« 2018年6月10日 - 2018年6月16日 | トップページ | 2018年6月24日 - 2018年6月30日 »

2018年6月23日 (土)

とうちゃんの自転車日記1448 三条市をちょっとだけ歩いてみた

043

 何度かえちごワンデーパスウォークで紹介してる東三条。いつもと違う方へちょっとだけ歩いてみました。燕とともに昔から金属加工が盛んな町、古い道に新しい道、けっこう複雑です。大きな建物は少ないのですが、町工場の名残だの、なかなか面白く歩けました。

044

 この後、駅へ戻る道にあったのがこの食堂。しっかり暖簾も出ていますし、現役のよう。この日は残念ながら1枚目の写真左手のとんかつ屋でお昼を食べたので、ここに入ることはできませんでしたが、昔からの食堂らしい食堂、きっと食べに行きましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1447 鉄道ファンには楽しいこと

031

 磐越西線の新関駅だったかな?田園地帯の中にある無人駅です。

 五泉をちょっとだけ歩いたあと、また新津方面へ戻る時の写真。単線の鉄道での列車交換のためのちょっと長い停車です。 急いでいる人にはもどかしい時間かもしれませんが、汽車好きにはこれもまた楽しみ。外へ出てみました。

032

 駅の前には駐車場。たぶん無料。新潟県でも信越線とかではなかなか無料というのは無いと思います。

035
 やってきたのは、磐越西線の快速あがの号。110型気動車3両編成。これが行き過ぎるのを待って私もまた、列車に戻りました。

 もうすぐ青春18きっぷの時期。夏休みは試用期間が長めなので消化可能。私も今年は買ってみようかと思います。 昔は可能だった富山方面、長野方面への使用が在来線の第3セクター化でやりにくくなったのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

普通の韓国を探して6532 中一日、どこの町へ?

019_2

 初日が釜山、3日目がソウル。真ん中の1日、どこに行くか?まだ決めていません。

 京釜線沿線は田園地帯もあるにはあるけど、ほぼ開発が進んだ場所ばかり。かといって中央線、慶全線は本数が少ないのがネックになります。

 京釜線沿いで、自分の脚で歩いたり、泊まったりした場所は、南から、密楊、東大邱、大邱、亀尾、金泉、大田、鳥致院、全義、天安、平澤、水原。どうもどこも面白くなさそう。

 久しぶりの韓国なので見るもの聞くものみな新鮮に見えるだろうとは思いますが、早めに宿を決めて、町を歩いて美味しいものを食べるとなると、やはり京釜線から離れたい。 でも、3日目にあまり遅くなっても困る。

 となると最初の釜山からの移動は高速バスにして、、、だの、あれこれ考え中。3回ほどソウルからの日帰りの遠足で行った尚州に泊まるのも面白そう。できればでも、全北あたりに泊まりたい気持ちも。

 ちょっと前の新聞で、これからの夏休み時期、出かける人も多いだろうけど「計画疲れが」なんて記事がありました。確かに、あまり細かく計画を立てるのは性に合わないし、久しぶりの韓国、旅券と航空券と少しのお金があれば楽しめるはず。あまり決めないで行くのも、ま、旅の楽しみかもしれません。

 写真は最終日のソウル。プレジデントホテル特別階からの乙支路1街交差点方向です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1446 まだあった五泉ジャスコの廃墟

019

 久々の五泉。こちらの古い記事にもありますが、あの時は自転車で来たのかも。駅近くの中心部に旧五泉ジャスコの建物、まだ残っていました。


023

 こことは別に新しくイオンとして郊外に店があるのかもしれませんが、できた時の周囲の商店街への打撃は相当大きかったと思います。それが時代が変わって駐車場が必要になると資本に物を言わせて郊外へ移転。ちょっと勝手すぎるなって感じます。
020

 このジャスコの影響で閉店した店もあったはず。それが、また移転して。村上とか、駅前の一等地が新たな施設になってるところもありますが、大企業のお金儲け方針、ちょっとなぁって思うことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 韓国語工夫

015

 ライン、カカオ、なかなか便利です。休みだった水曜の朝、カカオで河霜さんと少し連絡したのですが、韓国語、まだまだわからないし、面白いです。

 断捨離で本だのDVD,CD,8割以上整理したと思う私の部屋。かさばらないので少しだけ韓国語の本が残っています。それをぱらぱら見ていたら、眼鏡のケースの事、眼鏡チプというのが載っていました。

 チプ=家、というのが一番大きな意味ですが、コギチプ(焼肉屋)、パンチプ(パン屋)なんてふうにも使われます。ずっとずっと、眼鏡店の事、私は眼鏡(アンギョンg)チプと間違って言っていました。それでも意味が通じたので指摘されなかったのだと思いますが、意外でした。

 河霜さんから、眼鏡屋は「眼鏡店」だと教えてもらって気付いたのですが、漢字語のものを売る店は「店」が一般的なのですね。これに対し、固有語のものを売る店、食べさせる店はチプという固有語が付くようです。

 写真は五泉市内の写真、店の看板に「精肉・牛」とあります。「肉」が落ちてしまったのかもしれませんが、肉屋は精肉店、焼肉屋はコギチプ。ここ10年くらい「ナントカ精肉店」というタイプの焼肉屋もできていますが、店の名前の韓国語も面白そうです。

 房、店、チプ、カゲ、あとは何があるかなぁ。

 余談ですが、豚肉消費量が多い新潟県。昔は牛肉は特別な肉でした。高かったのもあるけど、食べる習慣が無かった感じ。80年代、中魚沼だのに仕事で行っていた時期がありますが、十日町とかの肉屋には牛肉を置かない店も多かったです。写真の店も、肉屋としては辞めてしまった様子ですが、「精肉・牛肉」という看板。うちは豚肉だけではなく、牛肉も扱ってますよとアピールしていたものだと思われます。 これもちょっと面白いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

とうちゃんの自転車日記1445 日本と韓国に共通すること

010

 五泉市の五泉駅近くにあった写真館です。ここでも何度か書いていますが、韓国でも、地方の小さな町だの、地方都市だの、写真館がたくさん。

 個人のお宅などにお邪魔すると額に入った家族写真があったり。日本よりも写真館の利用は盛んかもしれません。「去年は家族写真を撮らなかったから今年は」だのいう言葉を聞いたこともあります。

 小さな町にもある写真館。そんなのの他に、時計宝石眼鏡の店とかも、日本、韓国、昔はあったものです。あとは、、、アジュマが暇そうにしてたり、近所のアジュマが集まってお喋りの場所になったりする美容室。理髪所。個人経営の精肉店。

 日帝36年でしたっけ?現代化の時期、大正、昭和の時代に同じ国として発展した日本と韓国、社会が似てるのは当たり前かもしれませんね。その辺も韓国の普通の町を歩いていていろいろ感じる面白いことの原因になっていそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1444 五泉駅前には食堂ががんばってます

007

 五泉駅前です。右角、前に来たときは無かった建物ですが、昔からの産業であるニット関係の会社もののよう。安い輸入品が溢れてる今ですが、新潟県の五泉とか見附、高級品でがんばってるとかいう話も聞いています。

008

 昔からの駅前にはよくある旅館。観光ではなく、仕事で来る人を主な客とする旅館があったりします。地方都市の話ですが。

009

 現役でがんばってると思われる食堂。ここ30年くらい、ラーメン店とかが専門化され、いろんなメニューを出す食堂がどんどん減少しています。そんな食堂を訪問した話のブログが最近増えてきてるような。


013

 ちょっと行った場所にも食堂が並んでがんばってます。


016

 さらにその先の角にも食堂。あまり来ることが無い五泉市ですが、「食堂ががんばってる町」のように感じました。

 昔、子供の頃の話ですが、玉電の新町駅そばの小さな商店街にあった「富士見屋」という食堂。ごくたまに出前でラーメンとか、食べたような気もします。一般家庭ではほとんど、今のように外食はせず、ラーメンなんかもごくたまのご馳走という感じだった時代。1960年代とかの話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 どうでもいい事かもしれないけど、面白い

006

 おはようございます

 オープンデイではないのですがのんびりゆったりの火曜日です。いつも通り、早起きしてフィットネスクラブへ行ってから朝食。車で出てきました。

 写真はちょっと前の磐越西線五泉駅。小さいながらも観光案内所があって、タクシーも待機しています。新潟県に住んでからも車が無い時代はあまり縁が無かった場所ですが、電車ウォークをするようになってたまに行くようになりました。

 何でこんな写真を探してきたかというと、タクシーの話です。今朝6時前にフィットネスへ行くとき、止まれの標識で待っていた私の前を過ぎて行ったタクシー。私も右折してその後を走ったのですが、車の後ろにも「実車」というランプが点いていました。お客さんを載せている、という印しです。

 「実車」という言葉、「空車」の反対語なのでしょうが、韓国のタクシーだと「空車」は「빈차」ですよね。明るくなくて見えにくいのですが、「ピン車」、「空いている車」という訳です。同じ目的の同じ場所のランプ、「空車」と「ピン車」、何だか面白いと思いませんか?韓国語で「空車」=「コン車」という言葉はあるのかなぁ?とも思いました。

 実=中身が入ってるという意味の漢字と思えばいいのかな?「実包(火薬と弾が入ってる薬莢)」と「空包」。あとは何があるかなぁ、、、やはり韓国語と日本語の漢字語の比較は、勉強の助けにもなるし、面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

とうちゃんの自転車日記1443 大阪って、、、

208

 大きな地震があった大阪、まずはお見舞い申し上げます。テレビをつけていますが、大きな被害が無いよう祈願します。

 つい先日行って来た大阪、こんなのも面白いなぁって感じました。


209

 500円専用のガチャ。新潟空港でも関西空港でも、余った小銭を使ってね、という感じでたくさんありましたけど、なんばのアーケード内。やはり外国人向けなのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 歳月は速い、しばしば感じる中高年

038

 おはようございます

 もう6月も後半、そして2018年ももうすぐ半分が過ぎます。仕事して、ご飯食べて、遊んで、、、ま、皆そんなものかもしれませんが、どんどん毎日が過ぎて行きます。一度きりの人生、できるだけ楽しく、いい思い出を作りつつ生きたいなぁ。

 と言うことで、今日も働きましょう。写真は新津駅で見かけた旧型の気動車。だんだん新潟駅には来なくなってるように思えます。燃料を燃やして走るディーゼルカー、なんとなく人間的というか、動物的な感じがして好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月10日 - 2018年6月16日 | トップページ | 2018年6月24日 - 2018年6月30日 »