいの近郊型気動車の中で韓国人の酔っ払いアジョシに絡まれて困ったのでした。

 写真は臨津江の、一般人が行ける一番先あたりにあった記念館。後日、ここで別れ別れになった肉親に祈る韓国の人のニュースを見たことがあります。プラモデル好きだった男子、ホンモノの戦車だの、わくわくしたのを覚えています。


004

 同じ日の写真。この先も工事が進められていました。銃を持った警備の兵隊さんがけっこういました。遠くの山は北韓かな?まだ韓国かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

とうちゃんの自転車日記1523 みなとみらい

048

 桜木町駅から学会大会会場であるみなとみらいへ歩きます。この辺の風景、何度見てもすごいって感じます。大きな繁華街がいくつか散在する東京に比べ、横浜駅から桜木町、石川町あたりに集中する横浜、すごいなぁって思います。


049

 建物の中には店がたくさん。あまりモノを増やしたくない私も、ちょっとのぞいてみたくなるような店もあります。途中、外を歩く部分もありますが、地方から行くと圧倒される、、、何て言うか、都市の集中感が味わえます。

 ソウルのコエックスあたり、やはりすごいなぁって感じますが、ここは勝つかなって思いました。


051

 あと、東京でも中心部はそうなのかもしれませんが、高級車が目立ちます。昔で言うスーパーカーもちょくちょく見かけたり。もうすぐ会議場という交差点の角にはベントレーの店。たくさんある高級マンション、どんな人が住んでいるのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集2 2001年11月2日 亥安パンチボウル

002

 ずいぶん前、亥安盆地、通称パンチボウルを訪問しました。軍事地域がすぐなので、どこを見学するにもビジターセンターでの許可を得ないといけません。その記念館の駐車場からの北方の稜線です。

 原州から横城経由だったかな?楊口のターミナルまで行き、小さなターミナルで聞いてみたら窓口の女性が何と日本人。4本あるはずだったバスも3本になっていて、結局8万Wと交渉してタクシーで行きました。

 あの稜線が国境というかDMZ。第4洞窟が発見された韓国戦争の激戦地。前々から行きたかった場所です。

 楊口と亥安の間、今は長いトンネルで行きやすくなったようですが、昔はうねうねと峠を上る道路で、途中、検問所もあり、けっこう時間がかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

医院ブログ傑作集1 2001年6月5日 民団の教育院

001

 新潟駅前の繁華街の中にある民団にあった新潟韓国教育院の授業風景です。先生はチョデヒョン先生。たいへんいい授業をありがとうございました。この先生に出会ったのも韓国と韓国語が好きになった契機の一つです。

 その後、呉世現先生、最後は女性の黄先生だったかな?残念ながら韓国政府からの援助が終わり、民団の教育院は無くなってしまいました。チョ先生、帰国された後は高尺初等学校の校長先生まで勤められて退職。お元気でおられることを祈願いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月5日 今の所青空が見えてる新潟市です

121

 おはようございます

 学会の出張の後、金曜に働いてまた土日の連休。何か身体がなまってしまいそうなとうちゃんです。予報がちょっと荒れ模様みたいなので、車で出勤。でも、晴れてるので得をしたような気分。ま、喜んでいましょう。

 ここももう13年目?韓国人気のおかげもあったのか、最初は訪問者がたくさんいましたが、最近は韓国話もあまりせず、珍しい韓国地方旅行の記事もネタ切れ。まぁ、無理しないのが長続きの秘訣と言いますので、ぼちぼち、書いて行きましょう。

 一度アップした写真はなるべく重複しないように心がけていますが、韓国写真傑作集をちょっと考えていますのでよろしくお願いいたします。

 見に来てくれる皆様に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

とうちゃんの自転車日記1522 酉の市?

109

 これは横浜でなく、帰りにちょこっと寄った大森駅そばでの写真。アーケードにけっこうたくさんの露店が出ていました。何のお祭りだろう?と思ったら、、、どうも酉の市のよう。縁起物の熊手を持ってるおばあちゃんとかが見かけられました。


110

 でもさて、そのお酉さまの神社はどこなんだろう?遠くでなければ見に行こうかなとか思っていたら、うんと小さなもの。熊手を売る人の写真、なんとなく遠慮した方が良さそうだったので、道路の反対側からの1枚です。

 酉の市=もう年末近し、そんな話題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月2日 横浜行ってきました

008

 おはようございます

 大都市横浜、やはり自転車は無料では置けません。というか、そこらへんでの勝手な自転車の駐車が無いから町がスッキリ。そんなのを感じました。

024

 それとは別にこんなふうなバイクのシェアシステムもあったり。進んでるなぁって思います。

 我が新潟も、平地がほとんどなので自転車は有用。でも、駐車に関してはほぼ野放し状態。新しい市長さん、うまい自転車の使い方とか、考えてくれたらいいなって思います。市のレンタサイクルはあるにはあるけど異常に高いように思えますしね。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »